遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】人は自分のことを棚に上げて他人の過ちを責める

 

悲しみに暮れる女性の石像

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ぼく思うんですけど、“SNS人格”ってありますよね? 車のハンドル握ると豹変しちゃう人がいるように、SNSだと普段言わないようなヒドい言葉を平気で使っちゃう人がいます。

特に非難の的になってる人に対しては、非難することが正義だと言わんばかりに、容赦なく攻撃的な言葉を浴びせる。しかも、その人の「過失」じゃなくて「人格」を責めてる人たちが多くて、いったい何様なんだろうって思いますね。

ぼくだっていま、「何様」っていう高慢な言葉で他人を責めちゃいましたけど、「そういう自分は何様なんだろう?」と考えることは少ないような気がします。反省しなきゃいけませんね・・・(._.)

 

さて今回は、先週8月30日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年8月30日 聖霊降臨節第14主日礼拝

2020年8月30日
聖霊降臨節第14主日礼拝

この日は、新型コロナウイルスの感染予防策として「詩編」は交読せず、牧師先生の読み上げる声を聴いていました。

 

読上げ箇所は、「詩編」第87編1~7節。要約すると、

「主がイスラエルの全家にまさって愛されるエルサレムの城門よ。神の都よ、その栄光について人々は語る。『ラハブもバビロンも、ペリシテもティルスも、だれもかれもこの都で生まれた』
いと高き神御自身がこれを固く定められる。主は諸国の民を数え、この都で生まれた者として書き記される。歌う者も踊る者も共に言う、『わたしの源はすべてあなたの中にある』と」

という内容です。昔のユダヤでは、門は裁判や抗議を行う場所だったそうで、そこに集まった人々は判決の証人となりました。今回は「裁き」をキーワードに読んでみてください。

 

牧師説教は「真の裁きと赦し」と題し、「ヨハネによる福音書」第8章3~11節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

そこへ、律法学者たちやファリサイ派の人々が、かんつうの現場で捕らえられた女を連れて来て、真ん中に立たせ、イエスに言った。

「先生、この女は姦通をしているときに捕まりました。こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。ところで、あなたはどうお考えになりますか。」イエスを試して、訴える口実を得るために、こう言ったのである。

イエスはかがみ込み、指で地面に何か書き始められた。しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして言われた。「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」そしてまた、身をかがめて地面に書き続けられた。

これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人と、立ち去ってしまい、イエスひとりと、真ん中にいた女が残った。イエスは、身を起こして言われた。「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか。だれもあなたを罪に定めなかったのか。」

女が、「主よ、だれも」と言うと、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」

 

―「ヨハネによる福音書」第8章3~11節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

 

姦淫を犯した女に石を投げられなかった人々の“正しさ”

他人を非難する前に自分自身を見つめてみろ

エルサレムでの祭りの最終日、イエスの前に姦通の罪を犯した女性が引き出されました。モーセの〈十戒〉の第7項で、姦通は禁じられています。

ところで姦通とは、他人の妻や夫と関係を持つことです。婚姻関係はもっとも基本的な人間関係であり、男女が結ばれて一体となるようにと、神によって定められました(創世記2:24)

姦通は神の定めたその関係を否定し、さらには神と人間の関係を破壊する行為なのです。聖書を読むと、その罪がどれほど重大なものであるかがわかります。

男が人妻と寝ているところを見つけられたならば、女と寝た男もその女も共に殺して、イスラエルの中から悪を取り除かねばならない。

 

―「申命記」第22章22節(新共同訳)

 

さて、イエスのもとに連れて来られた女性は、現行犯で逮捕されました。女性が姦通の罪を犯したのは、紛れもない事実です。つまり、女性が「死刑」になるべきことは、律法に照らして明白だということです。

ところが、律法を熟知しているはずのファリサイ派の人々(パリサイびと)は、自分たちで判決を下さず、わざわざイエスのもとへ来て尋ねています、

「先生、われわれはこの女を姦通の現行犯で逮捕しました。この場合、女を石打ちの刑に処するようにとモーセは命じていますが、あなたはどうお考えでしょうか?」

ファリサイ派 ユダヤ教二大派閥の一つ。律法を厳しく守ることで人々の上に立っていた。名称はヘブライ語の「区別する」が由来とされ、律法を守りえない人々を差別的に扱った。

 

当時のユダヤでは、違犯者を石で打ち殺すのが習わしでした。違犯者は複数の人々から石を投げつけられ、全身打撲と出血多量によって衰弱死に至るという、非常に残酷な刑です。

パリサイ人は、そういう重い結果をもたらす判決を慎重に行うためにイエスを頼ったわけではありません。イエスを告発する口実を得るために意見を求めたのです。

 

パリサイ人のイエスへの質問は、実に難しいものでした。

もしイエスが「彼女を死刑にしなさい」とお答えになれば、それまでのご自分の行いと矛盾することになります。つみびとと食事をし、その境遇に理解を示してこられたイエスは、一転失望の的となるでしょう。

また逆に「彼女を放免しなさい」とお答えになれば、それは明らかに律法の否定になります。律法によって保たれていたユダヤ社会の秩序を崩す発言で、神をぼうとくする者との非難は避けられないでしょう。

つまりパリサイ人の質問は、イエスがどのように答えようと、イエスにとって不利にしかならない、意地悪な質問だったわけです!

 

それに対するイエスの反応を聖書は、「しゃがみ込んで地面になにか書きはじめられた」と記しています。わかりやすい“回答拒否”です。

でも、どうにかイエスを窮地に追いやりたいパリサイ人は、しつこく問いつづけてイエスの回答を得ることに成功しました、

 

「あなたたちの中で罪を犯したことのない人が、まず初めに彼女に石を投げなさい」

 

イエスは「女性は死刑に処せられるべきだ」としながらも、「その裁きを下せるだけ潔白なのか?」と、人々に質問をお返しになりました。

その言葉を聞いた人々は女性の前から立ち去りますが、それは一人ひとりが「自分の罪」を自覚したからでした(パリサイ人は人前で手を汚すのをためらっただけだと思われます)。

 

やさしいイエスのもう一つの顔

「あなたたちは本当に他人を裁けるのか?」というイエスの問いは、わたしたちにも向けられています。

わたしたちは裁く側に立ったとき、「自分は正しいことを主張してるんだ!」と思い込んでしまうものです。でも、それは本当でしょうか?

 

この問題について考えるとき、特に注意しなければいけないことがあります。それは、「キリスト教は愛の宗教」という固定概念です。

クリスチャンは「他人を裁けない・・・」と考えがちで、さらに「だから罪人同士で赦し合わなきゃ!」という発展の仕方を見せることがあります。

でも、わたしたちの罪を甘く見てはいけません!

わたしたちはこう考えるべきです、他人を裁けない」。わたしたちは罪の赦しをそう安易に行ってはいけないのです。

 

姦通を犯した女性の場合を考えてみましょう。

女性は死刑を免れはしましたが、その罪が消えたわけではありません。女性が姦通を犯したという事実は、厳然と残りつづけます。

女性があの時点で命を救われたということは、あの場には、彼女を裁ける人も赦せる人もいなかった――つまり、女性は裁かれもしなかったが、本当の意味で救われもしなかった、ということなのです。

 

でも、ひとり残された女性に語りかける声がありました、

「わたしもあなたを罪と定めない。さぁ、行きなさい。これから先、もう罪を犯すことがあってはいけない」

 

イエスは「あなたを裁かない」とは言われませんでした。事実、イエスはご自分の権威によって女性を裁いたのです。そのうえで、女性の罪を赦されたのです。

このとき、女性は初めて自分の罪から解放されて、新たな道を生きていくチャンスを与えられました。イエス=神のご性質について、神ご自身がこう語っておられます。

主は彼の前を通り過ぎて宣言された。「主、主、憐れみ深く恵みに富む神、忍耐強く、慈しみとまことに満ち、幾千代にも及ぶ慈しみを守り、罪と背きと過ちを赦す。しかし罰すべき者を罰せずにはおかず、父祖の罪を、子、孫に三代、四代までも問う者。」

 

―「出エジプト記」第37章6~7節(新共同訳)

 

イエスは慈しみ深い方であると同時に、厳しい裁き主でもあります。イエスによるまことの裁きが行われなければ、まことの赦しもまた与えられないのです。

 

罪の赦しは美談ではない

イエスは裁きのすえ、律法で有罪とされるべき女性を赦されました。ただ、女性の罪をなかったことにされたわけではありません。

イエスは女性の罪を背負い、十字架に上られたのです。

罪の赦しは決して簡単なことでも、美しいことでもありません。クリスチャンの罪が赦されるのは、イエスの十字架上の死があってこそです。

 

十字架を思うなら、わたしたちはもう安易な赦しができなくなるはずです。罪人同士で赦し合うのは、イエスをふたたび十字架につけることにつながります。

それは愛の実践とは言えません。赦し合う精神を、「愛の宗教」などという短絡的な言葉でまとめるべきではありません。

 

さて、「もう罪を犯してはいけない」というイエスの言葉を、もう一度考えてみましょう。実は、この言葉は字面以上に強く厳しい意味を持っています。

「わたしが命を捨ててまで罪を赦すのだから、あなたはもう罪を犯すことはできないはずだ!」

これが真意です。十字架の意味を理解したのなら、クリスチャンは「イエスに生かされる者」として歩んでいけるでしょう。

神の子が死ななければならないほどの重い罪を背負いながら、罪の赦しの権威を持つ唯一の方・イエスによって、クリスチャンは赦されています。

 

今回取り上げた物語は、「ずっと昔に罪を赦されたある女性の物語」ではありません。これはわたしたち自身の物語、あなた自身の物語なのです。

十字架によって罪を赦されたこと、その愛に支えられて生きていることへの喜びと感謝、またその重みを抱きつつ、イエスの愛に生きていきましょう。

 

遜の黙想

だれかに「あなたを赦します」と言うとき、ぼくは心の中で「あなたを裁きません」という気持ちを持つべきなのである。

人を赦すことが難しく感じるのは、「人の過ちを赦しなさい」という教えを、「人の過ちを黙認しなさい」と曲解してしまっているからかもしれない。神がぼくたちにお求めになっているのはこういう態度ではないだろうか、

「あなたが自分の過ちを認めるなら赦します。もし認めなくても、ぼくはあなたを裁いたりせず、あなたの過ちにふさわしい報いが下されるように祈ります」

 

ぼくは他人の欠点に注目しやすいたちで、特にイライラしているときは、人を裁きたくなったり実際に裁いたりしてしまう。自分の“正しさ”を振りかざして、相手を攻撃してしまうのである。

ぼくのその言動も相手には欠点として映っているだろうことを想像することもできず、自分の裁きになにか誇りさえ感じてしまうことは、本当に恐ろしい性質だと思う・・・。

他人を赦すのは、まず他人を裁く心を放棄することではないだろうか。そうしてできた心の余裕の中で、自分の罪や過ちに気づき、認めることではないだろうか。

そして、自分の罪も相手の過ちもすべて、まことの裁き主である神にゆだねることではないだろうか。キリストの弟子・パウロは、「自分で自分を裁くことさえしない」と言っている(Ⅰコリント4:3b)

 

キリストはすべての人の罪を背負って十字架にかかってくださった。そのことの意味を本当に理解できるのは、自分の罪の大きさに気づいた人だけである。

自分ではどうすることもできない罪を、ぼくはいまも抱えている。その罪に打ちひしがれず、また他人の罪にも煩わされず、キリストの赦しと権威に信頼して生きていきたい。

「行きなさい。もう罪を犯してはならない」――キリストはそう言われる。罪から解放された自由を喜びながら、キリストの救いをべ伝える人生を歩んでいこう。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)