遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】カラダ生かしてタマシイ殺す、矛盾した地上生活

 

聖餐式のパンとブドウ酒

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

今回は、聖餐式(せいさんしき)で使われるパンとブドウ酒の画像を貼りました。予備知識として、聖餐式というものを知っていただく魂胆ですw

「ミサ」って言葉を聞いたことがあると思いますが、それがカトリック教会でいう聖餐式です。これはかの有名な〈最後の晩餐〉の場で、キリストが弟子たちに命じた儀式なんですね。

パンはキリストの体を、ブドウ酒はキリストの血を象徴してて、それを頂くことでキリストの十字架上の死を思い返します。ちなみにウチの教会は、ブドウジュースを使ってます(^艸^)

 

実はコロナ禍の影響でまだ初聖餐を経験してないことを告白して・・・、先週8月2日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年8月2日 聖霊降臨節第10主日礼拝

2020年8月2日
聖霊降臨節第10主日礼拝

この日は平和聖日です。日本基督教団が独自に制定した記念日で、8月の第1日曜日がそれに当たります。詳しくは牧師先生の解説文(抜粋)をご覧ください。

 

1961年、日本キリスト教団の西中国教区(広島・山口・島根の3県)が、8月6日の原爆投下の日、またはその直前の日曜日を「平和聖日」とすることを提案しました。

その後、西中国教区は教団全体で平和聖日を守ることを建議し、1962年に可決されました。原爆の悲惨さを経験した広島の諸教会の祈り、核廃絶に向けての祈りが発端でした。

「平和聖日」は第二次世界大戦、そして原爆という悲惨な過去を思い、平和を祈るものですが、戦後75年を経た今、わたしたちは心の平和についても考える必要があると思います。

わたしたちは戦争には苦しんでいませんが、新型コロナウイルス感染症によって、健康だけでなく経済的に苦しい思いをしておられる方も多いでしょう。また、感染症に対する考え方の違いにより、トラブルが発生することもありました。

平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる(マタイ5:9)

具体的に平和を作り出すことは大変難しいことかもしれません。だからこそ、わたしたち自身が、神が共にいてくださる恵みに感謝しながら、祈って歩んでいきたいと思うのです。

 

年々、戦時中の話を聞く機会が少なくなっていると感じます。ぼく自身、過去の戦争・海外での紛争について、真剣に考えようとしてこなかったのも事実です。

いまの平和をどう未来につなげるのか、歴史に学ばなければいけません。まずは、キリストにある平和によって、自分の周りの小さな環境を変えていけたらと思います。

 

さて、今回の読上げ詩編は、「詩編」第68編2~11(1~10)節。要約すると、

「神に逆らう者は煙が吹き払われるように、ろうが火に溶けるように滅び去る。神に従う人は誇らかに喜び祝い、その祝宴を楽しむ。神の御名をほめ歌え。神の御前に喜び勇め。
神は捕われの民を導き出し、豊かに雨を賜った。恵み深い神よ、あなたは衰えていた相続地を固く立て、貧しい民のために備えてくださった」

という内容です。今回のキーワードのある「食べ物」を食べれば、クリスチャンの相続地=天国で永遠の命を享受することができます。

 

牧師説教は「永遠の命に至る食べ物」と題し、「ヨハネによる福音書」第6章22~27節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

その翌日、湖の向こう岸に残っていた群衆は、そこには小舟が1そうしかなかったこと、また、イエスは弟子たちと一緒に舟に乗り込まれず、弟子たちだけが出かけたことに気づいた。ところが、ほかの小舟が数そうティベリアスから、主が感謝の祈りを唱えられた後に人々がパンを食べた場所へ近づいて来た。

群衆は、イエスも弟子たちもそこにいないと知ると、自分たちもそれらの小舟に乗り、イエスを捜し求めてカファルナウムに来た。そして、湖の向こう岸でイエスを見つけると、「ラビ、いつ、ここにおいでになったのですか」と言った。

イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。あなたがたがわたしを捜しているのは、しるしを見たからではなく、パンを食べて満腹したからだ。

朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。これこそ、人の子があなたがたに与える食べ物である。父である神が、人の子を認証されたからである。」

 

―「ヨハネによる福音書」第6章22~27節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

 

奇跡の人・イエスを追ってパンを求めた人々の近視眼的欲求

ガリラヤ湖畔で行われていた聖餐式

今回のお話は、〈5000人の給食〉の奇跡から続くものです。「湖の向こう岸に残っていた群衆」とは、その奇跡を経験した人々を指しています。

5つのパンと2匹の魚で5000人以上もの人々を満腹させた奇跡は、イエスの「メシア性」を示すものでしたが、人々は必ずしもそのように受けとめたわけではありません。

「この人をオレたちの王にしよう! そうすりゃ、オレたちは食いっぱぐれなくて済む。この人は『ユダヤ王』になるべきお方なんだ!」

人々はそんなふうにイエスを見ていました、メシア=救い主としてではなく・・・。その思惑を見抜いたイエスは、人々から逃れるようにガリラヤ湖を渡られたのでした。

 

〈5000人の給食〉の記事はコチラ
【礼拝】人はパンのみにて生くるにあらず

 

さて、イエスは人々のもとを立ち去りました。人々はイエスがまだ近くにおられると思ってそのあとを追いますが、イエスはすでに湖の対岸へ渡られたと気づきます。

湖に舟はありませんでしたが、人々にはイエスの不思議な力への執念がありましたから、決して諦めることはしませんでした。そこへ数そうの舟がやって来ます。

聖書は、それらの舟が「ティベリアスから」のものであると、わざわざ地名をあげて記しています。このティベリアスという港町は、ユダヤ王・ヘロデがローマ帝国への忠誠を示すために、ローマ皇帝の名前を冠して奉献したものです。

福音書著者・ヨハネは、人々がローマ皇帝の名前で呼ばれる町から来た舟でイエスを捜した、ということを強調しているのです。

 

また、それ以降の記述も見てみましょう、「主が感謝の祈りを唱えられた後に人々がパンを食べた場所へ近づいて来た」――実に回りくどい書き方ですね。

その回りくどさを通して、ヨハネは「ここは大切だぞ!」と言っているのです。

この部分は〈主の感謝〉、聖餐式を表しています。聖餐式でパンと杯にあずかることは、イエスを救い主と信じる者、クリスチャンであることの証です。

 

ヨハネがわざわざえんな書き方をしたのは、命の源であるイエスの食事=聖餐にあずかった人々のいた場所へ・・・、ということを強調するためだったのです。

 

たかが100年の安楽のために働くのか?

人々は聖餐の場から漕ぎ出し、イエスとの再会を果たします。人々は「やっとお会いできました!」と喜んでいいはずですが、「いつここに来られたんですか?」と批判的です。人々の本音はもっと過激でしょう。

「ラビ(先生)、わたしたちはあなたを王にしようとしてるのに、なんで離れて行っちゃうんですか!?」

このように人々は、自分の思いどおりに動いてくださらないイエスに対して、イラ立っていたのです。そういうことはわたしたちにもあるでしょう。

 

わたしたちはよかれと思って、だれかになにかをすることがあります。でもそれが伝わらないとき、「せっかく●●したのに!」と、相手にイラ立ってしまうことがあるものです。

それは、自分の行為に対する期待があるからです。「こうすれば感謝されるだろう」とか「これをやれば称讃されるだろう」とか・・・、わたしたちは無意識にでも期待してしまっています。

 

それは神に対しても同様で、「これだけ信仰してるんだから」とか「あれほど奉仕したんだから」と、自分の犠牲への報酬として恵みを求めてしまうのです。

でも、現実には報われないこともある。神を信じても不幸は起こる。

そういうとき、わたしたちは神に不満を抱くし、「本当に救ってくれるの?」と神を疑うことだってあります。出エジプトの民はまさにそうでした。

奴隷状態から救われて荒れ野をさまようことになったら、「あのままエジプトにいたほうがよかったんだ!」と言うし、マナという食べ物を毎日恵んでいただいても、「こんな粗末なもんじゃなくて肉が食いてぇ!」とわめくのです。

マナ 神が荒れ野を放浪するユダヤ人に与えた食べ物。コリアンダーの種に似て白く、蜜の入ったウエハースのような味がしたという。「マーン・フー(いったいなんだろう)」が名前の由来で、マンナともいう。

 

イエスはそのような心中を察し、ご自分を追って来た人々に言われます、

「あなたたちがわたしを追って来たのは、ただパンを食べて満足したからでしょう。あなたたちはあの奇跡を見て、わたしを信じたわけではない」

前のセクションの冒頭に綴ったように、人々はイエスをメシアとしてではなく、“地上の王”としてあがめていました。しかも、食べ物に困らないと考えたから、という理由によってです。

 

そこでイエスはまた、「朽ちる食べ物のためでなく、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい」と説かれました。どういうことでしょうか?

朽ちる食べ物とは、置いておけば腐ってしまう普通の食べ物はもちろん、金銭や地位といったものも含まれます。でもわたしたちは、それらを求められないと心を騒がせてしまいます。

一方、永遠の命に至る食べ物とは、「神の御言葉」を意味します。

イエスは荒れ野で悪魔の誘惑を受けたとき、旧約聖書の言葉を引用して「人はパンのみで生きるのではない」と言われました(マタイ4:4)。イエスは「聖書の言葉=神の御言葉」によって悪魔を退けられたのです。

 

イエスはここで朽ちる食べ物の必要性を否定しておられるのではありません。そうであれば、〈5000人の給食〉の奇跡はなさらなかったでしょう。

朽ちる食べ物は生きるために必要ですが、わたしたちはそれだけでは生きられないのです。では、「永遠の命に至る食べ物のために働く」とはどういうことでしょうか?

その答えは、今回の箇所のすぐあとに記されています。

イエスは答えて言われた。「神がお遣わしになった者を信じること、それが神の業である。」

 

―「ヨハネによる福音書」第6章29節(新共同訳)

 

「永遠の命に至る食べ物=神の御言葉」のために働くとは、神がお遣わしになった者――つまりイエス・キリストを信じることなのです。

 

耳目で食べる命のパン

さて、人々はイエスの食事=聖餐にあずかった場所、命のパンが与えられた場所から、イエスを捜しに出発しました。

でも、人々は命のパンを求めていたわけではありませんでした。

いまわたしたちは、御言葉を「自分を生かす言葉」として聞いているでしょうか? それとも、「道徳的ないいお話」として聞いているでしょうか?

また、イエスの言葉を「自分自身に語られている言葉」として捉えているでしょうか? それとも、「大衆一般に語られている言葉」として捉えているでしょうか?

 

イエスの御言葉は、わたしたち一人ひとり、それぞれに与えられる「命のパン」です。それはわたしたちの血となり骨となり、わたしたちを永遠の命へと導いてくれるものなのです。

 

遜の黙想

神の御言葉は蜜よりも甘いという(詩編119:103)。それならば、ぼくは生粋の甘党だから、聖書にかじりついて御言葉を求めるはずである。しかし、実際はどうだろう?

「朽ちる食べ物」と「永遠の命に至る食べ物」を――「罪」と「永遠の命」を目の前にぶら下げられたら、ぼくは前者を選んでしまっているのではないだろうか。

御言葉は甘い、それは“理屈”として知っている。罪もまた甘い、それは“経験”として知っている。キリストを信じるまでの30年弱、ぼくは罪を貪りながら過ごしていたのだから。

慣れ親しんだ罪の甘さを離れることは容易ではない。しかも罪の甘さは濃厚で、手を替え品を変え、さまざまにぼくを誘惑してくる。罪はわく的で、体はその妖艶さに目ざとい!

 

ぼくはよき羊飼いに守られている羊であり、その牧場には「永遠の命に至る食べ物」が備えられている。一方、柵の外では「朽ちる食べ物」が香りを放っており、それをエサに狼の群れがぼくを狙っている。

狼たちは決して柵の内側に入って来れない。だから、ぼくが自ら柵を乗り越えて来るように、「朽ちる食べ物」を旨そうに喰ってみせる。ぼくがそれを好きだったのを知っているのである。

ぼくは何度柵を乗り越え、牧場から迷い出たことだろう・・・。そういうとき、ぼくは一方で罪悪感を抱きながら、一方でこう思うのである、「永遠の命なんて幻想かもしれない」。

いつか滅ぶべき世から出た「朽ちる食べ物」と、すべての根源である神から出た「永遠の命に至る食べ物」のどちらが幻想か、目先の利益に惑わされて自分を欺いてしまう・・・。

 

キリストはぼくに永遠の命を与えるため、十字架の上で体を裂き、血を流してくださった。そのキリストを信じることが、「永遠の命に至る食べ物」のために働くことだという。羊飼いに信頼し、牧場の草をんでいるだけでいいのだという。

わざわざ柵越えして「朽ちる食べ物」を求めてしまうのは、まだぼくの舌に「永遠の命に至る食べ物」が甘く感じられないからだと思う。御言葉を心から求めてはいないのである・・・。

神のしてくださった御業がいかに大きなものかを、また御言葉がいかに甘美なものかを“経験”として知るために、聖霊の満たしを祈り求めながら、日々聖書に親しんでいこう。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)