遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】最凶の出来事を最幸の祝福に変える力

 

毛布にくるまる男性

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

殴られたら痛い。それはその人が生きてるから。死人を殴っても痛がらない。それはその人が“モノ”になったから。死んだ肉体は“モノ”にすぎず、もはやだれでもない。

そんなことを、いま読んでる小説の登場人物が言ってました。その人はスゴ腕の医者で、薄情なように見えて、実は友達思いの熱いオトコなんですよ。

結構好きなキャラなんですが、死んだ人間の肉体は“モノ”になるってのは、サバサバしすぎな表現ですね^^; ところで、肉体の中に住んでた魂については、彼はどう思ってたんでしょう・・・?

 

若干重めの導入で始めた今回は、先週10月11日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年10月11日 聖霊降臨節第20主日礼拝

2020年10月11日
聖霊降臨節第20主日礼拝

この日は、新型コロナウイルスの感染予防策として「詩編」は交読せず、牧師先生の読み上げる声を聴いていました。

 

読上げ箇所は、「詩編」第65編2~5(1~4)節。要約すると、

「エルサレムにいます神よ、沈黙してあなたに向かい、賛美をささげます。祈りを聞かれる神よ、命あるものはすべてあなたのもとに集い、感謝のささげ物をささげます。
わたしの背きの罪をあなたはあがない、数々の罪を清めてくださいます。あなたに選ばれ、あなたの家に憩う人は、どれほど幸せなことでしょう」

という内容です。

 

牧師説教は「あなたが信じるために」と題し、「ヨハネによる福音書」第11章1~16節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

今回は全文を引用すると長くなりすぎるため、ぼくが『聖書 新共同訳』をもとに要約した文章を掲載します。ご了承ください。

 

ベタニアの村にラザロという病人がいた。彼は、主に香油を塗り、髪の毛で主の足をぬぐったマリアと、その姉妹マルタの兄弟であった。姉妹たちはイエスに人をやり、「あなたの愛する者が病気です」と伝えさせた。

イエスはそれを聞いて言われた。「この病気は死で終わるものではない。神の栄光のためであり、それによって神の子が栄光を受けるのである。」イエスは姉妹たちとラザロを愛しておられた。

ラザロの病気を知ってからも、イエスはなお2日間同じ所に滞在された。それからもう一度ユダヤに行こうとされたので、弟子たちは言った。「ラビ、ユダヤ人たちがあなたを殺そうとしたのに、また行かれるのですか。」

イエスはお答えになった。・・・「わたしたちの友ラザロが眠っている。わたしは彼を起こしに行く。」イエスは死について話されたのだが、弟子たちはただ眠りについて話されたものと思っていた。

そこでイエスははっきりと言われた。「ラザロは死んだのだ。わたしがその場に居合わせなかったのは、あなたがたが信じるようになるためである。さあ、彼のところへ行こう。」すると、トマスが仲間の弟子たちに言った。「わたしたちも行き、一緒に死のうではないか。」

 

―「ヨハネによる福音書」第11章1~16節(独自に要約)

 

友人・ラザロを見殺しにしたイエスの目的

神への信頼が裏切られる!?

イエスは多くの人々の病気を癒し、そのウワサを聞きつけた人々の願いを聞き届けてこられました。そのことによって神の恵みが明らかにされ、人々はイエスを通して神を讃美したのです。

今回の箇所でも、愛する兄弟・ラザロを癒してもらおうと、マリアがイエスに助けを求めています。ところがイエスは、その求めを無視するかのような態度を取られました。その場から動こうとされなかったのです・・・。

 

聖書は「同じ場所にもう2日間滞在された」と語っていますが、それはどうしてでしょうか?

まず、保身説が考えられます。ラザロの住むベタニアは、エルサレムから3キロも離れていません。エルサレムと言えば、イエス殺害を企む人々がかっする都ですから、イエスは危険を避けたいと思われたのかもしれません。

次に考えられるのは、勘違い説。イエスはラザロの病気を知らされると、「彼の病気は死で終わるものではない」とおっしゃいました。イエスはラザロの病気をそれほど深刻に取られなかったのではないか、と読むこともできそうです。

 

――が、これらの推測とはまったく違う理由で、イエスは行動されなかったのです!

 

聖書を確認すると、5節イエスは、マルタとその姉妹とラザロを愛しておられたとあり、6節ラザロが病気だと聞いてからも、なお2日間同じ所に滞在されたと続きます。

実は、原典では5節と6節の間に、「そして」や「したがって」に当たる接続語が使われているのです。つまりこの箇所は、次のように訳すことができます、

「イエスは、マルタとマリア、ラザロを愛しておられた。、ラザロの病気を知ってからも、同じ場所に2日間とどまられた」

 

マリアたちは祈る思いでイエスにすがり、ラザロの癒しを期待したことでしょう。同じようにわたしたちも、病気や困難から救ってくださるよう、神に祈り求めます。

それでも心配していた事態が起こってしまうことがありますが、それはイエスがわたしたちを愛してくださっているからこそなのだ、とこの箇所から読み取れるのです。

 

「死んだら終わり」じゃない!

さて、ラザロへの愛ゆえにベタニアへ行かれなかったイエスですが、結局、ラザロは病気に打ち勝つことなく死んでしまいました・・・。

そこで初めて、イエスは「ベタニアへ行こう!」と決意されます。

ここで心を留めるべきなのは、命の危険は去っていない、ということです。その危うさは、弟子・トマスが「主にお供して、オレたちも死のうじゃないか!」とヤケクソになるほどでした。

 

身の危険を冒してまでラザロのもとへ向かわれたイエスですが、ラザロはもう亡くなっています。どうしてラザロの存命中、すぐに助けに行かれなかったのでしょうか?

それは、「神の栄光」が現れるためでした。

イエスには、ラザロが死んでしまうことがわかっておられました。イエスは神の栄光を現すために、あえてラザロの死を待って行動を起こされたのです。

 

なぜそんなことをするのか、わたしたちにはイエスの御心が理解できません。わたしたちは、あくまで肉体に目を向けるものだからです。でも、イエスは肉体を超えて、永遠の命を与えてくださいます。

「死で終わるものではない」というイエスの言葉を思い出してください。それは「死んでも終わらない」という意味であり、「わたしが死で終わらせはしない」というイエスの宣言でもあるのです!

 

その宣言を真剣に聴くとき、初めてイエスの御心が見えてきます。また、死は永遠の命の中の、一つの通過点に過ぎないということがわかってくるのです

 

十字架に生かされる命

このお話には続きがあり、イエスが命を与えてくださる方であることが、のちに示されます。ラザロは、生き返るのです(≧∇≦)ハレルヤ!!

 

神を信じる者にとって、取返しのつかないことなどありません。

 

生きていれば大きな失敗をしでかしてしまうことがありますが、神はそれをも祝福に変えてくださいます。死も、また同じです。

死は、神にとって終わりを意味しません。むしろ、この地上での命が終わったあとにこそ、本当の平安・喜び・救いが訪れるのです。

 

「ラザロは死んだ。わたしがその場にいなかったのは、きみたちが信じるようになるためなのだ」――イエスはそう弟子たちに語られました。

イエス・キリストを信じることが、死で終わらない者となる唯一の方法です。

イエスはあなたのために十字架に上り、あなたのために命を捨てられた――その十字架によって新たな命が与えられるのだと信じるなら、あなたはその瞬間から、永遠の命を生きはじめます。

 

ご自分が救い主であることを信じさせるために、死んで終わりではない命を与えるために、イエスはいまも、わたしたちに語りつづけておられるのです。

 

遜の黙想

死など怖くないと思っている。それは、こちらの都合を顧みずにやって来る死に、まだ出遭った経験がないからかもしれない。一方、日常のほんの小さな困難には、簡単につまずいてしまう。

絶対的勝者であるキリストを主と仰ぎ、すでに勝利を約された人生を歩んでいるはずなのに、その事実とやがて来るべき希望を見失ってしまうのである。

この命が「死で終わるものではない」のなら、困難がぼくの人生になにをなしうるだろうか? 死から救われて、困難から救われないことがあるだろうか?

愛する主イエスよ、小さなてつにクヨクヨして、あなたの約束を見失ってしまいます。あなたの犠牲によって、いまの人生が永遠の命の一部となっていることを、ぼくに理解させてください。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)

関連記事