遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】たった一つのゴールを目指し、それぞれの旅を生きよう!

 

ガリラヤ湖で舟に乗る使徒たち

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ぼくは10代のとき、高橋歩さんって旅人の本を読んで、バックパッカーに憧れた時期がありました。高橋さんに影響されて、「自分探し」のためにインドへ一人旅に出かける若者は多かったらしいですよ。

結局、ぼくは一人旅する勇気が出なかったんですけど、旅先で出会う「新たな自分」ってゴールではないですよね。新たな自分を見つけたら、またその自分との旅が始まるわけで。

人の生き方って、ゴールをどこに設定するかで変わるし、どうやってそこへ到達するかでも変わりますね。ぼくのゴールはもう決まってるんで、いまはそこへのルートを模索してるところです!

 

さて今回は、先週7月26日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年7月26日 聖霊降臨節第9主日礼拝

2020年7月26日
聖霊降臨節第9主日礼拝

この日は、新型コロナウイルスの感染予防策として「詩編」は交読せず、牧師先生の読み上げる声を聴いていました。

 

読上げ箇所は、「詩編」第54編3~9(1~7)節。要約すると、

「神よ、わたしを救ってください。わたしの祈りに耳を傾けてください。暴虐な者どもがわたしの命をねらっています。彼らは神の御心を知ろうとしないのです。
見よ、神はわたしを苦難から救い出してくださる。わたしは進んでいけにえをささげ、恵み深いあなたに感謝します。わたしの目が敵を支配しますように」

という内容です。敵前の恐怖の中でも神さまを信じ、実際に救われる前に感謝してしまっています。凄まじい信仰です。今回のキーワードは、「神がともにおられる」にしましょう。

 

牧師説教は「目指す地へ進もう」と題し、「ヨハネによる福音書」第6章16~21節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

夕方になったので、弟子たちは湖畔へ下りて行った。そして、舟に乗り、湖の向こう岸のカファルナウムに行こうとした。既に暗くなっていたが、イエスはまだ彼らのところには来ておられなかった。

強い風が吹いて、湖は荒れ始めた。25ないし30スタディオンばかり漕ぎ出したころ、イエスが湖の上を歩いて舟に近づいて来られるのを見て、彼らは恐れた。

イエスは言われた。「わたしだ。恐れることはない。」そこで、彼らはイエスを舟に迎え入れようとした。すると間もなく、舟は目指す地に着いた。

 

―「ヨハネによる福音書」第6章16~21節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

 

ガリラヤ湖の嵐に吹かれる弟子たちとその信仰心

信頼は恐怖にまさる

「ヨハネによる福音書」ではほかの3福音書と異なり、イエスは常に弟子たちと行動をともにしておられます。それは弟子たちにご自分を見習わせるためで、宣教もイエスご自身がなさっていました。

でも今回のお話で、イエスと弟子たちは珍しく別行動を取っています。実は、イエスは人々から隠れるように、山の中へ逃げておられたのです。

と言うのも、イエスの奇跡を目の当たりにした人々が、イエスをメシア=救い主と信じるのではなく、“便利な人”として利用しようと考えていたからでした。

 

さて、イエスと離ればなれになった弟子たちは、対岸の町・カファルナウムを目指してガリラヤ湖を漕ぎ出しますが、運悪く嵐に見舞われてしまいます。

聖書はそのときの様子を「荒れ始めた」と記しています。この言葉は直訳だと「波が起き上がらされた」となり、なんとも回りくどい言い方です。

でも、湖はまさにそのような状況だったのでしょう。もと漁師で舟の扱いに長けているはずのペトロやゼベダイの子たちにも、とても対処できないような嵐が起こったのです。

 

弟子たちのいる場所は、岸から25~30スタディオン(5キロメートル前後)。ガリラヤ湖は南北に約20キロメートル、東西に約11キロメートルの湖ですから、半分近くまで漕いだことになります。

湖のほぼまん中にいて、進むことも戻ることもできない状況。そんな弟子たちのもとへ、イエスが近づいて行かれました。なんと湖の上を歩いて行かれたのです!

でも、弟子たちに安堵した様子は見られません。むしろ逆で、湖上のイエスの姿に恐れを抱いています。恐怖の理由は記されていませんが、まさかこんなところに人がいるわけがないと思ったのでしょうか、「マルコによる福音書」などには、幽霊だと思って恐れた、とあります(6:49b)

 

そこでイエスは、弟子たちにこう声をおかけになりました。

 

わたしだ。怖がることはない」

 

この「わたしだ」という言葉は、ほかの箇所でもよく目にするもので、イエスがご自分のことを言い表すときに使われています。例えば、

  • わたしが命のパンである(ヨハネ6:35)
  • わたしは世の光である(8:12)
  • わたしは復活であり、命である(11:25)
  • わたしは道であり、真理であり、命である(14:6)

などです。これらはもともと、「わたしだ。●●である」という書き方で表現されています。

 

弟子たちはこの「わたしだ」という声かけによって、イエスをイエスだと認識できました。それは、イエスと弟子たちの信頼関係があったからでしょう

わたしたちも家族などの親しい人に電話をかけるとき、わざわざ名乗らなくても「わたしだよ!」とさえ言えば、相手に認識してもらえます。それはお互いに信頼関係で結ばれているからです(この信頼関係は「オレオレ詐欺」などに悪用されもしますが・・・)

 

イエスは恐怖にすくむ弟子たちに、この信頼関係を思い出させたのです。

そして弟子たちは、イエスこそが恐怖を取り除く力であることを、改めて認識したのでした。

 

ゴールへの船路をだれと行くのか?

湖上の人物が幽霊ではなく主イエスだとわかった弟子たちは、イエスを舟の中へ迎え入れようとします。――が、その矢先、舟は目的地に着いてしまっています! おかしなことです。

ちょっとほかの福音書の、同じ出来事を記した箇所を見てみましょう。

すると、「イエスが舟に乗った→嵐が鎮まった→目的地に到着した」という流れが、はっきりと記されています。でも、「ヨハネによる福音書」ではそうではない。

著者・ヨハネにとって、イエスが舟に乗り込んだかどうか、嵐が鎮まったかどうかは、さほど重要なことではないのです。では、なにが重要なのか?

 

弟子たちが恐怖を忘れてイエスを迎え入れようとした、という事実こそが重要なのです。

弟子たちが目的地にたどり着けたのは、決して嵐が鎮まったからではありません。嵐がどうなったかにかかわらず、イエスを受け入れたからこそ、弟子たちはゴールできたのです!

 

弟子たちを襲った嵐のように、わたしたちの人生にも、自分の力ではどうすることもできない出来事が起こることがあります。

そのようなときでも、イエス・キリストがともにいてくださるのだと信じましょう。

イエスを信じ受け入れさえすれば人生の嵐は鎮まる、いいことだらけの平穏な人生に変わる――。そんなことはありえません。相変わらずツラいことのほうが多いかもしれない。

でも、苦しみや悲しみの中でともにいてくださるのが、イエス・キリストという方です。わたしたちはこのイエスとともに、どんな状況にあっても、それぞれの目指す地へ到達することができるのです。

 

イエスは弟子たちとともにカファルナウムへ上陸されましたが、その地は通過点に過ぎませんでした。イエスの真の目的地はエルサレムであり、そこで待ち受ける「十字架」です。

十字架はイエスにとってゴールでしたが、弟子たちにとっては喪失でした。

のちに復活して弟子たちの前に現れたとき、イエスはこのときのように「わたしだ」とはおっしゃっていません。ただ、行動によってご自分であることを示されました。

復活を信じようとしない弟子・トマスに、自ら「さぁ、わたしの手の穴を見なさい。この脇腹の傷痕に手を差し入れてみなさい」と言われたのです。

 

トマスはそのことによって信仰告白に導かれましたが、弟子たちの人生で嵐が鎮まることはありませんでした。ユダヤ社会からの追放と迫害、そして殉教・・・。

弟子たちの人生には、暴風雨が吹き荒れつづけていました。それでもイエス・キリストこそが神だと信じ抜き、ひたすら目的地へと漕ぎ進んだのです。

 

神の国を目指して

クリスチャンの目的地とは、いったいどこでしょうか?

――それは神の国です。神の支配が広くこの世界に及ぶことこそ、クリスチャンの目指すべきゴールです。

 

その実現を心から願って、クリスチャンは〈主の祈り〉の中で「御国を来たらせたまえ」と祈ります。

〈主の祈り〉は、ただそう書いてあるから、と形式的に祈るものではありません。クリスチャンが目的地を目指すための祈りなのです。

クリスチャンは毎週の礼拝を終えると、それぞれの場所へ「派遣されて」いきます。人々に御言葉を伝え、神の国を建設するために。

 

イエスはツラい現実を生きる一人ひとりに語りかけ、ご自分がともにいることを信じてほしいと願っておられます。わたしたちはどんなときでもイエスを信頼し、神の国を目指して進んでいきましょう。

 

遜の黙想

いろいろな本を読み、いろいろな人の話を聞き、自分の行くべき場所はあちらかこちらかと迷っていた。かつてのぼくは、まさに「迷羊ストレイ・シープ」だった。

そのような生き方をたとえるなら、なんの標識もない荒れ野の上で、または広漠たる海原の上で、ただ行き過ぎるだけのカラスやカモメを頼りに、進むべき方角を決めるようなものである。

オアシスに気づかず、孤島を見逃し、ぼくはついに生きる意欲を失った。すべてを捨てて人生を卒業しようとしたとき、かすかな「風」がぼくを仰がせた。そこに北極星があった。

北極星は闇の中で光り輝き、ぼくの行くべき場所を示してくれた。いや、北極星自体が目的地そのものになってくれた。その瞬間、ぼくの不安や恐怖は消えてしまった。

 

「ぼくは生きられる」――人生でもっとも自信に満ちあふれた瞬間だった。たった数秒前まで、ぼくは一切の望みを失っていたにもかかわらず。

周りは依然として荒れ野であり、海原はなんのしるべも与えてくれない。違うことはただ一つ、ぼくは北極星を見出した、ということだけである。カラスやカモメと違って、北極星はいつもそこにある。

それだけでなく、ぼくが決して迷わないようにと、北極星はぼくの中に降りて来てくれた。北極星は自分の本来あるべき場所へ、ぼくをたしかに導いてくれるのである。

 

キリストは、ぼくの思い煩いの闇に光り輝いてくださった。そして、いつもぼくの隣にいて、この荒れ野をともに歩き、この海原をともに渡ってくださる。

ぼくは弱い人間である。小さな砂嵐や遠くの雷鳴にも心くじかせ、あれこれと思い悩んで、もとの「迷羊ストレイ・シープ」に戻ってしまう。キリストという北極星を疑ってしまう・・・。

ぼくはもっとキリストに信頼したい、ぼくのために命を捧げてくださったキリストに。すべての重荷を下ろし、身軽になって神の国を目指せるように。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)

関連記事