遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】神と隣人に仕えるのに、常識なんて必要ない

 

グラスに入ったオリーブオイル

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ぼくは去年のイースター、つまり2019年4月末から教会に通ってます。今日までの礼拝出席数を数えてみたら、なんとなんと49回!!

礼拝を休んだのは、たしか友達と旅行に行ってた1日だけだったかな。正直、娯楽のために礼拝を休むのは気が引けたんですけどね・・・^^;

 

さて、礼拝では牧師説教ってのがあって、牧師先生が解説してくださる聖書の御言葉を通して、神さまの恵みを頂いてます。

前々から、礼拝へ来たことない人にも伝えたいなと思ってたので、牧師先生の許可を得て、このブログに説教内容を綴ってくことにしました!

そこで新たに〈礼拝〉というカテゴリーを作ったので、過去の説教内容も少しずつ載せていこうと思ってます。初回となる今日は、先日3月22日の説教を分かち合います。

 

 

お断りをさせていただくと、

  • 記事はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴っていきます。過去49回中1回を除き、すべて記録してあります。
    (ちなみにその1回は、ありえないくらいの眠気に襲われて、牧師先生のお話に集中するのがやっとだったので、メモが取れませんでした・・・汗)
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年3月22日 受難節第4主日礼拝

2020年3月22日
受難節第4主日礼拝

この日は新型コロナウイルスの感染予防策として、いつも5曲歌っている讃美歌が3曲に減らされました。ちょっと物足りなかったです(._.)

 

交読詩編は、「詩編」第2編1~12節。要約すると、

「なぜ諸国の人々は、主なる神の油注がれた者に逆らうのか。主が自ら王を即位させ、王に領土と、反逆者を討つ力をお与えになる。
すべての王よ、国々の統治者よ、いまこそ主を畏れ敬い、主の怒りが子どもにまで及ばないようにせよ。主を避けどころとする人々は、みな幸いである」

という内容です。油注がれた者とは「王」のことですが、今回の説教では、ある特別な意味を持つキーワードとなります。

 

牧師説教は「主に仕えるとは」と題し、「ヨハネによる福音書」第12章1~8節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

すぎこしさいの6日前に、イエスはベタニアに行かれた。そこには、イエスが死者の中からよみがえらせたラザロがいた。イエスのためにそこで夕食が用意され、マルタは給仕をしていた。ラザロは、イエスと共に食事の席に着いた人々の中にいた。

そのとき、マリアが純粋で非常に高価なナルドの香油を1リトラ持って来て、イエスの足に塗り、自分の髪でその足をぬぐった。家は香油の香りでいっぱいになった。弟子の一人で、後にイエスを裏切るイスカリオテのユダが言った。

「なぜ、この香油を300デナリオンで売って、貧しい人々に施さなかったのか。」彼がこう言ったのは、貧しい人々のことを心にかけていたからではない。彼は盗人であって、金入れを預かっていながら、その中身をごまかしていたからである。

イエスは言われた。「この人のするままにさせておきなさい。わたしの葬りの日のために、それを取って置いたのだから。貧しい人々はいつもあなたがたと一緒にいるが、わたしはいつも一緒にいるわけではない。」

 

―「ヨハネによる福音書」第12章1~8節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

 

遜註

ここに登場するマリアはイエスの母とは別人で、ラザロとマルタの姉妹です。ちなみにラザロというのは、病死して墓に葬られてから4日後、イエスの奇跡によって復活した男性です(11:38-44)。

 

イエスのためにナルドの香油を惜しまなかったマリアの愛

常識を打ち破る信仰

過越祭とは、ユダヤ三大祭りの一つです。エジプトで奴隷となっていたユダヤ人が神に救われたことを記念するもので、神に罪の赦しを乞う儀式でもありました。

その大切な祭りの直前、祭司たちは準備にいそしむでもなく、祈りを捧げるでもなく、なんとイエスの殺害計画を練っていました(ヨハネ11:45-53)

さらに、ラザロの復活によってイエスを神の子だと信じる人が増えたため、ラザロをも殺そうと企んでいたのです(12:10-11)

祭司の地位にある者が、赦しを乞うべき祭りを前に人殺しを考えるのですから、イエスの厳しい非難を受けるのも当然です。

 

さて、ナルドの香油とは、甘松香(かんしょうこう)というインド原産の植物から採れる油です。当時はインドからイスラエルへの輸送も難しく、ギリシャ貴族ご用達の高級品でした。

マリアはそんな香油を手にして、食卓のイエスのもとへ行ったわけですが――、ここで彼女はあるタブーを犯しています。

それは、女性が食事の席に加わる、ということ。

マリアは「女性が食事の場に入っていいのは給仕のときだけ」という慣習を無視して、実に非常識な行動を取ったのです。

 

しかもマリアは、携えた1リトラもの油を、すべてイエスの足に塗りました。1リトラは326グラム、だいたい缶ジュースほどの量になります。

実はユダヤでは、人の足に油を塗るのは、その人への敬意を表すための行為です。

とは言え、高価な油を大量に塗ってしまうのは、いくらなんでもやりすぎのように思えます。これまた非常識な行動です。

あまつさえ、マリアが塗ったのは「香油」ですから、部屋じゅうに強烈な匂いが立ち込めて、せっかくの食事が台なしになったことでしょう。

 

いったいなぜ、マリアはこんな常識はずれな行動を取ったのでしょうか?

 

それは、そうせずにはいられなかったからです。マリアがイエスの足に油を塗ったのには、敬意を表する以上の意味があります。

マリアの行動は、サムエルがサウルに油を注いだことに通じるのです。

サウルはイスラエルの初代国王で、即位のとき、預言者・サムエルから頭に油を注がれました。そこからヘブライ語で「油注がれた者」という意味の〈メシア〉という言葉が生まれ、のちに〈救い主〉を指すようになりました。

 

つまり、マリアはイエスの足に香油を塗って、

「イエスさまこそ、メシアであらせられます!」

と信仰告白をしていたのです。

 

イエスはマリアの告白を受け入れて、さらに「わたしの葬りの日のために香油を塗ってくれたのだ」とおっしゃっています。

マリアはこの言葉の意味がわからなかったでしょうが、イエスはご自分が十字架にかけられて死ぬことをご存じでした。

香油は死体の腐敗臭を防ぐために用いられていましたから、イエスはこの言葉でご自分の死を予告しておられたのです。

 

非常識な振舞いに見える神への愛

マリアがイエスの言葉を理解できなかったように、ユダもマリアの行動を理解できませんでした。ユダはマリアの非常識な行為を非難しました、

「その香油を300デナリオンで売って、貧しい人たちに分け与えるべきだった!」

1デナリオンは1日分の賃金にあたりますから、ユダの言うとおり、油を300デナリオンで売れば多くの人々が救えたでしょう。

聖書はユダを非難し返していますが、ユダの指摘は一般論からすれば当然で、まったく常識的な言葉のように思えます。

 

でもイエスは、ユダの常識的な言葉よりも、マリアの非常識な行動のほうを支持されました。それは、人間の常識には限界があるからです。

人間の常識や価値観は、個人・環境・地域などでそれぞれ異なり、時代によってもコロコロと移り変わってしまいます。

また、常識的に正しい言葉は、ときに冷たく響くことがあります。正しいがゆえに人を苦しめ、人を生かすことができない場合も多いものです。

 

一方、マリアの非常識な行動には、イエスへの愛がありました。

 

マリアは常識も、香油の価値も、周囲の目も気にせず、ただ全力でイエスに仕えることを願ったのです。イエスが評価されたのは、その思いでした。

わたしたちは神に目を向けずに、隣人を愛することはできません。

ユダの言葉どおりに人助けをするとしても、まず神に向かわなければ、いつしか自己顕示欲や名誉欲などに支配され、その行為は間違ったものになります。

隣人を助けられるのは、神の恵みへの感謝があってこそです。神のしてくださったことへの応答として、わたしたちは人助けをするのです。

 

ユダは正しく常識的だったかもしれませんが、神を見ていませんでした。だからこそ、ユダは裏切りの罪を犯すことになったのでしょう。

マリアは兄弟の命を救ってくれたイエスを心から愛し、真心をもってイエスに仕えました。マリアはきっと、隣人にも仕えていたはずです。

わたしたちを愛し、わたしたちの救いのために犠牲となられた、主イエスにならって。

 

ナルドの香油の代わりに捧げるもの

「マルコによる福音書」にも、これと同じ場面が描かれています。そこでは、イエスがマリアの行動をわたしに良いことをしてくれた(14:6b)と評価なさっています。

ここで「良いこと」と訳されているギリシャ語には、ほかに「美しいこと」という意味があります。

本当に美しいこととは、マリアのように心から神に仕えることなのです。

もしそれができなければ、過越祭で人殺しを企てていた祭司たちのように、イエスから厳しい非難を浴びてしまうかもしれません。

 

マリアは高価な油を捧げてイエスに仕えました。わたしたちはナルドの香油の代わりに、なにを捧げられるでしょうか?

神の賜物を使い、自分を生きた聖なる捧げ物として神にささげましょう(ローマ12:1)。そして十字架を見上げ、自分のタラント=才能によってイエスに仕え、同じように隣人にも仕えましょう。

 

遜の黙想

マリアの生きていた時代(紀元30年ころ)のイスラエルは男尊女卑が当たり前、律法や慣習にとても厳しい世界だっただろう。温室育ちのぼくには、想像の及ばない世界である。

マリアとぼくの境遇は対極にあり、ぼくは「信仰を保ちやすい環境」に生きているのだと思う。だが、ぼくの信仰は簡単に揺らいでしまう。神以外のものを最優先に考えてしまうのである。

恵まれたこの国では、自分の欲求を手っ取り早く満たしてくれるもの、自分の価値観に合って楽しませてくれるものが、見つけようとしなくても見つけられてしまう。

そんな環境に暮らしながら、わざわざ目に見えない神を信じ、その信仰からなにかを得ようとするのは滑稽とさえ思える。世間の常識にも合致しない。

 

ぼくは“肉的な”人間で、どうしても神より自分自身を優先してしまう。キリストを信じる前と同じように、自分の満足ばかりを追い求めてしまうのである。

“霊的な”クリスチャンはみな、常に神を最優先に考えて生きている。マリアのように神に仕え、クリスチャンらしく生きている・・・。

キリストはぼくの罪が赦されるために、ご自分の命を惜しまず捨ててくださった。それだけで、キリスト=神を最優先するべき理由になるのである!

マリアがキリストに仕えたのも、愛する兄弟・ラザロを蘇らせてもらったからであり、それ以上の理由づけは、一切必要なかったのである。

 

「信仰からなにかを得ようとする」と先述したが、ぼくがキリストを信仰するのは、なにかご利益が欲しいからではない。ただ、キリストを愛しているからである!

キリストがぼくのために命を捧げてくださった。その愛が真実であることを実感できるように示してくださった。だから、ぼくもキリストを愛するのである。

キリストがなにをしてくださったか、常に心に留めていよう。そして、マリアのような純粋な愛をもって、キリストに仕える者となりたい。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)