遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】人はパンのみにて生くるにあらず

 

積まれた丸パン

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

小さなころ、こんなの欲しいなぁと思わせる歌がありました、「♪ポケットの中にはビスケットが1つ、ポケットをたたくとビスケットは2つ」。あったらいいですよねw

「ビスケット割れただけじゃないの?」とか、そんな悲しいこと言わないでくださいよ。そのポケットがあったら、きっと米粒だって無限に増やせますよ! 食糧危機なんて怖くない(≧∇≦)

そんな〈ふしぎなポケット〉としてキリストを見てたのが、約2000年前のユダヤ人たちです。キリストは本当に寂しかったんじゃないかなぁ・・・。

 

さて、今回はちょっと前に遡って、2月23日の礼拝で牧師先生が話してくださった説教の内容を分かち合います。

 

 

この記事についてお断りをさせていただくと、

  • 内容はぼくが礼拝中に取ったメモをもとに綴ります。
  • 牧師先生の話されたことの意図を損ねないと思われる範囲で、ぼく独自の表現を交えて書くことをお許しください。
  • 聖書内容や専門用語などについて、説教にない注釈を独自に入れる際は、遜註マークで目印をしておきます。
  • ぼくの通っている教会は、日本基督教団という正統な団体に所属していますので、安心してお読みいただけます(^ω^)

 

2020年2月23日 降誕節第9主日礼拝

2020年2月23日
降誕節第9主日礼拝

交読詩編は、「詩編」第95編1~11節。要約すると、

「大いなる王、主に向かって喜び歌おう。地の底も山々も、海も陸も、すべて御手によって形づくられた。主はわたしたちを造られた方、わたしたちは御手の内にある羊。
主の御声を聞け。『あなたたちは、先祖のように心をかたくなにしてはならない。あなたたちの先祖は荒れ野でわたしを試みた、わたしの業を見ながらもなお。わたしは彼らを心の迷う民と呼び、約束の地に入れないと誓った』」

という内容です。エジプトを脱出したユダヤ人が荒れ野で放浪生活を過ごした40年間、神さまは心身ともに彼らを養われました。ユダヤ人は不平不満をもって、その恵みに応えました。

今回のキーワードは「パン」。いまユダヤ人が生きているのは、神さまが決して彼らを見捨てず、パンを与えつづけられた証拠です。

 

牧師説教は「命のパンの恵み」と題し、「ヨハネによる福音書」第6章1~15節から御言葉を学びました。

 

 

聖書の御言葉

今回は全文を引用すると長くなりすぎるため、ぼくが『聖書 新共同訳』をもとに要約した文章を掲載します。ご了承ください。

 

イエスがガリラヤ湖の向こう岸に渡られると、大勢の群衆がその後を追った。イエスは山に登り、弟子たちと共にそこに座られた。まもなくすぎこしさいが始まるころであった。

群衆がやって来るのを見て、イエスはフィリポに言われた。「彼らに食べさせるには、どこでパンを買えばよいだろうか。」これはフィリポを試みるためであって、イエスは御自分でしようとしていることを知っておられた。

フィリポは「200デナリオン分のパンでも足りないでしょう」と答えた。すると、弟子の一人のアンデレが、イエスに言った。「ここに大麦パン5つと魚2匹を持っている少年がおりますが、こんなに大勢では何の役にも立たないでしょう。」

イエスは弟子たちに群衆を座らせるよう言われたが、その数は男だけでおよそ5000人であった。イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えて人々に分け与えられた。また、魚も同じようにされた。

人々が満腹すると、イエスは弟子たちに残ったパン屑を集めさせられた。パン屑は12のかごにいっぱいになったので、人々はこのしるしを見て、「この人こそ、世に来られる預言者である」と言った。

イエスは、人々が御自分を王にするために連れて行こうとしているのを知り、ひとりで山に退かれた。

 

―「ヨハネによる福音書」第6章1~15節(独自に要約)

 

5000人の空腹を満たした5つのパンとイエスの祈り

〈5000人の給食〉が伝えること

今回の〈5000人の給食〉は、ほかの3つの福音書にも記されていますが、ここではやや異なる描写があります。その一つは、「イエスが人々に食事を与えるきっかけ」です。

3福音書では、まず弟子たちがイエスに人々を解散させるよう請い、それからイエスが「きみたちが彼らを食べさせなさい」と言っておられます。

一方「ヨハネによる福音書」では、人々がご自分のほうへやって来るのを見て、「彼らに食べさせるパンをどこで手に入れられるだろう?」と、自ら心配されたことになっているのです。

 

「ヨハネによる福音書」には、ある一貫した特徴があります。それは、

イエスが「能動的に」人々を憐れんで助けておられる

ということです。弟子たちに対応を求められるより前に、自ら人々を心配しておられる点は、イエスの能動的な態度の表れと言えるでしょう。

 

さて、大勢の人々を心配されたイエスではありましたが、あいにく全員分の食糧をまかなえるだけの大金はありませんでした。

大麦パンが5つと、魚が2匹あるだけです・・・。

ところが、そのわずかな食べ物にも問題がありました。実は、大麦パンは奴隷が食べるための、粗悪な食べ物だったのです。イエス一行には、実質的に食糧調達は不可能でした。

 

でも、イエスは弟子たちに命じます、「この草地に彼らを座らせなさい」。群衆は成人男性だけで5000人とありますから、実際はその倍程度はいたでしょう。

イエスは例の大麦パンと魚を手に取り、感謝の祈りを捧げてから、人々に分け与えはじめられました。それで5000人以上の人々が満腹になってしまったのです!

 

さて、ここでわたしたちがどうしても考えてしまうのは、「イエスはいったいどうやって、少ないパンと魚だけで5000人以上の人を養ったんだろう?」ということです。

――が、それを考えることには、実はあまり意味がありません。

イエスの感謝の祈りによって全員が満腹した、という事実こそが大切です。しかも、ただ単に空腹を満たしただけではなく、むしろ「霊の糧」を与えられたのです。

 

お金で買えない恵みのパン

この奇跡がなされる前、イエスは弟子・フィリポにどこでパンを買えばよいかとお尋ねになりました。聖書には、「フィリポを試みるため」と記されています。

フィリポはこう答えました、「給料200日分のパンでも足りませんよ」

フィリポは実際に食べるパン、「肉の糧」について答えています。それは当然だと思えるでしょうが、イエスが期待しておられた答えは違います。

 

イエスは〈命のパン〉――つまり「霊の糧」について答えてほしかったのです。

 

ここでもう一つ、「ヨハネによる福音書」がほかの3福音書と異なる書き方をしている箇所を見てみましょう。今度は「群衆にパンを配る人」です。

3福音書では、イエスの祈りを受けた〈パン〉は弟子たちの手に渡され、それから人々の手に渡っています。イエスは弟子たちを介して人々に施しておられる、ということです。

一方ヨハネは、イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えてから、座っている人々に分け与えられたと記しています。イエスが直接人々に〈パン〉を配っておられるのです。

 

それは、この〈パン〉はイエスのみが与えられるものである、ということの強調です。

イエスを追って来た人々は、さまざまな悩みや問題を抱えていたでしょう。でも、イエスによって与えられた恵みの〈パン〉によって生かされたのです。

同じようにわたしたちも、イエスから一人ひとりに与えられる〈パン〉によって、苦悩や問題の中にあっても生きることができます。

 

カゴいっぱいのパンを用いて

人々の空腹を満たしたパンは、最終的に12個のカゴがいっぱいになるほど余りました。実に、イエスの〈パン〉はそれほどたくさん与えられたのです!

イエスから与えられる〈命のパン〉は、クリスチャンそれぞれのカゴに、いまもたくさんあります。隣人に分け与えることができるようにと、イエスご自身が持たせてくださっているのです。

クリスチャンはその〈パン〉を用いて、まだイエスを知らない人々を生かすことができます。

 

イエスから頂いた〈パン〉を、自分ひとりで持っているのでしょうか? それとも、隣人のために使うのでしょうか?

それを選ぶのは、クリスチャン一人ひとりです。

恵みの〈パン〉を食し、それに支えられて生きていることを、クリスチャンは日々心に留めていなければいけません。

 

遜の黙想

世界の富は、わずか1%未満の人々に独占されていると言われる。その1%弱の資産家が99.9%の人々に富を分け与えれば、世界に金銭的な格差はなくなるのだと。

そして、日本のクリスチャン人口も1%に満たないと言われている。その1%弱のクリスチャンが99.9%の人々に御言葉を分け与えれば、日本に“霊的な格差”はなくなるだろうか――

ユダヤの人々が〈5000人の給食〉を経験してもご自分を信じないだろうことは、キリストも初めからご存じだったはずである。それなのになぜ、あえてその奇跡を起こされたのか?

それは、人々が霊的に死んでいたからだと思う。キリストの〈パン〉を食べて、人々は生き返らされたのだと思う、表面的にはわからないけれど。〈命のパン〉は、すべての人に等しく与えられるべきものである!

 

5000人の人々が〈命のパン〉を求めていたわけではなかったように、日本の99.9%の人々も御言葉を欲してはいないだろう。しかし、1%弱のクリスチャンであるぼくは、それを分け与えたい。

キリストの救いの御言葉を「福音」という。それはクリスチャンにとってのみ「さいわいの音」なのではなく、すべての人にとってそうなのである。だから、分け与えなければならない。

日本の1%未満のクリスチャンたちは、いまもあらゆる場所で伝道をしている。手にはパン屑でいっぱいのカゴが提げられており、ぼくはその様子を見聞きすると勇気が湧いてくる、ぼくも励もうと!

 

ときどき、ぼくは他人のカゴの大きさをうらやむことがある。その中に入っている〈パン〉の多様さに嫉妬することがある。そういうとき、聖霊は必ずざんを促してくださる。

そして、自分のカゴに盛られている恵みの豊かさに目を留めるように、〈パン〉を分け与えている兄弟姉妹の祝福を祈るように導いてくださる。それは、すべての人が生き返るためである。

ぼくたちが分け与えた〈命のパン〉は、必ずだれかを生かすだろう。表面的にはわからなくても、生き返らされたその人の霊は、いつか福音を求め、キリストを知るようになるだろう。

ぼくのカゴに盛られた〈パン〉は、キリスト味。ぼく独自の味を混ぜることなく、キリストに手渡されたままを、99.9%の日本人に分け与えていこう。アーメン。

兄弟姉妹 クリスチャンが同じ信仰を持つ人に対して用いる敬称。ただし、一般的には「●●さん」と呼ぶことがほとんどで、兄弟姉妹と呼んだり呼ばれたりすることを好まないクリスチャンもいる。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)