遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】「知りたい・知ろう」と思うことの大切さ

 

ひび割れた石壁

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

アメリカでは結構前から「分断」が問題になってますけど、日本でも同じことが起こりつつあるんじゃないかなぁと、少なからず不安に思ってます・・・。

与野党・官民・世代間・家族間・・・。分断はまず意見や価値観の違いから起こるんでしょうが、その亀裂を深めるのって、意見そのものよりも「感情」だったりしませんか?

相手に対して感情的になりすぎると、根拠なしに「自分が正しい」って思い込んで、もう有意義な議論ができなくなっちゃうんですよね。まず理性的に、双方向的に話し合いましょうよ。

 

そんなマジメ腐った導入の今回は、先週8月23日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年8月23日 聖霊降臨節第13主日礼拝

2020年8月23日
聖霊降臨節第13主日礼拝

この日は、新型コロナウイルスの感染予防策として「詩編」は交読せず、牧師先生の読み上げる声を聴いていました。

 

読上げ箇所は、「詩編」第15編1~5節。要約すると、

「どのような人が主の幕屋に宿り、聖なる山に住むことができるだろう。それは、主の御心にかなう正しいことを行い、心に真実の言葉をもち、中傷を言わない人。
友を災いに引き込まず、親しい人を嘲らない人。悪事を行わず、貸した金の利息を取らず、賄賂によって無実の人を陥れない人。そのような人は、とこしえに揺らぐことがない」

という内容です。マジメな人ほど損をする世の中でこういう人格を身に着けるのは、なかなか厳しそうですよね・・・^^; 今回は「真実の言葉」をキーワードに読んでみてください。

 

牧師説教は「主の言葉を聞こう」と題し、「ヨハネによる福音書」第7章40~52節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

この言葉を聞いて、群衆の中には、「この人は、本当にあの預言者だ」と言う者や、「この人はメシアだ」と言う者がいたが、このように言う者もいた。「メシアはガリラヤから出るだろうか。メシアはダビデの子孫で、ダビデのいた村ベツレヘムから出ると、聖書に書いてあるではないか。」

こうして、イエスのことで群衆の間に対立が生じた。その中にはイエスを捕らえようと思う者もいたが、手をかける者はなかった。

 

さて、祭司長たちやファリサイ派の人々は、下役たちが戻って来たとき、「どうして、あの男を連れて来なかったのか」と言った。下役たちは、「今まで、あの人のように話した人はいません」と答えた。

すると、ファリサイ派の人々は言った。「お前たちまでも惑わされたのか。議員やファリサイ派の人々の中に、あの男を信じた者がいるだろうか。だが、律法を知らないこの群衆は、呪われている。」

彼らの中の一人で、以前イエスを訪ねたことのあるニコデモが言った。「我々の律法によれば、まず本人から事情を聞き、何をしたかを確かめたうえでなければ、判決を下してはならないことになっているではないか。」

彼らは答えて言った。「あなたもガリラヤ出身なのか。よく調べてみなさい。ガリラヤからは預言者の出ないことが分かる。」

 

―「ヨハネによる福音書」第7章40~52節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

 

イエスの神性を巡って二極化したユダヤ人たち

イエスはユダヤを救う約束のメシアなのか!?

時は仮庵祭の最終日、エルサレムに集まった人々は、イエスの語られる言葉の不思議に驚いていました。特に物議をかもしたのは、この言葉でした、

渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる(ヨハネ7:37b-38)

この言葉によって受けた衝撃は、祭りが終わってからも人々の中に残りつづけたでしょう。イエスの御言葉がずっと、一人ひとりに語りかけられたのです。

仮庵祭 ユダヤ教三大祭日の一つ。ユダヤ人がエジプトを脱したのち、天幕で暮らしながら荒れ野を旅したことを記念する。期間中は、庭やベランダなどに作った仮庵=仮の住まいで過ごす。

 

イエスの言葉に、人々は「あの人はいったいだれなんだ?」と論じ合います。

ある人は「彼はあの預言者だ!」と言いました。またある人は「彼はメシアに違いない!」と言いました。それぞれの言い分はどういうことでしょうか?

まず、かつて指導者・モーセは「わたしのような預言者が現れる」と預言していましたが(申命記18:15)、前者の人々は、イエスこそその預言者だと思ったわけです。

そして、メシアとはヘブライ語で「油注がれた者」、神に聖別された王を意味します。後者の人々は、ユダヤ国家建国の救い主としてイエスに期待を寄せたのです。

 

その一方、「ガリラヤ生まれの者がメシアだと? 聖書には、メシアはベツレヘムから出る、と書いてあるじゃないか」と異を唱える人々もいました。

イエスはたしかにガリラヤのナザレで育ちましたが、お生まれはベツレヘムです。わたしたちはそのことを聖書を通して知っていますが、当時の人々は知りませんでした。

しかも、ガリラヤは異邦人との交際の多い土地柄で、昔から“けがれた地”と考えられていました。メシアがそのような場所から現れるはずがない、と思うのも当然のことです。

 

こうして、人々の間にイエスを巡る対立が起こりました。ここで「対立」と訳されている言葉は、もともと「分裂」というより強い意味を持っています。

ユダヤ人にとって「イエスはメシアなのか?」という問題は、単なる意見の食い違いでは収まらないことだったはずです。

なぜなら、それは「自分たちは救われるのか?」という、もっとも切実かつ喫緊の問題に直結することだったからです。

 

自己都合で神の真否を判断する人間の罪

ユダヤ人の中には、「あのイエスがメシアであっては困るッ(`皿´)g」という立場の人々がいました。それが、ファリサイ派の人々(パリサイびと)です。

実はこのとき、パリサイ人たちはイエスを逮捕しようと、下役たちを仮庵祭に忍び込ませていました。なぜ、イエスを逮捕する必要があったのでしょうか?

パリサイ人は律法を厳しく守っているグループで、イエスが律法違反を犯したのであれば、彼らに大義名分があります。でも、そうではありません。

ファリサイ派 ユダヤ教二大派閥の一つ。律法を厳しく守ることで人々の上に立っていた。名称はヘブライ語の「区別する」が由来とされ、律法を守りえない人々を差別的に扱った。

 

パリサイ人がイエスを逮捕したがった理由――それは、

自分たちが思い描くメシア像と徹底的に正反対の人物が、メシアだと信じられていたから。

 

パリサイ人はメシアを心待ちにしていました。本来であれば、まっ先にイエス・キリストを歓迎する立場にいたはずなのです。

ところが、実際に現れたメシアは、パリサイ人の期待を見事に裏切る人物でした!

律法遵守を励行しているパリサイ人を称え、自身も完璧に律法を守り、天国ではパリサイ人たちをよい地位に就かせてくれる・・・。それがパリサイ人の思い描いたメシア像です。

 

実際のイエスはどうだったでしょうか。

パリサイ人を「偽善者」呼ばわりし、もっとも厳格に守るべき安息日の規定を破り、さらには罪人と一緒に食事をする・・・。ありえへん、ありえへんやろ~щ(゜゜щ)

自分たちこそが正しいと自負しているパリサイ人にしてみれば、その正しさを断固否定し、律法も守らないような人物がメシアなどとは、とうてい認められないわけです。

安息日 週の7日目のこと。金曜日の日没から土曜日の日没がそれに当たり、神に心を向けるために労働を禁じられた。〈天地創造〉で神が7日目に休息されたことに由来する。

 

さて、パリサイ人のもとに下役たちが帰って来ましたが、イエスの姿がありません。下役たちはイエスの言葉に打たれ、任務を放棄してしまったのでした。

パリサイ人は「おまえたちも惑わされたのか!?」と下役たちを叱りつけましたが、惑わされるとは「信仰からそれる」ということです。続くパリサイ人のセリフを意訳してみます、

「われわれファリサイ派は正しい。そのわれわれの中に、あの男を信じている者がだれかいるか? われわれが信じぬ者を信じるのは、おまえたちが信仰からそれているからだ!」

 

さらにパリサイ人は、イエスを信じる人々について「呪われている」と言い放ちました。とても痛烈な言葉です。

呪われているとは、神の裁きによって滅びる定めにある状態をいいます。

この裁きの言葉を受けて、パリサイ人の一人であるニコデモが、「律法に従ってイエス本人に事情聴取するべきです」と反論しました。ニコデモはパリサイ人には珍しい、“親イエス派”でした。

でも、“反イエス派”のパリサイ人はその正論を封殺、律法を無視してイエス排除へと動き出します。イエスがガリラヤ人であることを理由に、聴取は必要ないと断じたのでした。

 

このようにパリサイ人は、分不相応にも人を裁き、また律法違反を犯しているにもかかわらず、自分にはそれが許されると思い込んでいたのです。

神の律法を自分たちの勝手な基準で解釈することこそ、パリサイ人の大きな罪でした。

 

聖書を通してイエスを知る

さて、ユダヤ民族はイエスのメシア性を巡って2派に分かれました。それぞれの態度の違いを簡単にまとめてみましょう。

  • イエス=メシア派 イエスの言葉を聴いて感じ入った
  • イエス≠メシア派 自分の知識によってイエスを否定した

両派の違いは、イエスの言葉に耳を傾けたかどうかです。

 

パリサイ人のように話も聞かず、ただ自分の知識や感情のバイアス越しにイエスを見た人々は、イエスを敵視する立場になりました。

一方、下役たちのようにイエスの話を聴いた人々は、内容を理解するには及ばなかったかもしれませんが、その言葉に心打たれたことでイエスを信じました。

事実、“親イエス派”のニコデモも、イエスとの会話ではまったく真意をつかめませんでした。それでもイエスを「神がともにおられる方」と評したのは(ヨハネ3:2b)、イエスの言葉に特異性を見出したからです。

 

イエスとニコデモのこんにゃく問答はコチラ
【礼拝】「生まれ変わる」のではなく「新しく生まれる」

 

ニコデモは仲間たちにイエスの言葉を聴くよう訴えましたが、いま聖書を通して、わたしたちにも訴えかけています。

わたしたちは日々聖書を読み、御言葉に聴くことが必要です。

イエスの御言葉を自分の知識や経験に基づいて解釈し、神の御心を顧みないなら、わたしたちはイエスをふたたび十字架につけることになります。

 

たとえ意味がわからなくても、御言葉に耳を傾けるのです。

やがて御言葉は、あなたの内に泉となって湧き出るでしょう。その命の水こそが、あなたにイエスの正体をわからせてくれます。イエスへの信仰に導いてくれます。

さぁ、わたしたちは聖書を開いてしっかりと御言葉に聴き従いながら、この新たな1週間を歩んでいきましょう。

 

遜の黙想

「わたしは平和ではなく、分裂をもたらすために来た」(ルカ12:51)――キリストはご自分を信じる者とそうでない者の間に、埋めようのない溝ができると言われた。それはわかる気がする。

キリストの弟子・パウロが「十字架は未信者にとって愚かでも、信じる者にとっては神の力だ」と言ったように(Ⅰコリント1:18)、神を信じると、人生観や世界観が180度変わってしまうからである。

しかしだからと言って、かつての人生観を忘れたわけではない。むしろまざまざと残っていて、それがぼくの中で葛藤・分裂を引き起こす。それを「肉と霊の戦い」というのかもしれない。

 

かつての人生観が、聖書理解の邪魔をすることもある。わかりにくい御言葉をなんとか理解しようとするとき、人間的な哲学や思想は、実は大きな妨げになる。

ぼくが理屈をこねくり回したすえに導き出した解釈は、のちにその多くが「見当違い」だったと判明した。間違いでさえなく、そもそもの論点を見誤っていたのである。そういうことは一再ではない・・・。

ぼくは“反ファリサイ派”のはずなのに、パリサイ人のように表面的な理解を、知識としての解釈を得ようとしていた、御言葉のエッセンスを頂こうとするのではなく。

 

聖書を読むのは、神を知るため、信仰を深めるためである。また、隣人によく仕える心得を学ぶためである。ぼくはもっと神を知りたい!

自分の知識に邪魔されることなく、ただ信仰によって神を見上げることができるように祈り求めていこう、子どもの心で御言葉を聴けるように。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)