遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】「生まれ変わる」のではなく「新しく生まれる」

 

水を受ける両手

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ぼくはいつも、記事を書く前にお祈りしてます。全然書けないなってときは、だいたいお祈り忘れてるんですね。まぁ、祈っても書けないときはありますが・・・^^;

どんなふうにお祈りするかっていうと、「どうか聖霊を働かせて、ぼくを通して語ってください」みたいな感じです。「聖霊」って単語を知ってほしくて、この話をしましたw

聖霊ってのは、キリストを信じた人に与えられる神さまの霊です。ぼくの中に神さまが住んでくれてるんですよ、スゴくないですか!?

 

さぁ、予備知識をお伝えしたところで、6月14日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年6月14日 聖霊降臨節第3主日礼拝

2020年6月14日
聖霊降臨節第3主日礼拝

この日は、子どもの日・花の日でもあります。これは日本基督教団が独自に制定した記念日で、毎年6月の第2日曜日がそれに当たります。牧師先生による解説文(抜粋)をご覧ください。

 

この日の起源は1856年、アメリカのマサチューセッツ州チェルシー市にある教会のレオナルド牧師の提案にあると言われています。6月のある日曜日に子ども中心の特別礼拝を行い、その中で幼児祝福式を行ったのが始まりです。

また、そのころが最も花盛りの季節であることから、人々は花を持ち寄って教会堂を飾り、礼拝後にはそれを子どもたちに持たせて病人を見舞わせたり、派出所や社会施設などを慰問させたりしたそうです。

この「子どもの日・花の日」は、教会全体で子どもたちの成長と信仰の継承を願う時です。一人ひとりが子どもたちのことを覚え、祈り続けたいと思います。

 

日本はキリスト教後進国で、10年後にはいまある教会の半分はなくなるだろうと言われています。日本のキリスト教会の未来も子どもたちに懸かっていますから、祈りつつ伝道に励みます!

 

交読詩編は、「詩編」第29編1~11節。要約すると、

「神の子らよ、栄光と力を主に帰せよ。主の御声は雷鳴のごとく響き、レバノン杉を砕いて山々を覆し、鹿じかに月足らずの子を産ませる。
主は洪水の上にいまし、とこしえの王として君臨される。どうか主が民に力を与え、民を祝福して平和を賜るように」

という内容です。なかなか難解ですね・・・。今回のキーワードは「洗礼」ですが、洪水(恐らく〈ノアの洪水〉のこと)となにか関係があるのでしょうか? ワカリマテン(+д+)

 

牧師説教は「新しく生まれるために」と題し、「ヨハネによる福音書」第3章1~15節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

今回は全文を引用すると長くなりすぎるため、ぼくが『聖書 新共同訳』をもとに要約した文章を掲載します。ご了承ください。

 

ある夜、ファリサイ派のニコデモという議員がイエスを訪ねて言った。「ラビ、わたしたちは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神が共におられなければ、あのような奇跡を行うことはできません。」

イエスがそれに答えて「はっきり言っておく。人は新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」と言われたので、ニコデモは「年取った者が、また母親の胎内に入って生まれることなどできるでしょうか」と言った。

イエスはまた言われた。「はっきり言っておく。だれでも水と霊によって生まれなければ、神の国に入ることはできない。肉は肉から生まれ、霊は霊から生まれるものだ。」

するとニコデモは、「そんなことがどうしてありえるでしょうか」と言った。そこでイエスは答えられた。「あなたはイスラエルの教師なのに、こんなことが分からないのか。はっきり言っておく。わたしは見知ったことを語っているが、あなたがたはその証しを受け入れない。

地上のことを話しても信じないのに、天上のことを話したところで信じるだろうか。人の子のほかに、天に上った者はだれもいないのだ。

そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。人の子を信じる者が皆、永遠の命を得るためである。」

 

―「ヨハネによる福音書」第3章1~15節(独自に要約)

 

神の国が見たいニコデモの切望とそこへ導くイエスの洗礼

神の国はいずこに?

ニコデモというファリサイ派(パリサイびと)の議員がイエスのもとを訪ねて来たところから、今回の話は始まります。

パリサイ人は厳しい律法を守り通していたことから、自分たちこそがだれよりも正しい人間だと自負していました。一方で他人を認めようとせず、イエスに敵対する存在でもありました。

ニコデモはそのパリサイ人の議員、つまり最高法院での議決権を持つ高官でした。でも、ニコデモはイエスを「ラビ」と呼び、律法の教師として敬意を表しています。

ニコデモはさらに、「神がともにおられる」という並はずれた讃辞を送ったうえで、イエスに教えを請うています。これは、普通のパリサイ人にはありえないことです。

 

さて、イエスはニコデモの言葉に「答えて」言われました、「人は新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」と。ちょっと引っかかります。

と言うのは、ニコデモの言葉は挨拶に当たるものでしょう。特に質問らしい言葉はありません。それなのにイエスが「答えて」いるのは、ニコデモの訪問自体に質問が表れている、ということです。

 

ニコデモの質問――それは上記のイエスの返答を読めばわかるとおり、

「どうすれば神の国を見られますか?」

というものだったのです。

 

ユダヤ人は長い間、強国の支配下に置かれていました。彼らは神の御心を知ることもできず、迫害や不利益を避けるため、ついに異邦の神々を拝むようになっていきました。

そのような環境下でも不遇に耐えつづけ、徹底して律法に従いながら信仰を守ってきたのが、パリサイ人たちでした。神の国が見えないというのは、本当に嘆かわしいことだったでしょう。

 

「神の国が見たい」――ニコデモにとって、それは心からの願いだったのです。

 

水と霊によるバプテスマを受けて

ニコデモの切望に対して、イエスは「新たに」という言葉を使って答えられました。この言葉には、ギリシャ語で「ふたたび・初めから」という意味もあります。

そしてイエスは、この言葉を説明するように「水と霊によって・・・と言われていますが、これは「水による洗礼」と「聖霊による洗礼」のことを表しています。

洗礼者・ヨハネによって水による洗礼を授けられていても、神の国に入るには、それだけでは不十分だと言うのです。聖霊による洗礼を受けなければいけません。

 

イエスだけが、聖霊による洗礼を授けることができるのです。

 

ニコデモはイエスの言葉にすっかり困惑しました。「新たに生まれる」という意味が、まったく理解できないのです。ちょっと考えてみましょう。

「新たに生まれる=一からやり直す」という意味ならば、ニコデモが「年取った者が・・・と問いかけるのもうなずける気がします。

若いうちであればすべてを捨てて人生をやり直すことはできるでしょうが、年を重ねるごとにそれが難しく思われてくるものです。高級議員であるニコデモには、なおさらのことでしょう。

でももちろん、それはイエスの真意ではありません。イエスが言いたかったのは、「わたしから聖霊による洗礼を受けなさい」ということでした。

 

まったく悟らないニコデモは「そんなことありえるんですか?」と言ってイエスに呆れられていますが、それはわたしたちの言葉でもあるのではないでしょうか。

クリスチャンは水によって洗礼を受け(未受洗の方々もおられますが)、その様子を見たことのある方もおられるでしょう。でも、聖霊による洗礼式を教会で挙げることはありません。

いえ、「ありません」ではなく、できません。わたしたちに聖霊を与えることができるのは、神だけであり、イエスだけだからです。

 

では果たして、クリスチャンは聖霊による洗礼を受けているのでしょうか?

 

十字架を仰いで新たに生まれよう!

聖霊による洗礼を受けているかどうかを知るには、イエスの最後の言葉に注目する必要があります。そこでは旧約聖書のある出来事について話されています。

 

エジプトでの奴隷状態から解放され、荒れ野を旅していたユダヤ人は、神からマナという食べ物を頂きながら過ごしていました。でも、ユダヤ人は不平を言います、

「長い間荒れ野を歩いてるってのに、パンもなければ水もない・・・。こんな粗末な食いもんばかりじゃ、気も滅入っちまう!」

神の恵みを軽んじたユダヤ人に、神の怒りが降りかかります。炎のヘビがたくさんのユダヤ人に噛みつき、彼らはそれが元で死んでしまったのです。

そこで指導者・モーセが神に取りなし、青銅製のヘビを旗竿の先に掲げるよう命じられました。ヘビに噛まれた人がそのヘビ像を仰ぎ見ると、死を免れたのでした(民数記21:4-9)

マナ 神が荒れ野を放浪するユダヤ人に与えた食べ物。コリアンダーの種に似て白く、蜜の入ったウエハースのような味がしたという。「マーン・フー(いったいなんだろう)」が名前の由来で、マンナともいう。

 

青銅のヘビは、ユダヤ人の犯した罪の象徴です。ユダヤ人はそのヘビを見上げることで自分の罪を悟り、悔い改めて命を得ました。

青銅のヘビが旗竿の先にかけられたように、イエスもまた、十字架の上にかけられなければいけませんでした。

イエスは罪人であるわたしたちの身代わりとなり、十字架の上で苦しみながら死を迎え、3日目に復活されました。わたしたちの罪をあがない、永遠の命に導くためです。

 

イエスの十字架上の死を信じ、また復活を信じるとき、わたしたちは聖霊による洗礼を受け、神の国に入って永遠の命を得ることができるのです!

 

わたしたちが見上げるべきは、十字架上のイエスであり、いま天におられるイエスです。イエスを救い主として信じるかどうかに、神の国を見られるかが懸かっています。

イエスは信じる人に聖霊による洗礼を授け、新たに生まれさせてくださいます。十字架に上げられ、天に上げられたイエスを仰ぎ見て、日々を過ごしていきましょう。

 

遜の黙想

ぼくはつい2か月ほど前に洗礼を受けた。滴礼である。牧師先生がぼくの頭に聖水を垂らして、洗礼を授けてくださった。だが、それは水による洗礼に過ぎない。

ぼくが考えるに、水による洗礼は多くの場合、聖霊による洗礼を受けたあとに授かるものではないだろうか? 洗礼式のとき、ぼくはすでに聖霊を頂いていた。

なぜそう言えるかというと、キリストを救い主として信じていたからである。キリストを通して、父なる神を信じていたからである。

聖霊によらなければだれも「イエスは主です」と告白できない、と聖書には記されている(Ⅰコリント12:3b)。だからぼくは、すでに聖霊による洗礼を受けていたのである。

 

ぼくはニコデモのように神の国が見たいから、キリストを信じたのではない。神の国や永遠の命というのは、ぼくにとって“サプライズ・プレゼント”のようなものであった。

ぼくはただ、キリストとつながっていたいから信じたのである。ぼくは常々、自分が人に恵まれていることを不思議に思っていた。いまもそう思っている。

ぼくは決して性格のいい人間ではないし、人に恩を売るようなことをした試しもない。そんなぼくがなぜ人の厚意を受けるのか――、考えた先にキリストが立っていた。

キリストが親切な人々のもとへ、ぼくを導いてくださっていたのである。ぼくにはキリストが必要であった。それ以上に、キリストと離れたくないと思った。

 

神の国や永遠の命など与えられなくても、ぼくはキリストと一緒にいたい。そう思わせてくれるのも、聖霊の御業なのだろうか。

いま、改めて十字架を仰ぐ。もうだれもかけられていない十字架は、キリストが天におられること、キリストが神であることを教えてくれる。そして、ぼくが赦された罪人であることも。

新たに生まれたあの日、ぼくの中に神が来てくださった。ぼくの中の神は日々、ぼくを新たに生まれさせてくださる。少しずつ、キリストに似た者へと変えてくださる。

聖霊の御声に聞き従おう。キリストの愛に応えるために、キリストへの愛を表すために。また一人、新たな人生に導かれることを願って。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)

関連記事