遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】救いを手にして「その時」を待ち望め!

 

青空に輝く太陽

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

最近、地上波で占い番組が放送されてますね。母と妹が感心しながらそれに食い入るのを、ぼくは心苦しい思いで眺めてます・・・、占いは数少ないタブーの一つなので。

占いって、かなり具体的にアドバイスくれるじゃないですか。それに救いを求める気持ちはスゴくわかりますけど、その救いも“現世限り”のはずなんですよね。

「本当の意味での救いってなんだろ?」ってのを、この日曜日のひととき、ティーカップ片手に(ワンカップ片手にでもいいですけど)考えてみてほしいな、と思う次第であります。

 

そのための一つの参考として、先週8月16日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年8月16日 聖霊降臨節第12主日礼拝

2020年8月16日
聖霊降臨節第12主日礼拝

この日は、新型コロナウイルスの感染予防策として「詩編」は交読せず、牧師先生の読み上げる声を聴いていました。

 

読上げ箇所は、「詩編」第146編1~10節。要約すると、

「ハレルヤ。わたしは命ある限り主を賛美し、わたしの神にほめ歌をうたおう。君侯を頼ってはならない。人間には救う力はなく、死ねばもとの土に帰って、その思いも滅びるのだから。
天地万物を造られた神を待ち望む人は幸いだ。主は捕われ人を解放し、盲人の目を開き、身寄りなき人を励まされる。主はとこしえに王。イスラエルの神は代々に王。ハレルヤ」

という内容です。厳しい苦難の中でも目先の利益に惑わされず、変わらない神の救いに希望をつなぐ様子がわかります。キーワードは「待ち望む」にしましょう。

 

牧師説教は「救いの時は来ている」と題し、「ヨハネによる福音書」第7章1~9節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

その後、イエスはガリラヤを巡っておられた。ユダヤ人が殺そうとねらっていたので、ユダヤを巡ろうとは思われなかった。ときに、ユダヤ人のかりいおさいが近づいていた。

イエスの兄弟たちが言った。「ここを去ってユダヤに行き、あなたのしている業を弟子たちにも見せてやりなさい。公に知られようとしながら、ひそかに行動するような人はいない。こういうことをしているからには、自分を世にはっきり示しなさい。」兄弟たちも、イエスを信じていなかったのである。

そこで、イエスは言われた。「わたしの時はまだ来ていない。しかし、あなたがたの時はいつも備えられている。世はあなたがたを憎むことができないが、わたしを憎んでいる。わたしが、世の行っている業は悪いと証ししているからだ。

あなたがたは祭りに上って行くがよい。わたしはこの祭りには上って行かない。まだ、わたしの時が来ていないからである。」こう言って、イエスはガリラヤにとどまられた。

 

―「ヨハネによる福音書」第7章1~9節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

 

大舞台で奇跡を実演するのを拒否したイエスの真意

イエスは奇跡の人か? 神の救い主か?

イエスには少なくとも4人の兄弟と2人の妹がいました。その兄弟たちが、「ユダヤのエルサレムへ行って、みんなの前で奇跡を示すべきだよ!」とイエスに勧めます。

このときエルサレムは、仮庵祭を間近に控えていました。仮庵祭とはユダヤ教三大祭日の一つで、旧約聖書に定められている祝祭です。

毎年7日の間、これを主の祭りとして祝う。第7の月にこの祭りを祝うことは、代々にわたって守るべき不変の定めである。あなたたちは7日の間、仮庵に住まねばならない。イスラエルの土地に生まれた者はすべて仮庵に住まねばならない。

これは、わたしがイスラエルの人々をエジプトの国から導き出したとき、彼らを仮庵に住まわせたことを、あなたたちのの人々が知るためである。わたしはあなたたちの神、主である。

 

―「レビ記」第23章41~43節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

この祭りの期間中、ユダヤ人は自宅の庭や玄関先に作った仮庵=仮住まいで暮らし、先祖が荒れ野で天幕テント生活を送っていたことを思い起こすのです。

 

仮庵祭はまた、自分たちがだれによって生かされているかを再認識し、神の守りと導きに感謝するための期間でもありました。

ところが、イエス在世時代の仮庵祭は、“嘆きの時”になっていたのです。

出エジプトの際には、ユダヤ人は神の恵みを豊かに体験できていました。エジプトを脱出できたのも、荒れ野での生活が守られたのも、神の実質的な働きかけがあったからこそです。それに対して、当時のユダヤ人は不平不満で応えています。

一方イエス時代のユダヤ人は、強大なローマ帝国の支配下にあって、ユダヤ国家の独立を実に熱心に祈り、また神の掟をしっかりと守っていました。それにもかかわらず、神からの応答は一切ありませんでした。

 

「われわれの先祖はどんなに信仰が薄くても救われた。それなのに・・・、なぜ神はこれほど敬虔なわれわれを救ってくださらないのか!」

 

神の恵みをまったく感じられない状況の中で、人々は神の臨在を心から求めていたのです。だからこそイエスの兄弟たちは、神の御業を示すようにイエスを促したのでした。

兄弟たちの意見はもっともなことのように思えますが、「兄弟たちもイエスを信じていなかった」と聖書は語っています。これはちょっと不思議です。

イエスを信じていたからこそ、兄弟たちは仮庵祭の場で奇跡を行うように勧めたのではないのでしょうか? 信じていなければ、そんな提案はしなかったのではないでしょうか?

 

イエスの兄弟たちへの返答を見てみましょう、「わたしの時はまだ来ていない」。これはとてもわかりにくい言葉ですが、イエスの真意はこういうことです、

「わたしがメシア=救い主であることを示すときは、いまではない」

「わたしの時」とは、イエスが十字架にかけられて死ぬとき、そして復活するときのことです。それは、この仮庵祭の期間中に実現するべきことではありません。

イエスが神の小羊として捧げられるとき――つまり過越祭(すぎこしさい)のときこそが、イエスの言われる「わたしの時」なのです!

過越祭 ユダヤ教三大祭日の一つ。ユダヤ人がエジプトでの奴隷状態から解放されたことを記念する。解放当夜、エジプトのすべての初子を絶命させた災いがユダヤ人を過ぎ越したことから、この名称がつけられた。

 

兄弟たちはたしかに、イエスを「神の力の持ち主」と認識していました。でも、それは正しい信仰とは言えません。兄弟たちも多くのユダヤ人と同じように、イエスをメシアとは信じていなかったのです。

 

自分の過ちを認めないことが過ち

もしイエスが兄弟たちの意見に従っていたら、イエスを信じる人は格段に増えたでしょう。しかも、仮庵祭にはイスラエル全土から人々が集まって来ますから、イエスの名が広く知れ渡るチャンスでもあったのです。

ただ仮にそうなっていたとしても、人々が信じたのは「自分の利益のために奇跡を起こしてくれるイエス」だったでしょう。それは間違った信仰なのです。

〈5000人の給食〉を経験した人々もイエスを求めましたが、その理由も「イエスがいれば食いっぱぐれない!」という、自分本位な思惑に過ぎませんでした。

 

〈5000人の給食〉についてはコチラ
【礼拝】人はパンのみにて生くるにあらず

 

自分の利益から発した“信仰”は、イエスを憎むことにつながります。イエスは兄弟たちに言われました、

「世はきみたちを憎めないが、わたしを憎んでいるのだ。世のすることは悪であると、わたしが証ししているから」

イエスは、ファリサイ派(パリサイびと)をはじめとしたユダヤの有力者たちを非難しておられました。それは、パリサイ人たちが誤った動機で神の律法を守り、自分たちの正しさを主張していたからでした。

パリサイ人は自分たちの正当性を公然と否定されたことに怒って、イエスを殺そうと執拗につけ狙うようになります。自分たちの遵守している律法が、殺人を禁じているにもかかわらずです。

兄弟たちはパリサイ人と同様、自分たちの間違いに気づかず、逆に「なんで兄さんはぼくたちの言うことを聞かないんだ!」という態度でいました。それがイエスを憎み殺すことになってしまったのです。

遜註

ファリサイ派とは、ユダヤ教二大派閥の一つです。この一派の人々は律法の主旨を理解せず、ただ形式的に律法を守って人々の上に立つことを求め、律法からはずれる人を「けがれた罪人」と見なして差別していました。

 

イエスの言われた「世」には、わたしたちも含まれています。パリサイ人はイエスに間違いを指摘されて“逆ギレ”しましたが、そういうことはわたしたちにないと言いきれるでしょうか?

例えば、クリスチャンは日々いろいろなことを祈ります。でも、その祈りがまったく聞かれない=叶わないとき、もはや神への信仰を諦めてしまう人もいます。

また、自分の好きな御言葉を暗唱聖句として覚える一方、厳しい御言葉は聞こうとしません。自分の過ちを指摘されるような聖句には、耳をふさいでしまうのです。

 

事実、耳の痛い御言葉ほどわたしたちのためになります。そのことを認めないなら、わたしたちはパリサイ人と同じです。

わたしたちは自分の罪に気づくことで、初めてイエスの十字架の意味を知ります。

十字架の意味を知れば、もうイエスを憎むことはできなくなります。

日本には「足を向けて寝られない」という言葉があります。眠っている間さえ受けた恩義を忘れないという意味ですが、人に対してそうならば、神に対してはなおさらでしょう。

 

救いの恵みはすぐそこにある

「わたしの時」は、現代のわたしたちにとって「救いの時」を意味しません。いまは「イエスの再臨の時」を指す言葉と言えるでしょう。

なぜなら、わたしたちは十字架によって、すでに救われているからです!

たとえ、その救いが自分の望むようなものでなかったとしても、その望みを越えた形でわたしたちは救われるのです。

再臨 キリストがクリスチャンを天国へ引き上げるため、また全世界の王として君臨するため、ふたたび前後して降臨されること。前者を携挙または空中再臨、後者を地上再臨という。

 

あなたはイエスによる救いを信じていますか?

聖書に書いてあるとおり、生まれる前から救われるように定められていた、とクリスチャンは信じることができます(エフェソ1:4)。その喜びを胸に、イエスがふたたび来られる日を待ち望みましょう。

 

遜の黙想

天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、けがれのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました(エフェソ1:4)

この宇宙ができる前から、ぼくがこの世に生まれることだけでなく、ぼくがキリストを信じることが決まっていたという、ただ神の一存によって・・・。

「人間とは何者だろう」と、ちっぽけな人間を顧みてくださる神を讃美する詩が遺っているが(詩編8:4)、本当にそう思う。しかもその顧み方は、もはや規格外である!

ぼくの罪を帳消しにするために、ご自分の一人息子を人間として天降りさせ、ついにはしょくざいの捧げ物として十字架につけてしまう。その計画もまた、天地創造の時点で定まっていた。

 

キリストは十字架にかけられたのち復活し、約2000年の時を経て、神の計画を成就させるためにぼくの前に現れてくださった。神の“安田遜救済計画”は、実に6000年越しで実現したのであった!

ぼくはその計画を知る由もなかったが、旧約時代のユダヤ人は、預言者を通して「メシア到来」を告げ知らされていた。しかし、多くのユダヤ人はその実現を待たず死んでいった。ぼくが当時のユダヤ人だったら、“メシア来る来る詐欺”だと思ったことだろう。

イエスがメシアとして現れてもそれを信じず、のちにホロコーストを経験したユダヤ人の中には、無神論に転じた人も少なからずいるという。もはや神を待ち望むのが愚かしくなってしまったのである・・・。

 

しかし、神の計画はことごとく遂行される、たとえその実現が遅いように思えても。いま、クリスチャンの最大の関心事は「キリストの再臨」である。

世界戦争・疫病・飢餓・・・。世界情勢が聖書の預言どおりに整いつつあるいま、ぼくは目先のことに囚われず、キリストの救いの時を待ち望んでいたい。

神がキリストを通してぼくを救ってくださったことに感謝し、「その時」に希望を抱いて祈りつづけられるように、聖霊の満たしを求めていこう。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)