遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】あなたの人生は自己啓発本の中には見つけられない

 

ブドウの木

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ぼくはノンクリ時代、自己啓発本にのめり込んだ時期がありました。10代後半~20代前半ぐらいですかね。表紙にデカデカと書かれてる文句がね、まぁカッコいいんですよ!

「人生に暇してる時間はない!」とか「きみは自由になるために生まれてきた☆」とかね。・・・カッコいいだけで身になりませんでした、全然。だって、ほとんど“自慢話”なんだもん(`^´)グヌゥ

自慢はいいから生き方教えてくれって方は、「聖書」を買うといいですよ。読み方の学びは必要ですけど、大切なことは全部そこに詰まってますから。汎用性高いしね!

 

ちょっと挑発的な導入を書いたところで、先週7月5日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年7月5日 聖霊降臨節第6主日礼拝

2020年7月5日
聖霊降臨節第6主日礼拝

この日は、新型コロナウイルスの感染予防策として「詩編」は交読せず、牧師先生の読み上げる声を聴いていました。

 

読上げ箇所は、「詩編」第126編1~6節。要約すると、

「主が捕われのイスラエルを連れ帰られると聞いて、わたしたちは夢見心地になった。その日、わたしたちは喜び祝い、国々も主の大きな業に驚くだろう。
涙と共に種蒔く人は喜びの歌と共に刈り入れ、種の袋を背負い泣きながら出て行く人は、束ねた穂を背負い喜びながら帰ってくる」

という内容です。今回は「種をまく人と刈り入れる人」がキーワードですが、むしろ「種をまかれた畑」がどうなったかに注目してください!

 

牧師説教は「御言葉を信じる」と題し、「ヨハネによる福音書」第4章27~42節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

今回は全文を引用すると長くなりすぎるため、ぼくが『聖書 新共同訳』をもとに要約した文章を掲載します。ご了承ください。

 

イエスがサマリアの女と話しておられると、買い物に行っていた弟子たちが帰って来た。弟子たちは2人が話しているのを見て驚いたが、詳しく問いただそうとはしなかった。

女は水がめを置いたまま町へ戻り、人々に「わたしのことをすべて言い当てた人がいます。あの方がメシアかもしれません」と言った。その間、弟子たちがイエスに食事を勧めると、イエスは言われた。

「わたしにはあなたがたの知らない食べ物がある。それは、わたしを遣わされた方の御心を成し遂げることである。あなたがたは刈り入れまで4か月あると言うが、わたしは言っておく。

畑は色づいて収穫を待っており、刈り入れる人は既に報酬を受け、永遠の命に至る実を集めている。『一人が種を蒔き、別の人が刈り入れる』ということわざどおり、あなたがたは他の人々が労苦したものを刈り入れ、その実りにあずかっている。」

さて、女の言葉を聞いたサマリア人たちはイエスを信じ、イエスのもとにやって来た。人々が自分たちのところにとどまってほしいと頼んだので、イエスは彼らの町に2日間滞在された。

そして、更に多くの人々がイエスを信じ、女に「わたしたちはもうあなたの言葉によってでなく、自分で聞いたこの方の言葉によって、この方が本当に救い主であると分かりました」と言った。

 

―「ヨハネによる福音書」第4章27~42節(独自に要約)

 

憎しみを超えてユダヤ人のイエスを信じたサマリア人たち

信じられる人との“コネ”を作るには?

イエスは〈ヤコブの井戸〉のかたわらで休憩中、そこへやって来たサマリア人の女性に「水を飲ませてください」と声をおかけになりました。

サマリア人とユダヤ人はかねてより敵対関係にありましたから、女性はユダヤ人であるイエスに水を求められたことに動揺します。

でも、自分の罪深い生活(バツ5で、夫でない男性と同棲していること)をズバリと言い当てられたことで、女性はイエスに心を開いたのでした。今回はそのお話の続きです。

 

イエスとサマリア女の出会いはコチラ
【礼拝】本当はカラダよりもココロが水を求めている

 

イエスと女性が話し込んでいる様子に、弟子たちは驚いています。普通、律法教師が軽々しく女性と話すことなどないし、相手がサマリア人なら、なおさらありえません。

ユダヤ人とサマリア人が親しく話していること、教師であるイエスが女性と話していること、それらが弟子たちを驚かせたのです。

 

さて、女性の性的に堕落した生活は、同じ町に住むサマリア人にも知られていたことでしょう。だからこそ、女性は人目を避けるように生活していました。

でもそんな女性が、ここでは自分のほうから町の人々に声をかけ、イエスを紹介しています。しかも、「わたしのことをすべて言い当てた」と言っていますから、自分の罪を認めて人々に告白したのです。

これには同じ町のサマリア人たちも驚いたはずです。普段まったく関わりを持っていない人が、急に自分たちに語りかけてきたのですから。

 

一方で女性は「メシアと、自信なさげな言葉を使ってもいます。たしかに女性のイエスへの理解は十分でありませんでしたが、信じるに足る出来事は体験しているのです。

その出来事を話したことで、サマリアの人々はイエスを信じるようになりました。そして、イエスのもとを訪ねてこう言います、「わたしたちの町にとどまってください」

いま一度、ユダヤ人とサマリア人の関係を思い出してください。彼らは「敵対」しているはずなのです。それにもかかわらずサマリアの人々は、ユダヤ人のイエスに泊まってほしいと勧めています。

自宅にだれかを泊めるのは、イスラエルの善き習慣でもありました。それは旅人に奉仕して、「愛の業」を実践するためのものでした。サマリアの人々は、イエスに愛の業を施したいと願ったのです。

 

また、「とどまる・滞在する」という言葉は、「ヨハネによる福音書」において非常に重要な意味を持っています。別の箇所からイエスの言葉を引用します。

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。

 

―「ヨハネによる福音書」第15章5節(新共同訳)

ここで「つながる」と訳されている言葉は、「とどまる・滞在する」と訳されているものと、同じギリシャ語の言葉が使われています。

 

つまり、サマリアの人々がイエスに言った言葉は、

「イエスさま、わたしたちとつながっていてください!」

と言い換えることができるのです。

 

「同じ釜の飯を食う」という日本の慣用句どおり、寝食をともにして初めてお互いを理解し合えることがあるものです。

イエスがサマリアの人々の願いに応え、彼らの町に「滞在した」ことで、サマリアの人々はイエスに「つながって」実を結び、信仰告白へと導かれたのでした。

 

あなたもわたしも救われるべき人

サマリア人の信仰告白のきっかけとなったのは、「水を飲ませてください」というイエスの言葉でした。一人の女性へのこの御言葉が、彼女を通してサマリアの人々へとつながったのです。

でも、女性もほかの人々も、はじめからはっきりと信仰を持っていたわけではありません。その信仰がかたくなったのは、イエスとつながってからのことでした。

サマリアの町に滞在中、イエスが人々になにを話されたかは記されていませんが、重要なのは、彼らがイエスを「メシア=救い主」だと告白していることです

 

人々は女性に「もうあなたが話してくれたから信じるのではありません」と言いました。これは決して女性の働きを否定する言葉ではありません。

女性はたしかに伝道者としての役割を果たしました!

ただ、まことの信仰が与えられたのは、イエスの御言葉を聴いたからです。まさにブドウの木から養分が流れ、サマリア人のうちに実を結ばせたのです。

 

「ヨハネによる福音書」第3章に、ニコデモという律法教師が登場します。

ニコデモは「イエスさまは神のもとから来られた方です!」とイエスを絶賛していますが、それはイエスのなさる奇跡の数々を見たからに過ぎませんでした。

ニコデモは、サマリアの人々のようにイエスとつながってはいなかったのです。だから、イエスの御言葉の意味がわからず、まことの信仰も持てませんでした。

 

 

イエスの御言葉によって信仰を変えられたサマリアの人々は、イエスを「世の救い主」として認めています。「わたしたちの救い主」とは言っていません。これは重要な告白です!

 

「イエスさまがすべての人の救い主として来られたことが、いまわかりました!」

 

サマリア人は長い間、同胞であるはずのユダヤ人からみ嫌われ、神に選ばれたイスラエル民族としてのアイデンティティーを否定されていました。

でもこの瞬間、すべての差別や憎悪を乗り越えたのです。

ユダヤ人への憎しみは、もはやサマリア人の中には存在しえなくなったのです。メシアであるイエスが、ユダヤ人をも救おうとされているのですから!

 

人生を取り戻させる御言葉

「世の救い主」であるイエスは、わたしたちの救い主でもあります。わたしたちがイエスにつながれば、イエスもわたしたちとつながり、御言葉を与えてくださいます。

わたしたちはイエスの御言葉に耳を傾けましょう。そして、「とどまってください」と求めましょう。

イエスの御言葉はわたしたちの中で水となり、泉となります。わたしたちはその水を隣人に分け与えることができるのです。

 

イエスの御言葉はまた、生きる勇気を与えてくれるものでもあります。その御言葉はときに厳しく、耳ざわりのいいものばかりではありません。

でもそれはすべて、わたしたちを神へと導く御言葉、愛の御言葉なのです。

 

遜の黙想

今回の牧師説教を聴いて、サマリア人の立帰りの速さに驚いた。信仰の芽が萌え出てから、ほとんど一瞬で実を結んでしまった感がある・・・。

しかも彼らは、女性の話を聞いた時点でもう信じている。あの女性はつみびとの代表格とも言えそうな人物で、普通はその話を疑ってかかると思うのだが、そのような様子は少しも描かれていない。

サマリア人がキリストに会いもしないうちに信じたのは、ユダヤ人がキリストの奇跡を見ながらも信じなかったのと、おもしろいほどに対照的な出来事である。

本来同胞であるユダヤ人に異教徒扱いされ、同じ神に選ばれたイスラエル民族としてのアイデンティティーも否定されていたサマリア人にとって、救い主の到来はそれほど哀切な望みだったに違いない。

 

一方のユダヤ人は選民意識の安穏の中にあって、キリストにも洗礼者・ヨハネにも、その態度を厳しく叱責されている。ぼくはどうか?

ぼくはキリストを信じ、キリストの御名によって救われている。それで安心してしまっている気がする。安心することはいいのだろうが、その安心は果たして実を結ばせうるのだろうか・・・?

キリストの2日間の滞在中、サマリアの人々は貪欲に御言葉を求めた。キリストがとどまっているから、これ幸いと御言葉を求めたのではないと思う。ただ御言葉が欲しかった。

いや、違う。聖書にはこう書いてある――ことばは肉となって、わたしたちの間に宿られた(ヨハネ1:14a)。肉となった言、それがイエス・キリストである。サマリア人の求めたものは、実にキリストご本人である!

 

御言葉を求めることは、そのままキリストを求めることである。御言葉に親しまないことは、キリストとのつながりを放棄することにほかならない。

ぼくは救われた安心の中にもぐり込んでいてはいけない。もっと御言葉を求めなければならない。御言葉の水を飲み、聖霊の実をふくらませよう。

ぼくはキリストに似た者となりたい。天に帰るその日を待つのでなく、いまこの世にあっても、キリストの品性を1つでも身につけたい。そう祈っている。

そう祈るように聖霊が働きかけてくださる。神がその祈りを嘉納して与えてくださる御言葉の一つひとつに、感謝しつつ耳を傾けていこう。アーメン

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)