遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】ニンゲンが人間に戻るために必要な食べ物

 

ワインとブドウ

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ぼくは歴史が好きで、中国の歴史書『正史 三国志』なんか読んでると、メチャクチャびっくりすることが書かれてるんですよ。

なんでも籠城中に兵糧が尽きてくると、城主は自分の妻とかめかけを殺して、その肉を配下の兵士に与えたんだそうです。それが「崇高な行い」として書かれてるから、時代って怖いなと・・・^^; 日本でも大飢饉のときには、仕方なく人肉を食べることがあったそうですけどね。

今日はそんなグロテスクな表現が本題の中にも出てきます。でも、いわゆるカニバリズムじゃありませんので、安心して最後まで読んでみてくださいね!

 

さて今回は、先週8月9日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年8月9日 聖霊降臨節第11主日礼拝

2020年8月9日
聖霊降臨節第11主日礼拝

この日は、新型コロナウイルスの感染予防策として「詩編」は交読せず、牧師先生の読み上げる声を聴いていました。

 

交読詩編は、「詩編」第78編23~39節。要約すると、

「神は放浪の民の上にマナを降らせ、食べ飽きるほどの糧を送られた。神はまた、彼らの上に鳥を降らせ、その肉で彼らの食欲を満たしてくださった。
しかし、彼らが欲望から離れなかったので、神の怒りが燃えさかり、肉で肥えた若者は死に絶えた。彼らはそれでも御業を信じず、神はその罪ゆえに彼らを皆殺しにしようとされた。
そこで彼らは神を捜し求めたが、その心は神に忠実ではなかった。しかし、神は憐れみ深く、怒りを静めて罪をあがなわれる。神は御心に留められた、人間は過ぎ去って帰らない風にすぎないことを」

という内容です。マナとは、荒れ野をさまよっていたユダヤ人が神に恵んでいただいた食べ物で、蜜入りウエハースのような味がしたそうです。ということで、今回のキーワードは「糧」

 

牧師説教はせいさんの恵み」と題し、「ヨハネによる福音書」第6章41~59節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

今回は全文を引用すると長くなりすぎるため、ぼくが『聖書 新共同訳』をもとに要約した文章を掲載します。ご了承ください。

 

ユダヤ人たちはイエスが言われたことについて、「彼はヨセフの息子ではないか。我々はその両親も知っているというのに、なぜ『わたしは天から降って来た』などと言うのか」とつぶやき始めた。

そこでイエスは答えられた。「つぶやき合うのはやめなさい。わたしの父が引き寄せてくださらなければ、だれもわたしのもとに来ることはできない。わたしはその人を終わりの日に復活させる。

聖書に『彼らは皆、神によって教えられる』とあるように、父から学んだ者は皆、わたしのもとに来る。父を見た者は、神のもとから来た者のほかには一人もいない。はっきり言っておく。信じる者は永遠の命を得ている。

わたしは命のパン、天から降って来た生きたパンである。マンナを食べたあなたたちの先祖は死んでしまったが、そのパンを食べる者は永遠に生きる。そのパンとは、世を生かすためのわたしの肉である。」

そこでユダヤ人たちは、どうやって自分の肉を食べさせるつもりかと、互いに激しく議論し始めた。イエスは言われた。「はっきり言っておく。人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたたちの内に命はない。わたしの肉はまことの食べ物、血はまことの飲み物だからである。

わたしを食べる者はいつもわたしの内におり、わたしもまたいつもその人の内にいる。わたしが父に遣わされ、父によって生きるように、その人もわたしによって生きる。これは天から降って来たパンであり、これを食べる者は永遠に生きる。」

 

―「ヨハネによる福音書」第6章41~59節(独自に要約)

 

「わたしの肉を食べ、血を飲みなさい」というイエスの暴論に秘められた恵み

神の横暴なまでの愛が信仰を与える

「わたしは天から降って来たパンである」――これはユダヤの人々にとって、マナ(マンナ)を思い起こさせる言葉です。

イエスの口からその言葉を聞いた人々は、「アイツはどういうつもりであんなこと言ってやがるんだ!?」とつぶやきました。別の訳では「不平を言う」と表されていますが、それは出エジプトの民も同じでした。

 

かつて奴隷とされていたエジプトを脱してからの40年間、ユダヤ人は荒れ野を旅しながら、神のさまざまな御業に救われてきました。例えば、

  • エジプトの追撃隊に追い詰められたとき、海が左右に割れて逃げ道ができた
  • 飢餓状態に陥ったとき、天からマナという食べ物が降ってきた
  • 肉が食べたくなったとき、宿営地にウズラの大群がやって来た

などです。これほどの御業を目にしても、出エジプトの民は神に信頼せず、事あるごとに指導者・モーセに不平を言い募るのでした。

 

それと同じように、人々もイエスを信頼せず、

「アイツは学も地位も権力もない、ただの大工の息子じゃないか! それなのに自分を神と同じ者のように言うなんて、神へのぼうとくだ!」

と不平を言い合ったのです。

 

一方、イエスはそのような人々に対してこう言われました、

「わたしの父が引き寄せてくださらなければ、だれもわたしのもとへ来ることはできないのだ」

ここに「引き寄せる」とある言葉は、「引きずる」という、より強い意味の言葉にも訳されています。そこからは、2つのことが読み取れるでしょう。

 

1つは、神が人間に対して抱いておられる思いはそれほど強いのだ、ということ。

もう1つは、人間はそれほど強く働きかけられないとイエスを信じられないのだ、ということです。

 

イエスを食べるとはどういうことか?

イエスはさらに、「わたしは天から降って来た命のパンであり、これを食べる人は永遠に生きる」と言われました。ご自分をパンとして表現しておられるのです。

これはまさに、聖餐(せいさん)を表しています。

最近、日本基督教団では、“差別”を理由に未受洗の人も聖餐にあずからせる教会が問題となっています。聖餐式は、イエスを信じるからこそ意味があるのです!

聖餐式 〈最後の晩餐〉でキリストが弟子たちに命じた儀式。キリストの体をパンに、キリストの血をブドウ酒に比し、それを頂くことでキリストの十字架上の死を思い返す。ブドウジュースを使う教会もある。

 

聖餐式のパンとブドウ酒(ブドウジュース)は、イエスを信じる人にとって、永遠の命に至る「命の糧」となります。

信じない人にとっては、ただひと欠片かけらのパンとほんの少しのワインに過ぎません。腹の足しにもならないでしょう。

 

そこでイエスはまた、「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲まなければ、きみたちの内に命はない」と言われました。実は、この言葉はわたしたちへの問いかけでもあるのです、

 

「わたしの十字架上の犠牲なしに生きられるのか?」

 

クリスチャンかどうかにかかわらず、わたしたちは聖餐なくしては生きられない、永遠の命を得ることができない存在です。

だからこそイエスは、「聖餐にあずかれるように、わたしのもとへ来なさい」と、わたしたちを招いてくださっているのです。

 

また、イエスはこうも言っておられます、

「わたしの肉と血を食する人はいつもわたしの内におり、わたしもまた、いつもその人の内にいるのだ」

「いつもいる」と訳されている言葉は、もともと「とどまる・つながる」と同じ意味を持っています。そこで連想するのは、〈ブドウの木のたとえ〉です。

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。

 

―「ヨハネによる福音書」第15章5節(新共同訳)

 

いつもイエスとつながり、この約束を自分のものとするためには、聖餐にあずかること――つまり、イエスの肉を食べ、イエスの血を飲むことが大切なのです。

 

十字架に生かされ、復活を待ち望む

「聖餐にあずかる人は、永遠の命を得ている。わたしはその人を終わりの日に復活させる」と、イエスはわたしたちに約束しておられます。

さて、わたしたちはそのことを意識して聖餐に臨んでいるでしょうか?

聖餐式とは、イエスの十字架を思い起こして感謝するためのものです。でもそれだけでは、決して十分ではありません。

 

約束された「永遠の命」と「復活」への希望を、新たに持ち直すことが大切です。

 

死を恐れたり、死を終わりだと思ったりしていませんか?
――それでは、本当の意味でイエスを食べているとは言えません。

終わりの日、終末について意識していますか?
――自分の生きているうちには来ないと高をくくっていてはいけません。

「初穂」としてのイエスの復活を信じていますか?
――イエスが神の子だからこそ特別に復活できたのではありません。

永遠の命と復活は、イエスが間違いなく約束してくださっていることだと、しっかり心に留めましょう。

 

また、次の言葉も心に留める必要があります、

「生きておられる父がわたしを遣わされ、わたしが父によって生きるように、わたしを食べる人もわたしによって生きるのだ」

ここでは「生きる」が3回くり返され(「生きておられる」を含めて)、それぞれの命の根拠が示されています。

 

生ける神の命がイエスを、イエスの命がわたしたちを支えているのです。

 

イエスが十字架の上でご自分の肉を裂き、血を流されたことで、わたしたちは永遠の命という希望を与えられました。その希望を抱きつつ、神によって生きていきましょう。

 

遜の黙想

ぼくがキリストを信じないまま教会をのぞいていたら、きっと聖餐のような儀式を気味悪がっただろう。〈主の祈〉を口にすることさえ嫌がっただろう。

事実、職場で出会ったクリスチャンに連れられて初めて礼拝に参加したとき、ぼくはかたくなに讃美歌をうたわなかった。心の中で「自分はキリストを信じていない」とくり返していた。

そのぼくがいま、神を称える詩歌に涙し、キリストの御名に信頼して日々祈りを捧げ、キリストの血肉にあずかりたいと切望している。神がぼくを引きずってくださったのである!

 

2019年春、神はある教会にぼくを引きずって行かれた。それからの1年間、ぼくは兄弟姉妹が聖餐にあずかるのを指くわえて見ていた、まだその資格がなかったから。

そして今春、ぼくは洗礼を受けて聖餐式に連なる信徒となった! しかし、折からのコロナ禍がぼくを聖餐から遠ざけている。ぼくはまだ、一度も聖餐にあずかったことがないのである・・・。

もう個人的に聖餐式を行ってしまおうかと思えるほど、ぼくにとって聖餐は単なる定例儀式ではなくなっている。聖餐とは、キリストから直々に命を頂くことなのだと思う。

兄弟姉妹 クリスチャンが同じ信仰を持つ人に対して用いる敬称。ただし、一般的には「●●さん」と呼ぶことがほとんどで、兄弟姉妹と呼んだり呼ばれたりすることを好まないクリスチャンもいる。

 

聖餐に当たり、毎回〈制定語(せいていのことば)〉というものが読み上げられる、「ふさわしくないままで主のパンと杯にあずかる者は、主の体と血を犯すのであります」。

そして、今回の説教で牧師先生は言われた、「聖餐では、永遠の命と復活への希望を持つことが大切です」。聖餐を許されないいま、学びのための猶予が与えられているのではないだろうか。

十字架・永遠の命・復活・・・。それらの意味を十分に理解できていないと感じることが、ぼくには多々ある。初めての聖餐が許されるその日まで、ぼくはキリストの御業の大きさを改めて心に刻みたい。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)