遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】どんなに小さく儚い愛でも、キリストは喜んでくれる

 

手をつなぐ子どもの姉弟

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ぼくは今日もLINEのライブ礼拝を守りました。個人的にこういう礼拝スタイルを“テレワーシップ”と名づけたいのですが、どうでしょうか?笑

まぁ名前はなんであれ、会堂に集まって礼拝するのが一番ですよ!!

新型コロナウイルスは熱と湿気に弱いらしく、「終息」はずっと先でも、「収束」はこの夏になるだろうって話もありますから、もうちょい辛抱しましょう。

コロナの収束と集会の再開を心待ちにしながら、本日5月3日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年5月3日 復活節第4主日礼拝

2020年5月3日
復活節第4主日礼拝

今日の交読詩編は、「詩編」第118編1~12節。要約すると、

「恵み深い主に感謝せよ。主の慈しみがとこしえに続くことを願い叫べ。主は主を求める者の味方となり、苦難から解き放ってくださる。
人間を頼らず、主を避けどころとしよう。主が味方でいてくだされば、人間は彼に対して何も手出しをできず、主の御名によって滅ぼされるだけだ」

という内容です。「主は避けどころ」というのは「詩編」によく出てくる言葉なのですが、ぼくはこれを読むと、岩陰にパッと身を隠す戦士を想像してしまいます。

それとか、ママやパパの後ろに隠れる5歳児の姿も。すごく情けない姿なのですが、神さまはそんなぼくたちを認め、愛してかばい立てしてくださるのです!

 

牧師説教は「主は愛しておられる」と題し、「ヨハネによる福音書」第21章15~19節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに、「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」と言われた。ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの小羊を飼いなさい」と言われた。

2度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの羊の世話をしなさい」と言われた。

3度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロは、イエスが3度目も、「わたしを愛しているか」と言われたので、悲しくなった。そして言った。「主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます。」

イエスは言われた。「わたしの羊を飼いなさい。はっきり言っておく。あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたいところへ行っていた。しかし、年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められ、行きたくないところへ連れて行かれる。」

ペトロがどのような死に方で、神の栄光を現すようになるかを示そうとして、イエスはこう言われたのである。このように話してから、ペトロに、「わたしに従いなさい」と言われた。

 

―「ヨハネによる福音書」第21章15~19節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

 

イエスとペトロの問答に見る「神の愛」と「人間の愛」

弱さを通して働くイエスの力

イエスは弟子・ペトロたちとともに、ティベリアス湖=ガリラヤ湖で食事をされていました。

ペトロたちは伝道に行き詰まった夜、湖で漁をするのです。しかし収穫はなく、落ち込んでいる弟子たちのもとに、復活のイエスがやって来られました。

収穫ゼロ=伝道成果ゼロということですが、イエスは弟子たちに教えて多くの魚を獲らせ、同じように伝道も実を結ぶことになると励まされたのでした。

 

 

その激励の食事のあと、イエスはペトロに「わたしを愛しているか?」とお尋ねになったのです。それに対するペトロの答えは、まっすぐなものではありませんでした。

「わたしがあなたを愛していることはあなたがご存じです」というかなり遠回しな答え方で、本心を明かし渋っているようにも聞こえます。

でも、ペトロがイエスを愛していたことは、聖書を読んでも明らかです。

イエスの復活を聞いてまっ先に墓へ向かったのはペトロだし(ルカ24:12)、湖にイエスが来られたときには急いで身なりを正しました(ヨハネ21:7b)

 

では、なぜペトロはまっすぐな返事をしなかったのでしょうか?

 

実はしなかったのではなく、したくてもできなかったのです。

イエスがユダヤ人たちに捕らえられ、大祭司・カイアファの屋敷で尋問を受けたとき、ペトロはイエスを「知らない」と言って裏切りました。

3回もイエスとの関係を否定し、十字架刑が決まってもなにもせず見殺しにしたことを思うと、ペトロは素直に答えられなかったのです。

 

でもイエスは、ペトロがどれほどご自分を愛してくれているかをご存じでした。また、彼の弱さも十分ご存じで、それを受け入れてもおられました。

 

そのうえでイエスは、ペトロに「わたしの羊を飼いなさい」と告げます。つまり、羊飼いとなって教会を導くように委託されたのです。

ペトロは別名を「ケファ」といいます。これは「岩」という意味で、イエスは「この岩に教会を建てる」とも言っておられました(マタイ16:18)

その予告どおり、イエスはご自分の羊飼いとしての役割をペトロに引き継がせられたわけです。弱さを持ったペトロが指導者となったのは、イエスの愛ゆえでした。

 

このように、イエスは弱さを持つ人々を好んで用いられます。そして、弱い人はイエスの愛に接し、用いられる中で、その愛に応える者へと変えられていくのです。

 

完全な愛じゃなくてもいいから

さて、この聖書箇所では同じ問答が3回もくり返されています。その途中で、イエスから同じ問いかけをされる、ペトロの悲しい心情が記されています。

一読すると、ペトロは「主はわたしの愛を疑っておられるんだ・・・」と思って悲しんだように思われるでしょう。でも、そういうわけではありません。

ペトロは問いかけのたびに、自分の裏切り行為を思い起こしていたのです。イエスとの関係を否定することは、イエスへの愛を否定することにほかなりません

 

イエスはその心の内を知ったうえで、ご自分への愛に立ち帰るようペトロを促します。

聖書で「愛している」と訳されている言葉は、原典では「アガパオー」と「フィレオー」という、2つの異なる動詞で書かれています。違いは次のとおり。

  • アガパオー なんの見返りも求めずに愛すること(神の愛)
  • フィレオー 家族・友達・隣人を大切にすること(人間的な愛)

 

遜註

名詞形はそれぞれ、「アガペー」「フィリア」です。日本語にはない概念を持った、「愛」と訳される単語はほかにもあるようですが、ここでは触れません。

 

神の愛と人間の愛には、語ることもできないほどの大きな隔たりがあります。人間の愛は憎しみに変わったり、時とともに失われたりすることもあるでしょう。

一方、神の愛は決して変わることがありません。

そのことは、特に旧約聖書によく表れています。神さまはユダヤ人たちを愛し、彼らの危機を幾度となく救ってこられました。

ユダヤ人はその愛と奇跡に触れ、はじめは神さまを愛するのですが、次第にその恵みを忘れ、神さまに文句を言うことさえ辞さなくなります。

そんな自分勝手な振る舞いをされても、神さまはユダヤ人を愛しつづけ、決してお見捨てにならなかったのです。

 

神であられるイエスは、ペトロに「わたしをしているか?」とお尋ねになりました。対するペトロは、「わたしがあなたをしていることは・・・」と答えています。

イエスを裏切ったペトロは自分の性質をよく自覚し、「フィレオー」で答えるのが精一杯でした。そこで3度目は、イエスが質問を変えられます。

 

「あなたはわたしをしているか?」

 

イエスはペトロの心情を理解し、「あなたの身の丈に合った愛し方でいいから、わたしを愛してくれ」と立帰りを促されたのです。

このとき、もしイエスがなおも「アガパオー」で問われていたら、恐らくペトロは立ち帰ることができなかったでしょう。

 

そのあとのペトロの答えは相変わらず「フィレオー」で、「あなたはなにもかもご存じです」とも言っています。つまりペトロは、

「わたしがつみびとであることをご存じで、それでも愛してくださるあなたに従います」

という信仰告白をしていたのです。

 

一方的な純愛を受けて生きる

わたしたちもペトロと同じように、人間的な愛でイエスを愛することはできても、純粋な信仰をもって愛することは難しいものです。

どちらにしても、わたしたちがイエスを愛せるのは、イエスがまずわたしたちを愛してくださったからです

そのことを認めれば、わたしたちはイエスの愛に捉えられ、その愛によって生きることができます。イエスは、わたしたちそれぞれの精一杯の愛を喜んでくださいます。

 

わたしたちはイエスの愛によって生かされているのですから、その愛をほかの人々にまで広げられるように祈り求めようではありませんか。

 

遜の黙想

ぼくは小さなころから、「弱さ」がコンプレックスであった。体が小さくきゃしゃなのもそうだが、とにかく心が弱いのである。

神に従いたいと思ってはいても、神に喜ばれないことをどうしても我慢できなくなる。はじめは祈ってなんとかやり過ごすものの、結局、ムクムクと湧き上がってくる我欲の言いなりになってしまう・・・。

そのたびにざんの祈りを捧げ、また同じ懺悔をしなくていいように助けてくださるよう訴えている。そのときの罪悪感はひどい。

その罪悪感が募ってしまうと、もはや神に祈る資格さえないのではないかと思い、畏れ多く感じて祈りを“自粛”してしまう。

ぼくでそうなのだから、ペトロの抱いていた罪悪感は、それはもう筆舌に尽くしがたいものであったはずである。

 

しかし、ペトロもぼくも、罪悪感をはるかに上回る愛を、キリストに対して抱いている。それを言う資格があるのか、と思いながら・・・。

キリストはご自分を信じる者の愛を十分すぎるほどご存じである――この事実に対して、ぼくは言葉が見つからないほどの感謝を覚える。

キリストは、ぼくの醜い部分・弱い部分・欠けている部分もすべてご存じだが、ご自分への愛がそれに埋もれることはない、と言うのである。

キリストはぼくの身代わりとなり、ぼくの罪とともに十字架にかかってくださった。ぼくの罪はすでに、神の御前に償われている。

ぼくが罪悪感に押し潰されて祈りを“自粛”するのは、十字架を信じていない=キリストの愛を信じていないことになるのかもしれない。

 

ぼくはキリストを愛している。どこまでもキリストにすがって生きていく。それは、キリストがぼくを愛してくださっているからである。キリストが、ぼくの救い主だからである。

キリスト以上にぼくたちを愛してくれる神はいない。天にも地にも、疑いなく心身を投じることができるのは、キリストをおいてほかにいない。

あなたにも、その愛を求めてほしいと思う。どうかキリストご自身が、あなたに触れてくださるように。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

参考資料

画像の出典(Pixabayより)

関連記事