遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】人は自分のことを棚に上げて他人のあやまちを責める

 

悲しみに暮れる女性の石像

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ワイドショーやSNSを見ていると、普段隠しているブラックな人格が顔を出すことがあります。不祥事を起こした有名人を嘲笑ってみたり、匿名なのをいいことにだれかへのこっぴどい非難を投稿してみたり

特にSNSでは、自分の意見に「いいね!」と賛同してくれる人がいると、あたかも自分が正義の側に立っていると勘違いして、ただ攻撃的なだけの言葉を“正論”としてゴリ押ししてしまいます。反省しなきゃいけませんね(._.)

そんな愛なき正義がはびこっていたのは、2000年前のパレスチナも同じ。今回は、人々の“正義”に命をおびやかされた女性が主人公です。その女性と、彼女に“正義”を振りかざした人々の、両方の立場から読んでみてください!

 

今回は、先週8月30日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

  • この記事は、ブログ筆者が礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 説教者の意図を損ねないと思われる範囲で、筆者独自の表現に改めている箇所があります。
  • 説教にない注を加える際は遜註で示し、実際の説教内容と区別します。
  • 内容はいくつかある聖書解釈の一説であり、必ずしも一般的な解釈とは限りません。
  • 筆者の所属教会は、日本キリスト教団が母体です。旧統一教会・エホバの証人・モルモン教、その他の新興宗教団体とは一切関係ありません。

 

2020年8月30日聖霊降臨節第14主日礼拝

この日は、新型コロナウイルスの感染予防策として「詩編」は交読せず、牧師先生の読み上げる声を聴いていました。読上げ箇所は、第87編1~7節

牧師説教は「まことの裁きとゆるし」と題し、「ヨハネによる福音書」第8章3~11節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

3そこへ、律法学者たちやファリサイ派の人々が、姦通の現場で捕らえられた女を連れて来て、真ん中に立たせ、イエスに言った。4「先生、この女は姦通をしているときに捕まりました。5こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。ところで、あなたはどうお考えになりますか。」6イエスを試して、訴える口実を得るために、こう言ったのである。

イエスはかがみ込み、指で地面に何か書き始められた。7しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして言われた。「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」8そしてまた、身をかがめて地面に書き続けられた。9これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人と、立ち去ってしまい、イエスひとりと、真ん中にいた女が残った。

10イエスは、身を起こして言われた。「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか。だれもあなたを罪に定めなかったのか。」11女が、「主よ、だれも」と言うと、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」

 

―「ヨハネによる福音書」第8章3~11節(新共同訳)
※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

 

姦通を犯した女に石を投げられなかった人々の“正しさ”と罪

なぜか自分自身には向かない“正義”の目

今回の事件は、ユダヤ人の祭りの最終日、エルサレムで起こりました。姦通の罪を犯した女性(この記事では便宜上、スサンナと呼びます)がイエスの前に連れて来られたのです。モーセの〈十戒〉の第7戒で、姦通は禁じられています。

そもそも姦通とは、他人の妻や夫と肉体関係を持つこと、わかりやすく言えば不倫です。聖書に男は父母を離れて女と結ばれ、2人は一体となる(創2:24)とあるように、結婚はもっとも基本的な人間関係だと言えます。

姦通は、神の定めたその関係を否定するばかりか、神と人間の関係をもぶち壊しにする行為なのです。だから、姦通の罪には、非常に厳しい刑罰が設けられていました。

男が人妻と寝ているところを見つけられたならば、女と寝た男もその女も共に殺して、イスラエルの中から悪を取り除かねばならない。

 

―「申命記」第22章22節(新共同訳)

 

さて、スサンナは姦通の「現行犯」で逮捕され、イエスのもとへ引き出されました。彼女が姦通を犯したのは、まぎれもない事実。つまり、スサンナの死刑は避けられない、ということです。

ところが、そのことをよくわかっているはずのの人々(パリサイびと)は、自分たちだけで判決を下さず、わざわざイエスに尋ねに来ました、

先生、この女は姦通をしているときに捕まりました。こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。ところで、あなたはどうお考えになりますか(4~5節)

 

当時のユダヤの処刑方法は、石打ちの刑。違反者は複数の人々に石を投げつけられ、全身打撲と出血多量によって、ゆっくりと衰弱死に至ります。とても残酷な刑です。パリサイ人がイエスを頼ったのは、そういう重大な刑の執行を慎重に決めるためだったのでしょうか?

――違います。聖書の証言を見てみましょう、「イエスを試して、訴える口実を得るために、こう言ったのである(6節a)。すべては、イエスを逮捕するための作戦だったのです

遜註

イエスはご自分を「神の子」だと宣言したことから、神を冒とくする者として命を狙われました。また、宗教指導者たちの偽善的な態度を非難したことも、彼らの殺意をあおった一因です。

 

イエスにとって、パリサイ人の質問はかなり難しいものでした。

もしイエスが「彼女を死刑にしなさい」とお答えになれば、それまでの言動と矛盾します。つみびととして差別されていた人たちと食事をし、その境遇に理解を示してこられたイエスは、一転失望の的となるでしょう。

でも逆に「彼女を放免してやりなさい」とおっしゃれば、それは明らかな律法違反です。律法によって保たれているユダヤ社会の秩序を乱す発言であり、神を冒とくする者だとの非難は避けられません。

つまり、イエスがどう答えようと、告発の口実にできてしまうような意地悪な質問を、パリサイ人は投げかけたわけですщ(゜゜щ)キィィィ

 

それに対するイエスの反応を、聖書は「イエスはかがみ込み、指で地面に何か書き始められた(6節b)と語っています。なにを書いておられたかはわかりませんが、「回答拒否」ということでしょう。

でも、どうにかイエスを追い詰めたいパリサイ人は諦めません。しつこく問いつづけて、ついにイエスの回答を引き出します、

 

あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい(7節)

 

スサンナが死刑に値する罪を犯したことを、イエスは確かに認めておられました。ただ、イエスの回答には、人々に対するこんな問いが秘められていたのです、

 

 

あなたたちは、彼女を死刑にできるほど潔白なんですか?

 

どうして「裁いてはならない」のか?

イエスの御言葉は、スサンナに“正義”を振りかざしていた人々に、「自分の罪」を自覚させました。人々はイエスとスサンナを残して、その場を立ち去っていきます

 

ぼくたちはだれかの間違いに、なかなか寛容になれません。それどころか、その人を厳しく非難したり、“正義”や“正論”を持ち出したりして、裁いてしまうものです。

その“正しさ”を聖書的観点から考えると、決して正しくないことがわかるでしょう。ただ、自分に他人を裁けはしない、という答えまでには、ふたつの異なる道があることに注意です。

  1. 「キリスト教=愛の宗教」という固定概念
  2. 「まことの裁き主」への畏怖と期待

 

聖書の語るとおり、ぼくたちははみなつみびとです。だからと言って、「罪人のわたしが他人を裁けるはずがない。罪人同士でゆるし合わなきゃ!」と言うのは、あまりに短絡的です。

ぼくたちの罪は、気軽にゆるし合えるほど甘いものではありません!!

また、罪を黙認するようにゆるすことは、決して「愛」ではないでしょう。罪のゆるしが簡単ではないこと、そして「まことの裁き主」がおられることを、今回のお話が示しています。

 

スサンナは石打ちの刑をまぬかれました。でも、彼女の罪が消えてしまったわけではありません。彼女が姦通を犯した事実は、厳然と残りつづけます。

スサンナが命拾いしたのは、彼女を裁ける人もゆるせる人もいなかったからに過ぎません。つまり、スサンナは裁かれなかったけれど、罪をゆるされもしなかった、ということです。そこでイエスは、彼女にこうおっしゃいました、

 

わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない(11節)

 

イエスこそ、「まことの裁き主」です。イエスは神から委ねられた権威によってスサンナを裁き、そのうえで彼女の罪をおゆるしになりました。そのとき、スサンナは初めて罪から解放され、新しい人生を始めるチャンスを与えられたのです(*´ω`*)

 

さて、神であり裁き主であるイエスは、ご自分の性質について次のように語っておられます。

6主は彼の前を通り過ぎて宣言された。「主、主、あわれみ深く恵みに富む神、忍耐強く、慈しみとまことに満ち、7幾千代にも及ぶ慈しみを守り、罪と背きとあやまちをゆるす。しかし罰すべき者を罰せずにはおかず、父祖の罪を、子、孫に3代、4代までも問う者。」

 

―「出エジプト記」第34章6~7節(新共同訳)

イエスによる「まことの裁き」が行われるとき、初めてぼくたちの罪はゆるされます。だからこそぼくたちは、むやみに他人を罪人呼ばわりしてはならず、また、安易な罪のゆるしを行うべきではないのです。

 

美談ではない罪のゆるし

今回は、死罪をゆるされた女性のお話から学びました。でもこのお話は、「2000年前に罪ゆるされたある女性の物語」ではありません。ぼく自身の物語、あなた自身の物語なのです。

スサンナの犯した罪、ぼくたちの神に対する罪は、すべてイエスの背に負われました。イエスは十字架に上り、スサンナやぼくたちの身代わりとして、罪に対する裁きと罰を引き受けられたのです。

罪のゆるしは、決して簡単なことではありません。ましてや美しいことでもありません。イエスの過酷な、みじめな、血にまみれた死があってこそ、ぼくたちの罪がゆるされたからです。イエスはおっしゃいました、

 

これからは、もう罪を犯してはならない

 

その御言葉の裏には、もっと強く、厳しい意味があると思います、

 

おまえの罪がゆるされるように、おれは命を捨てた。だから、もう罪を犯すことはできないはずだ!

 

が死ななければならないほど、ぼくたちの罪は重いものです。そして、その罪に対する裁きは、イエス・キリストの犠牲によって完了しました。その意味を知ったとき、きっとスサンナのように新しい人生が始まります。

ぜひイエス・キリストの十字架を受け入れ、罪のゆるしの愛を受け取ってください!

 

遜の黙想

ぼくは短気かつ他人の欠点に注目しやすい性格で、心の中で他人をこき下ろしたり、実際に“正論”で責め立てたりしてしまうことがままあります。一方、ネガティブで自信のない性格のせいで、やたらと自分を責めたり、他人に責められている感覚に陥ったりすることもあります。

どちらかと言うと自責の念に押し潰されるほうが多く、特に神を悲しませるような罪、高慢・情欲・自己中心にはしってしまうことに対して、猛烈な自己嫌悪を抱くことがよくあるのです。何度同じざんげをしたことか

イエス・キリストの「行きなさい」という御言葉に励まされる反面、「もう罪を犯してはならない」には耳を塞いでいるような気がします。きっと正しい生活に立ち帰っただろうスサンナにように、信仰と感謝の日々を生きたいものです。

父なる神様、救い主また裁き主として、御子イエスを遣わしてくださり感謝します。御心に適う「正しさ」を示せるように、信仰と感謝をぼくの内に育ててください。アーメン。

 

 

 

引用の出典
  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)
画像の出典(Pixabayより)