遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】Refrect the LIGHT in this DARKNESS!

 

暗闇に輝く光

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

つい先日、ある俳優が大麻取締法違反で逮捕されました。「違法であることは知っていました」と供述したようですが、悪いとわかっててやっちゃうことって、犯罪以外でも結構ありますよね。

ぼくも「これは神さまに喜ばれないよなぁ・・・」って思うことをついやってしまう、そんな弱い自分と日々闘ってます。で、8割方負けてざんするってのをくり返してます^^;

「負のパワー」ってなんであんなに強いんでしょうね? 小説とか映画でも悪役ってかなり強いし、まぁ弱いとつまんないけどさ。実生活ではつまんなくてもいいから、負のパワーをなるべく弱めたいですよね。

 

さて今回は、先週9月6日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年9月6日 聖霊降臨節第15主日礼拝

2020年9月6日
聖霊降臨節第15主日礼拝

9月の第1日曜日であるこの日は、振起日(しんきび)でもあります。牧師先生によると、振起日の起源はアメリカの教会学校にあるそうです。詳しくは、以下のとおり。

教会学校 毎週日曜日に行われる子ども向けの教育活動。CS(Church School の略)ともいい、聖書解説や讃美歌などを通して、子どもたちの霊的な成長と信仰の継承を促す。

 

19世紀、アメリカの教会学校において「Rally Day」が定められました。夏休みの間、キャンプなどで各地に散っていた子どもたちが戻ってきて、心新たに教会で歩み始めることを願った行事だと言われています。「さあ、みんな集まれ!」という感じです。

Rally とは、「再び集まる・再結集・回復」という意味です。そこでこの日を、教会員が全員集まる「総員礼拝」として聖日にしている教会、「ホームカミング・サンデイ(Homecoming Sunday)」と呼んでいる教会もあるそうです。

Rally Day は、「振起日」と邦訳されました。Rally(再結集)して心機一転出発していこう、という意味です。「心機」日や「新規」日ではなく、「振起」日。そうは言っても、信仰を自分で奮い起こすことはなかなかできません。

できないからやめるのではなく、神様からの励ましをもう一度受けたいと願う日として、この日を位置づけるのも良いことです。みんなが集まって伝道の秋、実りの秋へと向かうというのが、振起日なのです。

 

残念ながら、このコロナ禍では「総員礼拝」は叶いません。この日、礼拝堂に集った信徒は、牧師先生を含めて4人。ちょっと寂しい礼拝になりましたが、神さまはすべての信徒を一つにしてくださっているのです。

ネットという“恵みの武器”を通して、ぼくたちはコロナ禍なんかに揺るがされない信仰と絆を証しし、悪を善に変えてくださる神さまをほめ称えることができるのではないでしょうか。

 

さて、この日の読上げ詩編は、「詩編」第98編1~9節。要約すると、

「主に新しい歌を捧げよ。主はイスラエルに対する慈しみとまことを御心に留め、聖なる御腕によって救いの御業を成し遂げられた。世界のすべての人が、その驚くべき御業を見た。
主に向かって喜び叫べ。海の潮よ、山々よ、共に喜び歌って主を迎えよう。主は全地を裁くために来られる。主は世界を正しく裁き、諸国の民を公平に裁かれる」

という内容です。今回のキーワードは、「救いの御業」にします。

 

牧師説教は「光の中を歩め」と題し、「ヨハネによる福音書」第8章12~20節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」それで、ファリサイ派の人々が言った。「あなたは自分について証しをしている。その証しは真実ではない。」

イエスは答えて言われた。「たとえわたしが自分について証しをするとしても、その証しは真実である。自分がどこから来たのか、そしてどこへ行くのか、わたしは知っているからだ。しかし、あなたたちは、わたしがどこから来てどこへ行くのか、知らない。

あなたたちは肉に従って裁くが、わたしはだれをも裁かない。しかし、もしわたしが裁くとすれば、わたしの裁きは真実である。なぜならわたしはひとりではなく、わたしをお遣わしになった父と共にいるからである。

あなたたちの律法には、2人が行う証しは真実であると書いてある。わたしは自分について証しをしており、わたしをお遣わしになった父もわたしについて証しをしてくださる。」

彼らが「あなたの父はどこにいるのか」と言うと、イエスはお答えになった。「あなたたちは、わたしもわたしの父も知らない。もし、わたしを知っていたら、わたしの父をも知るはずだ。」

イエスは神殿の境内で教えておられたとき、宝物殿の近くでこれらのことを話された。しかし、だれもイエスを捕らえなかった。イエスの時がまだ来ていなかったからである。

 

―「ヨハネによる福音書」第8章12~20節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

 

「世の光」であるイエスとパリサイ人の対立に見る人の世の闇

人は自分が〈闇〉にいることに気づかない

今回は、仮庵祭(かりいおさい)に続くお話です。仮庵祭では、さまざまなことが行われました。

まず、仮庵=仮住まい作り。ユダヤ人は祭りの期間中、エジプトを脱出した先祖が荒れ野で40年間の天幕テント暮らしを送ったことを記念して、自宅の庭などに作った簡易の家で過ごします。

次に、祭司がシロアムという池の水を汲んで祭壇に注ぎかける、というもの。神が岩から水を湧かせて先祖ののどを潤した出来事を記念するためで、これも毎日行われました。

祭りの最終日にそれが行われたとき、イエスは神殿に集まった人々に「渇いている人はわたしのもとへ来て飲みなさい」と言われたのでした(ヨハネ7:37b)

 

そしてもう一つには、〈婦人の庭〉の4つの燭台に火を灯す、というものがありました。神殿は女人禁制で、女性は〈婦人の庭〉という場所までしか立ち入れなかったのです。

夕方になるとそこに火が灯され、人々はその灯火を囲んで踊り、「詩編」を歌って神を讃美しました。燭台はとても背が高く、灯火は遠くからでも見ることができたといいます。

その灯火は「火の柱」として出エジプトの民を導いた神を象徴し、人々はそれを通して、いまなお続く神の臨在と導きを感じていたのです。そして、人々の思いに呼応するように、イエスはこう言われました、

 

「わたしは世の光だ。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」

 

これはまさに、“神宣言”にほかなりません。あの火の柱のようにご自分に従う人々を導いて永遠の命を与える、とイエスはおっしゃるのです。

「ヨハネによる福音書」において〈光〉は、イエスの本質を表す重要な言葉です。そして、それと対になって記されているのが、〈闇〉という言葉。

〈闇〉とはこの世――特にイエスを信じず、また否定する人々を指します。さらには、そのような人々に影響を与える悪魔やあくれいを暗示する場合もあります。

遜註

悪魔と悪霊は、神と人間の間を引き裂く堕天使です。もと天使長だった悪魔は、一部の天使たちとともにクーデターを起こしましたが敗れ、手下もろとも地上に落とされました。それ以来、地上は悪魔の支配下にあると言われています。

 

強大なローマ帝国の支配下にあったユダヤ人にとって、メシア=救い主の到来は、まさに希望の光でした。でも、その〈光〉としてやって来られたイエスを、ユダヤ人は否定してしまいました。

それは、自分たちが〈闇〉の中にいることに気がつけなかったからです

 

〈光〉を消そうとする〈闇〉の住人

このころのユダヤ人は、「救い主による救い」を待ち望むことから「律法による救い」へと、別の道を歩んでいました。

その主流を成したのがファリサイ派の人々(パリサイびと)で、「自分自身の努力によって救われるなら、もし救い主が来られなくても困ることはない!」と考えたのでした。

 

ところがそんなパリサイ人たちを、イエスはしばしば否定されました、

「あなたたちのやっていることはまったく意味がない。人は、神の一方的な愛と恵みによって救われるのだ」

 

パリサイ人にとって、律法は無意味だと断じられることは、自分たちの人生そのものを否定されるのと同じことでした。

神に対して罪を犯さない努力を否定する人間が救い主であるなど、パリサイ人にはとうてい受け入れることのできないペテンなのです。

ただ実は、パリサイ人が律法をキッチリと守っていたのは、必ずしも純粋な信仰からではなく、また別の動機がありました。それは、パリサイ人の振舞いによく表れています。

 

例えば、献金――
当時、神殿で多額の献金が捧げられたらラッパを吹き鳴らす、という習慣がありました。パリサイ人は献金箱にジャラジャラと金貨を流し込み、ラッパの音を聞いた人々からの称賛に満足していました。

そして、祈り――
イエスは奥まった部屋でひそかに祈ることをお勧めなさいましたが(マタイ6:6)、パリサイ人は真逆です。大通りでだれにでも聞こえるように祈りを捧げ、自分たちの敬虔さをアピールしていました。

パリサイ人の律法主義は、罪の悔改めでもなければ、神の恵みへの応答でもありません。ただ他人からの“イイネ”が欲しいだけだったのです。

 

さて、光はよいもので闇は悪いものだ、とよく言われます。でも、〈闇〉にとって〈光〉がよいとはかぎりません。暗闇で突然フラッシュが光ったら、多くの人は嫌がるでしょう。

それと同じように、〈闇〉を安住の地としている人々にとって、〈光〉はむしろ邪魔なのです

パリサイ人をはじめとするユダヤ人は、長年の〈闇〉生活に慣れていたからこそ、突然現れたイエスという〈光〉を抹殺したのだと言えます。

 

〈光〉はすぐそこにある!

「ヨハネによる福音書」は、〈光〉と〈闇〉のせめぎ合いをよく描き出しています。そのせめぎ合いは、わたしたちの中にもあるはずです。

「あなたは光の中を歩んでますか?」と問われたらどうでしょう。また、「あなたは闇の中を歩んでますか?」との質問にはどう答えるでしょう。

どちらの質問にも「はい」と答えられず、同じように「いいえ」とも言いきれないというのが、たいていの意見だと思います。

 

わたしたちの内側には、〈光〉と〈闇〉の両方が存在しているのです。

 

特に困難な状況に見舞われたとき、わたしたちは苦難にばかり目を留めます。それは、どこかで〈光〉から離れてしまっているからです。

また、クリスチャンが神から遠ざかってしまうこともよくあります。家庭や仕事の事情で礼拝を休むのは仕方のないことですが、どれほどの罪悪感を感じているでしょうか?

「1回くらいは・・・」とか「まぁ仕方ないよね・・・」とか、あまり罪悪感を抱くことなく、むしろ欠席を正当化してはいないでしょうか?

そういうことをくり返していると、礼拝を休むハードルは下がり、礼拝に出るハードルはどんどんと上がってしまい、いずれ教会から離れてしまうことだってありえます。

 

自分の罪を自覚するのは、本当に難しいことです。でもそういうときこそ、わたしたちは〈光〉を求め、その訪れを見逃さないようにするのです!

〈光〉であるイエスは、もうすでに来られています。

イエスが生まれ、十字架にかかり、復活して天に昇られたいま、わたしたちは〈光〉の中に生きているのだと、そう信じることが大切です。

 

〈闇〉の誘惑は多いものですが、その中でも常に〈光〉を選び取るように努めましょう。イエスはわたしたちを照らし、いつでも捉えつづけてくださっているのですから。

 

遜の黙想

聖書では、この世は〈闇〉とされている。そんな〈闇〉を単純にすくい上げるのではなく、キリストは〈闇〉に降りて来て、その住人として、ぼくたちと同じように生きてくださった。

しかも、素朴で貧しい大工の家に生まれることを選び、一切の神々しさを捨てて、〈闇〉に生きるぼくたちの苦しみを、ぼくたち以上に深く理解してくださった。そういう方を「わが神、わが主」と呼べるのは、なんとうれしいことだろうか!

そして、〈光〉であるわが主・キリストが、ぼくたちにこう言われるのである、「きみたちは世の光だ。その光を輝かせて、人々がきみたちの父である神をあがめるようにしなさい」(マタイ5:14a・16)

 

キリストのその御言葉を記した章は〈山上のすいくん〉と呼ばれ、「世の光」が踏み行うべき、また避けるべき事柄が、計3章に渡って列挙されている。

ぼくはそれを通して神がなにを喜ばれ、なにを嫌われるのかを知り、当然ながら神の喜ぶことをしたいと思うわけだが、フクロウがハトになることはできない。ぼくは世と欲望の〈闇〉に身をゆだねてしまうのである。

〈光〉がぼくの中で激しく発光し、ぼくの霊に自制を促す。一方、〈闇〉はぼくの目に、耳に、肌に、強烈に働きかける。体はその刺激を愛し、とうとう〈光〉に背を向けてしまう・・・。

 

それでも神は、ぼくを「わが子」と呼んでくださる。〈闇〉に寄留する「光の子」と認めてくださる。ぼくがまことの〈光〉、イエス・キリストを信じているからである。

神に不可能はない。フクロウがハトになるのだとしたら、ぼくがまことの「光の子」になるのだとしたら、それは聖霊なる神の御業にほかならない。

どんなに小さなことにおいても聖霊の導きに従おう。そして、いつか神の〈光〉を照り返す器として、〈闇〉に生きる隣人のために用いられる者となりたい。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)