遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】悲劇はキリストとともに生きる人生にも起こるけれど・・・

 

荒れ野の墓に立つ十字架

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

緊急事態宣言が解除されてからしばらく経ちましたね。ぼくは先日、2か月ぶりに会堂へ行って礼拝を守りました。

4月中旬のイースター礼拝&ぼくの洗礼式を最後に会堂へは行けず、それからは毎週、LINEのライブ配信を使って礼拝してたんですよ。

“テレワーシップ”だとうっかり寝坊しても遅刻しないからいいんですけど、う~ん・・・。やっぱりもの足りないですよね。ライブ好きの人の気持ちがわかります。

 

ということで今回は、先週6月21日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年6月21日 聖霊降臨節第4主日礼拝

2020年6月21日
聖霊降臨節第4主日礼拝

この日は、父の日でした。この記念日はキリスト教会が発祥だと言われています(母の日も同様)。父の日について、牧師先生の解説文を抜粋します。

 

1909年、アメリカのワシントン州スポケーン市のドット夫人が、男手一つで育ててくれた父をたたえ、牧師に願って父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったのが、父の日のきっかけだと言われています。

最初の父の日の祝典は、その翌年にスポケーンで行われました。1916年、ウッドロー・ウィルソン大統領が同市で演説を行ったことで父の日が認知されるようになり、1966年、リンドン・ジョンソン大統領が6月の第3日曜日を父の日と定めました。

父の日の花はバラ。ドット夫人が父の墓前に白いバラを手向けたからとされており、最初の祝典の際には、父が健在の者は赤いバラを、そうでない者は白いバラを身につけたと伝えられています。

父の日は母の日と違い、日本基督教団の教会暦では、教会行事として定められていません。それはやはり、教会においては「父=神」だからではないでしょうか。聖書でも「母マリア」と記されているのに対し、「父ヨセフ」という表記はありません。

ちょっと寂しい気もしますが、この「父の日」、親族としての父だけでなく、私たちの救い主の父である神に、心を向けることも大切なのだと思います。

 

母の日・父の日までキリスト教由来だったとは、まったく知りませんでした。そういう日が祝われつづけるかぎり、日本のキリスト教会が零落することはなさそうです^^

さてこの日は、新型コロナウイルスの感染予防策として「詩編」は交読せず、牧師先生の読み上げる声を聴いていました。

 

読上げ箇所は、「詩編」第16編7~11節。要約すると、

「主をたたえます。主はわたしを励まし諭し、いつも隣にいてくださいます。わたしは揺らぐことなく、喜びつつ安心して憩います。
主はわたしをに落とすことなく、命の道を教えてくださいます。わたしは主にあって満ち足り、永遠の喜びをいただいています」

という内容です。今回は「喜び」がキーワードになっていますので、そのことを意識して読み進めていただければと思います。

 

牧師説教は「喜びに満たされるために」と題し、「ヨハネによる福音書」第3章22~36節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

今回は全文を引用すると長くなりすぎるため、ぼくが『聖書 新共同訳』をもとに要約した文章を掲載します。ご了承ください。

 

イエスは弟子たちと共にユダヤ地方に行き、人々に洗礼〔バプテスマ〕を授けておられた。このとき、洗礼者ヨハネもまた、アイノン――「水の豊かな泉」という意味――で洗礼を授けていた。

ヨハネの弟子たちがあるユダヤ人と論争を起こし、ヨハネに言った。「ラビ、あなたの証しされた人が、ヨルダン川の向こうで洗礼を授けています。みんながあの人のもとへ行っています。」

するとヨハネは答えた。「わたしは以前、『自分はメシアではなく、あの方の前に遣わされた者だ』と言ったが、あなたたち自身がそのことについての証人となる。

花嫁を迎えるのは花婿だ。その介添え人が花婿の声を聞いて喜ぶのと同じく、わたしは喜びで満たされている。あの方は栄え、わたしは衰えねばならない。」

 

「地から生まれる者は地に属し、天から来られる方は万物の上におられる。この方は見聞きしたことを語られるが、だれもその証しを受け入れない。受け入れる者は、神が真実であられることを確認したことになる。

神に遣わされた方は“霊”を限りなく与えられ、神の言葉を話される。御父は御子を愛し、すべてをその手にゆだねられた。御子を信じる人は永遠の命を得、そうでない者は命を失うばかりか、神の怒りがその上にとどまる。」

 

―「ヨハネによる福音書」第3章22~36節(独自に要約)

 

イエスに弟子を奪われたヨハネに学ぶ本当の喜びと成功

栄えるべき人のためなら消えても本望

この箇所は、イエスとニコデモの問答のあとに記されています。イエスはそこで、

「人は水と霊によって新たに生まれなければ、神の国に入ることはできない」

と言われました。優秀な教師であるニコデモにもその意味はわからず、イエスがどんな方であるかも理解していませんでした。

イエスは神の御子であり、神から遣わされたメシア=救い主です。そのことをちゃんと理解できていたのは、洗礼者・ヨハネだけだったのです。

 

ニコデモの登場する記事はコチラ
「生まれ変わる」のではなく「新しく生まれる」

 

さて、「水と霊によって」とは、洗礼のことを指しています。イエスもヨハネも人々に洗礼を授けていましたが、この2人になにか違いはあるのでしょうか?

 

ヨハネの弟子たちがあるユダヤ人と起こした論争について、詳しい内容は書かれていません。ただ、「あるユダヤ人」とはイエスから洗礼を受けた人だ、と言うことはできるでしょう。

イエスとヨハネが別の場所で洗礼を授けている様子は、どちらに本当の権威があるかを競い合っているようにも思えます。そして多くの人々が、ヨハネを離れてイエスのもとへ行くのです。

そんな状況になっても、ヨハネはなんの行動も起こそうとしません。弟子たちは気が気ではない。ヨハネに不信感とイライラをぶちまけます、

 

「ラビ(先生)、みんなあの人のほうへ行っちゃってますよ! ラビのところへだれも来なくなったら、いったいどうするんですか!?」

 

するとヨハネは、自分はメシアではないとキッパリ宣言しました。しかも、弟子たち自身がその証人になってくれるはずだ、とまで言っています。

つまり、「イエスさまこそがメシアなのだから、きみたちもいずれ、あの方のもとに身を寄せるようになるのだ」と言うのです。

自分から弟子が離れていくことはヨハネにとって失敗ではなく、自分がヨハネから離れることは弟子にとって失敗ではありませんでした。

 

「あの方は栄え、わたしは衰えねばならない」――

ヨハネは旧約聖書を引用して、自分を「荒れ野で叫ぶ声」だと言いました(ヨハネ1:23)。声は出たらそれっきり、跡形もなく消えてしまいます。

すべての人がメシアであるイエスのもとへ行き、自分は「荒れ野で叫ぶ声」として消えていく。それこそが、ヨハネの本望だったのです。

 

「マイナス」に見える絶対的な「プラス」

ヨハネにとっての成功とは、愛弟子を含むすべての人がイエスのもとへ行くことでした。ここである牧師の言葉を紹介します。

 

「わたしたちはどんなにうまく仕事をこなし、自分にとってプラスになることをいくら積み重ねても、神の御前ではカッコしてマイナスがついているのです」

 

わたしたちがお金・地位・名誉などを求めるとき、多くは自分のためにそれを欲しがるのではないでしょうか。そして、そのために仕事や投資をするのではないでしょうか。

よく言われることですが、成功者の裏には常に泣いている人がいます。

成功者に悪意があるとは言いませんが、人を蹴落としてまで成功を勝ち取る人生は、クリスチャンにとっていい人生とは言えません。

この世の価値観で「プラス」とされている物事をいくら積み上げたところで、キリストの十字架なくしては「マイナス」にしかならないのです。

 

ヨハネの生涯を見ると、成功とは程遠い人生のように思われます。弟子に去られ、無実の罪で投獄され、最期は宴会の余興として首をねられる・・・。

とても悲惨に思えますが、ヨハネは「わたしは喜びで満たされている」と言いました。イエスが栄えるのを見ることができたからです。

イエスのもとで多くの人々が洗礼を受け、彼らがすべてイエスのものとなった。ヨハネはそのことを喜び、満ち足りた生涯を終えたのです。

 

また「ルカによる福音書」に、シメオンという信仰深い人物が登場します(2:25)。シメオンは「救い主を見るまで死ぬことはない」とお告げを受けていました。

そして、神殿で赤ん坊のイエスと出会ったのち、お告げが成就します。「シメオンの死」という悲しみが、「救い主の到来」という喜びをもたらしたのです。

 

ここでまた、有名人の言葉を紹介します。

〈メソジスト〉というプロテスタントの教派がありますが、その創始者、ジョン・ウェスレーは、「もっともよいことは神がともにいてくださることだ」と語っています。

「音楽の父」と呼ばれるJ・S・バッハは、「神のみに栄光あれ」という言葉を、いつも楽譜の最後に書き記していたといいます。

 

バッハやウェスレーは、神の栄光のためにすべてを捧げて死んでいった人たちです。

 

捧げる喜び、ともにいる喜び

イエスもまた、普通に考えれば“最悪な”最期を遂げました。顔にツバをかけられ侮辱され、激しくムチ打たれたすえの、十字架です。

でもイエスは、その十字架の上で「成し遂げられた」と言われました。

これは喜びの言葉です。自分のみじめな死によって、神の救いの御業が成し遂げられたという、大きな喜びの言葉なのです!

 

クリスチャンの喜びとはなんでしょうか?

それは、イエスに献身することです。

神の御心を尋ねてそれを行うことです。

賜物を使って奉仕することです。

御言葉を聞いてそれを届けることです。

 

クリスチャンもときどき、御言葉よりもお金や名誉を求めてしまいます。もちろんそれ自体は悪くありませんが、御言葉を抜きにした成功はむなしいものです。

この世の「プラス」を求めても、その成功によって神にお返しができる、ということを喜びにしようではありませんか。

いつも御言葉を求めましょう。神のため、人のために与えられた賜物を、自分のために使ってしまうことのないように。

 

そして、神がともにいてくださることを喜びましょう。それが、一番大切なことです。

 

遜の黙想

神の栄光を現す――人生とは自分の幸せを追求するためにあるのではなく、神に栄光を帰するためにある。これがクリスチャンの人生観である。

いや、それは少し違うかもしれない。自分の幸せを追い求める権利は、当然クリスチャンにもある。問題は、なにを幸せとするかである。

言い換えよう、「人生とは神に栄光を帰することを幸せとし、その幸せを限りなく追求するためにある」と。さて、ぼくはいったい、なにを自分の幸せとしているだろう?

心の底にある望みを言うと、ぼくは24時間365日、教会に住込みで働いて奉仕したい。どこかの修道院に入って朝から晩まで神に仕えたい、と思うくらいである。

 

しかし実は、教会に住み込まずとも(牧師にならずとも)、修道士にならずとも、神に仕える方法はいくらでもある。自分はそれができずにいるから、俗世間から離れたいと思うのである。

金銭・名声・セックス・・・。世の中には魅力的に思える価値観があふれていて、ぼくはいまだそれに惹かれてしてしまう。神をではなく、自分を喜ばせることを追求したくなるのである。

だが、世の刹那的な価値観のために人生を費やすのはむなしい。ぼくには永遠の命が保証されている。キリストの十字架によって、御子を犠牲にされた神の愛によって保証されている。

だから、ぼくはその神の愛に応えたいのである。死ねば消えるもののためにでなく、永遠に続くもののために、与えられた命の時間を費やしたいのである!

 

人間の本当の喜びは、キリストの中にしかない。神を離れてまで手に入れるべきものはないということを、ぼくは体験的に学んでいる。

それにもかかわらず、神を離れて自分を満たしたいと願うのは、霊肉かいした人間の根本的な罪の性質によるものなのだろうと思う。

ぼくは自分を“つみびとの中の罪人”だと思っている。しかしキリストは、「わたしが来たのは罪人を招くためである」と言ってくださった(マルコ2:17)。こんなに心強い言葉はない。

キリストが自分の神としてともにいてくださる――これがぼくの至上の喜びである。何物にも代えられない喜びを与えてくださった神に、すべてを捧げて仕えていこう。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)