遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】耳をすませば、進むべき道の先から声が聞こえる

 

牧場の囲いの中にいる羊

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ぼく〈ホーム・アローン〉が大好きなんですけど、冷静に考えると、「なんで子ども忘れるかなぁ、親?」って話ですよね、いくら大家族とは言えw

2作目では、主人公・ケビンが空港で家族とはぐれるんです。ケビンはお父さんの後ろを歩いてたつもりなんだけど、その人はお父さんと同じ服を着た別人だった、っていう導入。

お父さんが飛行機に乗り遅れることばっかり気にしてて、子どもを顧みてなかったことが迷子の原因です。お父さんがケビンの名前を呼びつづけてればなぁ~。

 

今回はまた遅ればせながら(この先もしばらく遅れます・・・)、先々週9月20日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年9月20日 聖霊降臨節第17主日礼拝

2020年9月20日
聖霊降臨節第17主日礼拝

この日は、新型コロナウイルスの感染予防策として「詩編」は交読せず、牧師先生の読み上げる声を聴いていました。

 

交読詩編は、「詩編」第23編1~6節。要約すると、

「主は羊飼い。主はわたしにすべてを与え、青々とした草原に休ませ、憩いの水を飲ませて魂を生き返らせてくださる。主はわたしを正しい道に導かれる。
死の陰の谷を行くことになっても恐れない、主がともにいてくださるから。敵中にあっても食卓に招き、主はわたしを選んで豊かに恵みを与えてくださる。主の家にわたしは帰り、命ある限りそこにとどまるであろう」

という内容です。この「詩編」は有名で、特に「死の陰の谷を・・・」は映画などにも引用されています。人生の導き手である神を讃美する、読み応えのある詩ですね。

 

牧師説教は「主の声を聞き分ける」と題し、「ヨハネによる福音書」第10章1~6節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

「はっきり言っておく。羊の囲いに入るのに、門を通らないでほかの所を乗り越えて来る者は、盗人であり、強盗である。門から入る者が羊飼いである。

門番は羊飼いには門を開き、羊はその声を聞き分ける。羊飼いは自分の羊の名を呼んで連れ出す。自分の羊をすべて連れ出すと、先頭に立って行く。羊はその声を知っているので、ついて行く。

しかし、ほかの者には決してついて行かず、逃げ去る。ほかの者たちの声を知らないからである。」イエスは、このたとえをファリサイ派の人々に話されたが、彼らはその話が何のことか分からなかった。

 

―「ヨハネによる福音書」第10章1~6節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

 

パリサイ人を論難する善き羊飼い・イエス

迷える小羊を導く声

今回のお話は、第9章の続きです。第9章では、奇跡を起こしたイエスと、それを揉み消したいファリサイ派の人々(パリサイびと)の“対決”が描き出されています。

イエスの起こした奇跡とは、生まれつき目の不自由な人の目を見えるようにした、というもの。癒された盲人は、イエスを「神のもとから来られた方」と評したことでパリサイ人の不興を買い、ユダヤの会堂を追放されてしまいました。

こうして、ユダヤ社会の「中にいる者」と「外にいる者」という構図ができ上がり、イエスはそれをもとに、今回の〈羊の囲いのたとえ〉を語られたわけです。

ファリサイ派 ユダヤ教二大派閥の一つ。律法を厳しく守ることで人々の上に立っていた。名称はヘブライ語の「区別する」が由来とされ、律法を守りえない人々を差別的に扱った。

 

そのたとえ話の中には、「連れ出す」という言葉が2回使われていますが、以下に示すように、原語ではそれぞれ異なる意味を持っています。

  • 羊飼いは自分の名を呼んで連れ出す 「中から外へ導き出す」
  • 自分の羊をすべて連れ出す 「外へ追い出す」

盲人はイエスに癒されて信仰を持ったことで、ユダヤ社会から追放されました。これが前者の「中から外へ導き出す」です。では、すでに外にいる盲人を「外へ追い出す」とは、いったいどういうことでしょうか?

 

ユダヤ社会を牛耳るパリサイ人には、律法を守っている自分たちこそ救われる、という自負がありました。でも、それは神の御心を無視した態度でした。

イエスはそのような誤った信仰共同体から盲人を導き出し、さらに外側にある、正しい信仰共同体へとお導きになった――つまり、新たな神の家へと招き入れられたのです。

 

そして、ここで強調されているのは、

「盲人=羊」が「イエス=羊飼い」の声をきちんと聞き分けた

ということです。

 

ハブられてるんじゃない! 救われてるんだ!

当時のユダヤでは、病気にかかるのはなにか罪を犯したからだ、と考えられていました。生まれながらに目の不自由だった盲人は、そもそも救われない存在と見なされていたのです。

ところが、自他ともに“神に見捨てられた人”と認める盲人が、イエス・キリストによって救われました、「あなたは人の子を信じるか?」という呼びかけによって(ヨハネ9:35b)

前のセクションのくり返しになりますが、イエスがご自分の羊として盲人に声をかけ、盲人は自分の羊飼いとしてイエスに応答したのでした。

 

イエス・キリストを信じる人々は、“世の囲い”から教会へと入って行きます。それは、イエスご自身がその人々の名前を呼び、ご自分の羊として招いてくださるからです。

“世の囲い”から離れて教会に集まると、世間からすれば「外にいる者」に映るでしょう。クリスチャンは一般的な常識や感覚に合わない世界観を持っているので、たしかに「外にいる者」なのです。

 

でも、ただ外にいるだけではありません。

クリスチャンは、「救い」に入っているのです!

 

クリスチャンがイエスの声を聞く一方、“世の囲い”の中にいる大多数の人々は、自分の欲望や他人の誘惑の声を聞き、それに従って生きています。

イエスが「神の子の声を聞く者は生きる」と言われたように(ヨハネ5:24b)、イエスの声を聞くかどうかで、わたしたちの生死は分かれるのです。

罪から救われているクリスチャンは、この世で命の終わりを迎えても、その先に「永遠の命」という、新たな始まりが約束されています!

 

イエスの御言葉に導かれて・・・

わたしたちを本当の意味で養ってくれるのは、イエスの御言葉です。イエスの声を聞けば、「いつか復活するんだ!」という希望に満ちた人生を歩めるでしょう。

イエスは、わたしたち一人ひとりに語りかけてくださいます。

その御言葉を自分自身に向けられたものと、自分ひとりに語られたものと信じて聞くとき、生きる力が与えられ、また自分の進むべき道が見えてきます。

 

この世には誘惑が多く、語りかけてくる声もさまざまです。

あなたの名前を呼んでくださる羊飼いの声を、しっかりと聞き分けてください。そしてその声の語る御言葉に従い、あなたの人生を安心して歩みつづけていきましょう!

 

遜の黙想

キリストがいま、ぼくの中に住んでくださっている。それでぼくの名前を呼び、「おまえの行く道はこっちだ!」と声をかけつづけてくださる。

その声をぼくに聞かせまいとするように、誘惑の声があらゆる方向から響いてくる。羊飼いの声がまだ聞こえているうちに、ぼくは〈羊の囲い〉を自ら飛び越えているのである。

罪の発するわく的な香りを楽しみながらも、羊飼いの声が近づいてくるのがわかる。キリストが、ぼくを捜してくださっている。まだ、ぼくの名前を呼んでくださっている。

主よ、あなたの声が聞こえます。それでも世の声に誘われ、あなたの囲いから抜け出してしまうことを赦してください。あなたのしてくださったことを、あなたの約束を思い返します。どうかぼくの名前を呼ぶことを、やめないでください。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)