遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】どんな闇を抱えていても、キリストが愛してくれる

 

飛び立っていく鳥の群れ

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ぼくの教会では、新型コロナの影響で、2週間連続礼拝中止。イースターまではなんとか教会で礼拝したいなと思うんですが・・・、なんとも言えない状況です。

この週末は「外出を控えてください!」なんて聞いたこともない町内放送も流れたし、ぼくの洗礼式も延期になっちゃうかもしれませんm(;_;)m

ただ、もしそうなっても神さまは最善をご存じですからね、ぼくは変わらず聖書を読んで神さまを求めるだけです!

 

ということで今回は、3月15日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年3月15日 受難節第3主日礼拝

2020年3月15日
受難節第3主日礼拝

この日は新型コロナウイルスの感染予防策として、いつも5曲歌っている讃美歌が3曲に減らされました。それでも心は満足です♪

 

交読詩編は、「詩編」第90編1~12節。要約すると、

「主はこの大地と人の世がなる前から、とこしえにわたしたちの神。主の目には1000年もただひとときにすぎず、人は草のように枯れていく。
主の怒りを前に、わたしたちの生涯は70年ほどのもの。人生はため息のように消えうせ、健やかに80歳を迎えても、そのあと得るものは労苦と災いだけ。
主を敬う者は、主の憤りをも知るだろう。主よ、人生が有限であることを覚え、知恵ある心を得られますように教えてください」

という内容です。この詩をんだのはモーセらしいですが、「色は匂へど散りぬるを・・・」を思い出してしまうのはぼくだけでしょうかw

 

牧師説教は「あなたも離れて行きたいか」と題し、「ヨハネによる福音書」第6章60~71節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

ところで、弟子たちの多くの者はこれを聞いて言った。「実にひどい話だ。だれが、こんな話を聞いていられようか。」イエスは、弟子たちがこのことについてつぶやいているのに気づいて言われた。

「あなたがたはこのことにつまずくのか。それでは、人の子がもといた所に上るのを見るならば・・・・・・。命を与えるのは“霊”である。肉は何の役にも立たない。わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、命である。しかし、あなたがたのうちには信じない者たちもいる。」

イエスは最初から、信じない者たちがだれであるか、また、御自分を裏切る者がだれであるかを知っておられたのである。そして、言われた。「こういうわけで、わたしはあなたがたに『父からお許しがなければ、だれもわたしのもとに来ることはできない』と言ったのだ。」

このために、弟子たちの多くが離れ去り、もはやイエスと共に歩まなくなった。そこで、イエスは12人に、「あなたがたも離れて行きたいか」と言われた。

シモン・ペトロが答えた。「主よ、わたしたちはだれのところへ行きましょうか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。あなたこそ神の聖者であると、わたしたちは信じ、また知っています。」

すると、イエスは言われた。「あなたがた12人は、わたしが選んだのではないか。ところが、その中の一人は悪魔だ。」イスカリオテのシモンの子ユダのことを言われたのである。このユダは、12人の一人でありながら、イエスを裏切ろうとしていた。

 

―「ヨハネによる福音書」第6章60~71節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

 

最後まで残った十二弟子の心にイエスが見た闇

地上での平和が欲しい!

多くの弟子たちが「ひどい話だ」と言ったとありますが、これは同章の53節から続くイエスの言葉に対する反応でした。イエスは、

人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたたちの内に命はない(6:53)

わたしの肉はまことの食べ物、わたしの血はまことの飲み物だからである(6:55)

と語られていたのです。実にグロテスクな表現ですが、もちろんイエスは、人々に文字どおりのことをお求めになったのではありません。

 

弟子たちがイエスの言葉を拒絶した理由は、たんにその表現がわかりにくく、真意を理解できなかったからではないでしょう。

そこには、弟子たちが求めていたイエス像と、救い主である本当のイエス像が異なっていた、という背景があります。

 

これより前、イエスは数多くの奇跡を起こし、直前には嵐を鎮めています。弟子たちはその光景を目の当たりにして、イエスに期待しました。

「あの人は自然さえも従わせてしまう・・・。もしあの人を王にすれば、オレたちゃ怖いものなしだ!」

弟子たちはローマ帝国からの独立を望み、奇跡の力を頼んで、イエスを「ユダヤの王」に戴こうと考えていたのです。

 

でも彼らの考え方によれば、災害が起こったり病気になったり、なにか不幸の起こるたびに奇跡を求めなければいけません。

この世界ではさまざまな災いが絶えず起きますから、ユダヤ人は永遠に奇跡を頼りつづけ、本当の平安を得ることはないでしょう。

 

裂かれるべき命のパン

弟子たちをはじめとするユダヤ人は、現世的・政治的な理由でイエスをあがめていました。でも、イエスはそれ以上の方です。

イエスが弟子たちにお教えになったのは、「永遠に朽ちることのない命」を求めることでした。その命とは、イエスご自身のことです。

イエスは同章35節で、わたしが命のパンであると言われています。イエスこそが、天から降って来たパンなのです。

これが「わたしの肉を食べ、血を飲みなさい」という言葉の由来です。これをわかりやすく言い換えると、こうなります。

 

「十字架の上で捧げられるわたしの体と血を受け入れ、父なる神から永遠の命を頂きなさい」

 

結局、イエスはユダヤ人の望むような“地上の王”にはなられませんでした。多くの弟子たちがそのことに絶望し、たった12人だけを残して離れていきました。

イエスは残った弟子たちに「あなたたちも離れていきたいか?」とお尋ねになります。それは「わたしのほかに従うべき者がいるか?」という問いでした。

イエスは、慈しみ深くも厳しい方です。

道路に飛び出そうとする子どもを厳しく叱りつける父親のように、イエスは道を誤ろうとする弟子たちの心を正されました。

 

人を離さないイエスの愛

イエスから離れるのは、当時の弟子たちだけではありません。

日本では江戸時代、キリシタン迫害の渦中で信仰を捨てた人々がいたし、太平洋戦争下では天皇をあらひとがみとしてあがめることを強制され、処罰を恐れて棄教した人々もいました。

〈十二弟子〉たちも、同じような理由でイエスから離れることになります。イスカリオテのユダはイエスを裏切り、ほかの11人も全員逃げてしまうのです。

 

弟子たちはイエスから質問を受けたとき、「いざとなったら逃げてやろう!」というつもりはまったくありませんでした。

彼らは本気でイエスを愛し、もしイエスが殺されるような事態になったら、自分たちも運命をともにする気でいたのです。

でも、イエスは弟子たちの「心の闇」を見抜いておられました。

そして、弟子たちと同じ闇が、現代に生きるわたしたちの心の中にもあること、わたしたちが弱い存在であることを、イエスは知っておられます。

 

イスカリオテのユダはイエスを裏切り、十字架送りにした張本人です。イエスはそのユダさえも、最後まで愛し通されました。

わたしたちもユダのような闇を抱えています。正しく生きようと思っても、なかなかその思いどおりに生きることができません。

 

ただ、わたしたちが弱さゆえにイエスから離れても、罪の赦しのために死んでくださったイエスは、それを追いかけてくださいます。

 

イエス・キリストを信じるわたしたちは、そのような愛の中に生かされているのです。その恵みを忘れず、喜んでイエスに従っていきましょう。

 

遜の黙想

「イエス・キリストはぼくたちの罪を背負って、ぼくたちの身代わりとして、十字架にかかって死んでくださったのです」

ぼくはキリストの死の意味を、このように簡潔に説明することができる。だからと言って、ぼくがその意味を十分理解しているかと訊かれたら・・・。

ぼくはキリストに救われたことを感謝しているし、キリストをだれよりも愛している。だが同時に、究極的には自分が一番だと思っていることも自覚している。

ぼくが江戸時代に生きるキリシタンだったら、踏絵を踏まずに拷問を受けて死ぬことを選べたかどうか、まったく自信がない。

 

それにぼくは、“地上の王”としてキリストに期待したユダヤ人を責められない。ぼくも日々の祈りの中で、“地上の富”を求めてしまうからである。

本当にキリストに感謝していたら捧げないような祈りを捧げている自分に気づくと、自分には十字架の意味がまったくわかっていないのではないか、と思わずにはいられなくなる。

目先のことに囚われ、神に従いたいと思いながらもそれを体現できない。キリストはそんなぼくに、「遜が弱いことはわかっている。でも、わたしはそのきみを愛しているのだ」と言ってくださる。

 

この世で手に入れられるものはすべて滅びてしまうが、キリストの言葉は永遠に朽ちることがない。永久に存在しつづけるのである。

ぼくは永遠を求めて生きていきたい。永久に朽ちることのない命のパンであるキリストに、心を向けて。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)