遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

遜の箱舟ってどんなブログ?

 

〈遜の箱舟〉のロゴ

 

ハレルヤ~! 安田遜です。
〈遜の箱舟〉へ、ようこそお越しくださいました。

このページでは、当ブログの概要をお話ししています。記事をお読みになる前に、ぜひ一度最後までご通読をお願いします!

 

クリスチャン・ブログ

 

神の愛を説く聖書

 

このブログは、キリスト教徒が運営するクリスチャン・ブログです。聖書の神さまであるキリストについて、特に発信していきます。

ただ、このブログは聖書の解説を目的としたものではありません。このブログの最大の目的――それは、

 

キリストのもとに憩える喜びを、一人でも多くの人に伝えること。

 

ぼくは2019年4月にイエス・キリストを信じたばかりの、洗礼を受けて間もない、生まれたてのクリスチャンです。

ヨチヨチ歩きのクリスチャンが、とんでもなく難解な聖書を解説できるはずがありませんので、それは高名な諸先生がたにお任せして、

ぼくは「キリストによる恵みをたくさんの人に知ってほしい!」という願いを、この〈遜の箱舟〉に託して実現したいと思います。

 

 

そこでもう一つお伝えしたいのは、

ぼくはこのブログを「ノンクリスチャンの方を対象に書いていこう!」と思っています

ということです。

 

あなたの周りにクリスチャンはいますか?

「はい」と答える方は、あまりいないのではないかと思います。日本のクリスチャン人口は、世界的に見て極端に少ないのです。

ぼくが思うに、そもそもキリスト教というものをよく知らないことが、日本人がクリスチャンにならない一番の理由です(単純に宗教アレルギーだということもありますが・・・)。

 

ぼくたちの信じているキリストはどんな神さまなのか、

ぼくたちはどんなことがあってキリストを信じたのか、

ぼくたちはどんな恵みをキリストから頂いているのか、

それを積極的に伝えていくことが、クリスチャンの義務でもあります。

 

このブログを通して、あなたが少しでもキリストに興味を持ってくれたら、そして自分から教会に足を運んでくれたら、そんなにもうれしいことはありません!

 

ところで、信じたことのない方を、どうして呼び求められよう。聞いたことのない方を、どうして信じられよう。また、べ伝える人がなければ、どうして聞くことができよう。

 

―「ローマの信徒への手紙」第10章14節(新共同訳)

 

生きづらい人のためのブログ

 

身を寄せ合う小羊

 

このブログを始めた理由は、実はもう1つあります。それは、

世の中で生きづらさを感じている人たちと、その苦しみを分かち合うため。

昔から世の中のことを「浮世=憂き世」と言うように、この社会はなにかと生きづらいものです。「気の持ちようで幸せに~♪」と言える人がうらやましい・・・。

 

ぼくは中学時代にいじめに遭って以来、他人に対して強い劣等感を持つようになりました。さらに社会に出てからは、仕事を続けることが苦痛になり、ニートやひきこもりを経験しました。

ぼくは普通のことができない自分を責めつづけ、自分自身に失望した結果、ついに自殺未遂にまで追い詰められてしまったのです――

生きづらさの理由は人それぞれですが、その苦しみから逃れられず、頼るべきものも見つけられなくなったとき、人は希望を失うのではないでしょうか?

 

 

ぼくを苦しめたのは、「劣等意識」と「自己肯定感の欠如」でした。それらのネガティブな感情が、いまも消えたわけではありません。

でもキリストは、ぼくの苦悩を本当によく理解してくださっています。そう思うのは、決して気の持ちようではありません。

聖書を通して、礼拝を通して、人を通して、キリストがぼくに必要な励ましを与えてくださることを、ぼくは身をもって経験しているからです。

 

キリストは信じる人のそばにいて、その苦しみをともに背負ってくださいます。そして、やさしく慰めて解放し、希望があることを教えてくださいます。

神さまはぼくたちを愛し、どんなときも見捨てず、あとには永遠の喜びを用意してくださっている。

これがクリスチャンの希望です。

 

ぼくはつらかった時代のことを、同じように生きづらさを抱えている人たちと共有したい、そのときの経験からキリストにある希望について伝えたい、と考えています。

もしいま、あなたが生きづらさの中にいたら、その苦しみに流される前に“避難”してください。そして、あなたの希望を見出してほしいと思います。

〈遜の箱舟〉というブログ名には、“世の中の生きづらさ”から逃れる避難舟となれるように、との思いも込められているのです。

 

疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。

 

―「マタイによる福音書」第11章28節(新共同訳)

 

カテゴリー

デボーション

神さまの豊かな恵みは、日々あふれています。その恵みの中で生きるように許された喜びを、感謝と讃美の言葉とともに綴ります!

 

ミッション

神さまの深い愛は、キリストの十字架に表れています。「キリストってだれ?」や「礼拝ってなに?」など、キリスト教について紹介します!

 

ミニストリー

プロテスタントの信徒は〈万人祭司〉です。宣教という使命を与えられた者として、クリスチャンのあるべき姿について考えてみます!

 

* * *

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!!

〈遜の箱舟〉はクリスチャン・ブログですが、日本には宗教に抵抗のある方が少なくないのも事実です。配慮と工夫を施して、親しみのあるブログ作りに努めていきます!

 

この〈遜の箱舟〉が、あなたの憩いの舟となりますように。

 

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)

(掲載順)