遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【必読7選】あなたにまず読んでほしい記事まとめ

 

まず読んでほしいおすすめ記事

 

ハレルヤ~! 安田遜です。ご訪問くださり、誠にありがとうございます!

〈遜の箱舟〉は、クリスチャンが運営するノンクリスチャンのためのブログです。聖書の神さまであるイエス・キリストについて発信しています。

 

このページでは、当ブログの概要やキリスト教の基礎知識など、「これだけでも読んでいって!」という記事をまとめています。ぼく自身のことについては、コチラをご覧ください!

 

 

ご乗船前に

記事1.〈遜の箱舟〉とは?

 

 

ぼくがこのブログを開設した理由と、読んでくださる方にどんなことを伝えたいのかを説明しています。

キリストは信じる人のそばにいて、その苦しみをともに背負ってくれます。

風に舞うビニール袋のように危なっかしく生きているぼくを、神さまは救ってくれました。その手は、あなたにも差し伸べられています^^

 

記事2.ぼくがキリストを信じたワケ

 

 

神仏習合の多神教国家で生まれ育ったぼくが、どのようにして唯一の神・キリストと出会い、信仰するに至ったかを語っています。

ぼくの人生にキリストがいるのではなく、キリストという土台の上にぼくがいるのです。

こんな宣言をするようになるとは、ほんとうに夢にも思っていませんでした。人生って、なにが起こるかわかりませんね(≧∇≦)

 

神はいるに決まっているのですが・・・

記事3.神は実在するのか?

 

 

教会に行きはじめて間もないころ、長老が口にした驚愕のひと言に刺激され、改めて「神の存在」について考えてみました。

すっごくもどかしいんですが、クリスチャンも神さまの姿を見ることはできないし、その存在を万人がわかるように証明することもできません。

あなたが信じている神さまは、果たしてほんとうの神さまなのでしょうか? ――まぁそう腹を立てず、ちょっと一緒に考えてみましょうよ(^з^)~♪

 

記事4.人生のどん底に立つ十字架

 

 

自分自身に失望し、将来を悲観することしかできなかったぼくが体験した、ある不思議な出来事についてシェアしています。

「自分を救えるのは自分だけ!」という幻想にすがりつき、必死にそれを信じて、なんとかそれを実践しようとしていたのです。

いまあなたが不幸のまっただ中にいるなら、もしかしたら幸運かもしれません。なぜなら、十字架は“不幸な”人々のためにあり、闇の中でこそ輝くからです(゜A゜)ホェェ

 

キリスト教について知ろう!

記事5.救われるために、まず

 

 

“七十三億総罪人社会”に生をけたぼくたち・・・。なにが〈罪〉で、それを放置していたらどうなるのかを詳しく綴っています。

神の命令より悪魔の誘惑を選んで、ぼくたちは自ら罪人になったことを忘れてはいけません。

臭いものに蓋したい気持ちをグッと抑え、自分の〈罪〉に向き合いましょう。そのとき、ただのアクセサリーだった十字架が、特別な意味を持ちはじめるはず(*^o^*)

 

記事6.聖書が教える死後の世界

 

 

ぼくたちが自分の将来に「必ず起こる!」と唯一断言できる〈死〉について、聖書に啓示されている真実を紹介します。

罪を持った人間の魂は、神との友好関係に戻ることができず、死ぬ定めにあります。・・・そして魂の〈死〉とは、「永遠の滅び」を意味します。

肉体は朽ちても、魂は永遠です。神さまの深い愛に気づき、その小さな声に耳を傾け、ほんとうに意味のある“終活”をいまから始めましょう(・∀・)

 

記事7.みんな大好き!? 4択クイズ

 

 

クリスチャン人口1%未満のこの国で、少しでも聖書に興味を持ってもらうため、簡単な4択クイズを出題しています。

神は天地をつくったとき、はじめになんと言ったでしょーか?

問題は旧約・新約の両聖書から考えています。1記事につき3問とコンパクトなので、通勤・通学・休憩などのスキマ時間にお楽しみください(〃▽〃)

 

SPECIAL THANKS

特典.ぼくにキリストを紹介してくれた恩人

 

 

ぼくをキリストのもとに案内し、さらにはこの〈箱舟〉の初期費用を全額恵んでくださった信仰の先輩について、敬意を込めて綴っています。

もう日常の全部が神さまによって動かされていると、そういう信仰をごくごく自然に表現なさっているのだ、「ソースまだ残ってたわぁ♪」という感じで!

この先輩・Rさんのようなクリスチャンの方に、あなたも出会えますように。神さまを本気で探し求めれば、小さな不思議が起こりはじめるかも・・・(*´ω`*)

 

* * *

 

このほかにも、

  • 普段の何気ない生活で気づいた神さまの働き
  • 毎週の礼拝で聞く牧師説教のシェア
  • キリスト教にまつわる文化の紹介

などの記事を書いています。難しいと思われる聖書の世界観を(事実難しいのですがw)、できるだけわかりやすく伝えるように工夫しています。

 

この〈遜の箱舟〉が、あなたをまことの神さまのもとへ導きますように。アーメン。

 

 

画像の出典