遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】真理を司る神と、真実をもてあそぶ悪魔

 

鏡に映る女性の唇

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

かなり前の話ですが、家のカギを失くして焦った経験があります。ポケットにもリュックにもなくて、真夜中にひとり、家から閉め出されるところでした。運よく家族が起きていたので、事なきを得ましたが^^;

ただどこかで落としていたら、空き巣に入られる心配もあります。だから寝る前にもう一度、根気よく探したんです。・・・すぐに出てきました、丸めたカーディガンを広げたら。

生地に挟まって隠れていただけでした。ないと思っていたものを見つけたときの衝撃って、かなりすごいですよね。いやぁ、ほんとにホッとしました!

 

さて、今回はたいへん遅ればせながら、先々週9月13日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年9月13日 聖霊降臨節第16主日礼拝

2020年9月13日
聖霊降臨節第16主日礼拝

この日は、新型コロナウイルスの感染予防策として「詩編」は交読せず、牧師先生の読み上げる声を聴いていました。

 

読上げ箇所は、「詩編」第65編6~14節。要約すると、

「救いの神よ、世界の果てまですべての人があなたに信頼を置きます。多くのしるしを見た人々はあなたを畏れ敬い、朝な夕な喜びの歌を響かせます。
あなたは雨を降らせて地を潤わせ、芽生えたものを祝福して、豊かな実りを与えてくださいます。あなたの行く荒れ野には油が滴り、牧場は羊の群れに装われ、谷は麦に覆われます。人々は歓喜に歌い叫びます」

という内容です。

 

牧師説教は「真理の言葉を聞く」と題し、「ヨハネによる福音書」第8章37~47節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

今回は全文を引用すると長くなりすぎるため、ぼくが『聖書 新共同訳』をもとに要約した文章を掲載します。ご了承ください。

 

「あなたたちがアブラハムの子孫であることは知っている。だが、あなたたちはわたしの言葉を受け入れず、わたしを殺そうとしている。わたしは父のもとで見たことを話しているが、あなたたちは父から聞いたことを行っている。」イエスがこう言われると、ユダヤ人たちは「わたしたちの父はアブラハムです」と言った。

そこでイエスは言われた。「アブラハムの子なら、アブラハムと同じ業をするはずだ。ところが、あなたたちは神の真理を語るわたしを殺そうとしている。あなたたちはアブラハムとでなく、自分の父と同じ業をしている。」

彼らが「わたしたちはかんいんによって生まれたのではありません。わたしたちには、ただひとりの父がいます。それは神です」と言うと、イエスは言われた。「神があなたたちの父ならば、神がお遣わしになったこのわたしを、あなたたちは愛するはずである。

なぜ、わたしの言うことが分からないのか。あなたたちは悪魔である父から出た者で、わたしの言葉を聞くことができず、悪魔の欲望を満たしたいと思っているからである。悪魔は最初から人殺しで、真理を持っていない。悪魔は偽り者であり、またその父であるから偽りを言うのだ。

しかし、わたしが真理を語るから、あなたたちは信じない。あなたたちのだれが、わたしを罪に定められるのか。わたしは真理を語っているのに、なぜあなたたちは信じないのか。神に属する者は神の言葉を聞く。あなたたちが聞かないのは、神に属していないからである。」

 

―「ヨハネによる福音書」第8章37~47節(独自に要約)

 

ユダヤ人を「悪魔の子」呼ばわりした、神の子・イエスの悲願

自分本位な選民意識

ユダヤ人は自分たちが「アブラハムの子」であることを誇りとし、神に選ばれたという選民意識を抱いていました。アブラハムの子であるということは、「神の子」であるということなのです。

ところが、神の子であるはずのユダヤ人は、神のもとからやって来られたイエスを殺害しようとしました。ここでは、そんな人々の「ほんとうの父」はだれなのかが問われています。

遜註

アブラハムとは、ユダヤ民族の先祖です。すべての人々を救いに導く者として神に選ばれ、神と特別な契約を結びました。聖書はその契約に基づいて展開されています。

 

さて、イエスはご自分を「父のもとで見たことを話す者」とする一方、ユダヤ人を「父から聞いたことを行う者」と言っておられます。

一読すると、どちらも「父=父なる神」を意味しているように思えます。また、「父=アブラハム」と読み取ることもできるでしょう。

ただ口語訳を見ると、ユダヤ人の父のほうは「自分の父」と訳されています。つまり、イエスの父とユダヤ人の父はまったく違うということが、はっきりと示されているのです。

もっと言うと、イエスは「あなたたちはただ生物学上の父親の子なのであって、もはやアブラハムの子でさえないのだ!」と断じているようにも取れます。

 

イエスの言葉に対して人々は、「わたしたちは姦淫によって生まれたのではありません」と、ちょっと不思議な反論をしています。

その言葉の裏には、「あなたは姦淫によって生まれた人じゃないか!」という軽蔑が込められていたのです。イエスの母・マリアが未婚のまま身ごもったことは、周知の事実だったようです。できちゃった婚щ(゜゜щ)

このようにユダヤ人は、自分たちこそが「神の子」なのだと主張し、イエスはつみびとから生まれた者だと決めつけて、その言葉を受け入れようとしませんでした。

 

ただイエスは、人々が神の子であることを否定しておられたわけではありません。イエスの本心はこうです、

「あなたたちがほんとうに神の子なら、神の御心と救いを信じて、このわたしを受け入れなさい」

イエスは辛抱強く人々を招かれましたが、彼らが神の愛と御心、また救いの真理を理解することは、ついにありませんでした・・・。

 

イエスが「わたしの言っていることが、なぜ分からないのか。それは、わたしの言葉を聞くことができないからだ」とおっしゃったように、人々はイエスの話を耳では聞いていても、心で聞いていませんでした。

それは、イエスの語られることが、自分たちの考えとあまりにかけ離れていたからです。

 

“真実”を操る天才詐欺師にだまされるな!

イエスはまた、人々について次のようにおっしゃいました、

「あなたたちは、悪魔である父から出た者であって、その父の欲望を満たしたいと思っている」

の支配下に置かれている人々のことを「悪魔の子」と言います。また「その父の欲望」とは、すぐあとに示されている「人殺し」のことです。

文字どおりの人殺しはもちろんですが、それよりも特に、人間が生きいきと生きるのを妨げることが、悪魔の欲望なのです。

 

イエスは「悪魔は最初から人殺しであって、真理をよりどころとしていない。彼の内には真理がないからだ」と言っておられますが、この「真理」とはなんでしょうか? それは、ある有名な聖句に集約されています。

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

 

―「ヨハネによる福音書」第3章16節(新共同訳)

神の愛と御心による救い、つまりイエスの十字架による救いこそが、真理なのです。その真理となんの関係もないかのように生きる人は、聖書で語られている悪魔の子となってしまいます。

 

イエスが言っておられるように、悪魔は「偽り」によって人間の目から真理を隠してしまいます。でも、いつもウソばかりつくわけではありません。

例えば、イエスが宣教活動を始める前に荒れ野で40日間の断食をされたとき、悪魔はイエスの前に現れて次のように誘惑しました、

神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ(マタイ4:3)

神の子なら、(この神殿の屋根から)飛び降りたらどうだ。『神があなたのために天使たちに命じると、あなたの足が石に打ち当たることのないように、天使たちは手であなたを支える』と書いてある(同4:6)

 

悪魔のこれらの言葉はウソではありません。むしろ、それに従えばイエスの神性がはっきりと示されるような、真実の言葉なのです。

ただ、悪魔の語る真実は、神の真理に逆らっています

悪魔の言葉は人間の欲望に基づいた、人間にとって都合のいい真実なのです。悪魔はそういう真実をエサに、人間が神から離れて生きるように仕向けます。

 

悪魔の言葉を信じてそれに従うのは、悪魔の子、罪の奴隷となることにほかなりません。わたしたちを自由にするのは、「イエスを信じて復活にあずかる」という真理なのです

 

人のために備えられた唯一の道

わたしたちには、「神の子」として生きるか「悪魔の子」として生きるかの、2つの選択肢しか与えられていません。

いえ、実際には、神の子として生きる道、ただ一つしかないのです。そして神は、わたしたちがその道の上を生きるように招いておられます。

 

悪魔の偽りが「偽り」と呼ばれるのは、「真理がある」という前提があるからこそです。真理を否定する力がどんなに強く働こうと、真理自体がなくなることはありえません。

十字架による救いという真理の道の入口に、「この先危険! 左側の道を行け!」という悪魔の看板が立てられるだけで、その後ろには、救いが厳然と存在しつづけているのです。

 

大切なのは、その救いを信じて、生きいきとした人生を歩む決断をするかどうかです。すべての人が救いを受け入れ、神の子として生きられるように、イエスは真理を語りつづけてくださいます。

いまこそ、イエスの御言葉をしっかりと聴いて心に刻み、神の子としての道を歩んでいこうではありませんか!

 

遜の黙想

神の真理はどこかぼんやりとしていて、つかみどころのない印象がある。ノンクリスチャンの幼なじみの言葉を借りれば、「抽象的」なのである。

自分の欲望に適う悪魔の“真実”のほうが、真理よりもはるかに身近で、実際的に自分を喜ばせてくれる。だから、悪魔の誘惑だとわかっていながらも、神の御心に反して〈悪魔の子〉の道を選んでしまうことは一再ではない。

ぼくは〈神の子〉にふさわしくないが、それでも神は「あなたはわたしの愛する子」と言ってくださる。赦されるはずもない罪が赦されたとき、神の真理がリアルに浮かび上がってくる――神はぼくの罪を赦すために、愛する御子を犠牲にしてくださった!

慈愛の神さま、あなたの真理を理解できずに疑い、〈悪魔の子〉と同じように振る舞ってしまうことを赦してください。〈神の子〉として生きいきと歩めるように、また、御子イエスにならって悪魔を退けられるように助けてください。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)