遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

イースターってどんな祭り?

 

イースターってなに?

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ぼくが初めて教会の扉を開いたのは、なんとイースターの日。当時、キリスト教についての知識はあんまりなかったんですが、その日はかなり大切らしいってことは知ってました。

最近だと、「イースター」って言葉はそんなに珍しいものじゃなくなったかな、と思います。某テーマパークでも、春のイベントとして取り上げられてますもんね☆

喜ばしいこと(?)ですけど、そもそもイースターってなにかご存じですか? 日本では「復活祭」とも呼ばれて、カラフルな卵とかウサギとか、かわいらしいシンボルで飾られてますよね。

 

そこでイースターを間近に控えた今日は、イースターとはどんな祝日かについて綴ります。実はクリスチャンにとって、その日はクリスマスよりも重要なんです!

 

 

キリストの受難を振り返る日々

あの辞書を編纂した方々には、本当に頭が上がりません。――『広辞苑』で「イースター」と引いたら、「復活祭」とありました!

ふっ-かつ-さい【復活祭】

キリスト教会で、イエス=キリストの復活を記念して春分後の満月直後の日曜日に行う祭事。イースター。

 

―新村出編『広辞苑 第6版』

とあるように、

イエス・キリストの復活を祝うことが、イースターの目的なのです!

 

でも、イエス・キリストの復活とは、いったいどういう意味なのでしょうか?

 

人間の〈罪〉を背負ったキリスト

イエス・キリストという名前は、「キリストであるイエス」――つまり、「わたしたちの〈救い主〉であるイエスさま」という意味です。

ぼくたち人間は生まれながらに罪深い存在で、その〈罪〉ゆえに神から遠ざかり、死後は裁きを受けて地獄に落とされる定めにあります。

でも、神はぼくたちを愛してくれていますから、ぼくたちを天国へ救い上げるために、1人の〈救い主〉を遣わしてくれました。

 

〈罪〉について詳しく知るにはコチラ
キリスト教でいう罪ってどんなこと?

 

その救い主こそ、

イエス・キリストです!!

 

神がどのようにぼくたちを救ってくれたかというと、ぼくたちの〈罪〉をすべてキリストに肩代わりさせたのでした。

もっとわかりやすく言うと、神は無実のキリストを「有罪」とする代わりに、つみびとであるぼくたちを「無罪」としたのです

こうしてキリストは、その生涯の最後の3年間、多くの人々からバカにされ迫害され、想像絶する痛みと苦しみの中で死ぬことになりました。

 

そのキリストの苦難のことを、受難といいます。ここからは、キリストの受難と復活のストーリーをざっくりと見ていきましょう。

 

「退け、サタン」

イエスはマリアのお腹に聖霊=神の霊によって宿り、大工・ヨセフの養子として、「キリスト=救い主」の役目を持って生まれました。

イエスが人々の前で宣教活動を始めるのは、それから約30年後のことだとされています。それ以降のイエスの歩みを、「公生涯」と呼んでいます。

 

イエスは宣教に先立って荒れ野へ行き、なんと40日にも及ぶ断食生活を送りました。その間、イエスは悪魔の誘惑と闘ったのです。

「さぁ、この石をパンに変えて腹を満たせ、おまえが神の子だと言うのなら・・・」

イエスはひどい空腹の中、自分がキリストであることの証明を強いる悪魔の誘惑に耐え抜き、とうとう悪魔を追い払いました!

ただ聖書は、悪魔は時が来るまでイエスを離れた(ルカ4:13b)という、なにやら含みを持たせた言い回しをしています。ちょっと覚えておいてください。

 

さて、イエスは40日間の苦行を経験したわけですが、この「40」という数字は、聖書におけるキーナンバーです。例えば、

  • ユダヤ人はエジプトから脱出したあと、40年間に渡って荒れ野をさまよった
  • 指導者・モーセは神と契約を交わすため、40日間の山ごもりと断食を行った
  • 預言者・ヨナは神の啓示を受けて、「あと40日でこの都は滅びる」と預言した

などです。このことからキリスト教会では、特にイエスの断食を覚えて、復活祭当日から日曜日を除く40日前を灰の水曜日と制定しています。

 

この日を境に、教会暦は受難節(四旬節/レント)に入り、多くのクリスチャンは嗜好品を断つなど、イエスの受難に心を向けます。

ちなみにある先輩クリスチャンは、毎年コーヒー断ちをしているそうです。え? ぼ、ぼくですか・・・。ぼくはですねぇ・・・、次に行きます。

 

「いと高きところにホザンナ」

荒れ野での誘惑を終えたイエスは、いよいよ宣教の旅に出発します。イエスは12人の弟子たちをはじめ、多くの人々を率いて各地を巡りながら、権威ある言葉で人々を教え、病人や盲人を癒したり、5つのパンで5000人を満腹にさせたりなど、数々の奇跡も行いました。

 

そんなイエスの公生涯が中盤に差しかかったころ、弟子たちはある予告を耳にします。

このときから、イエスは、御自分が必ずエルサレムに行って、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受けて殺され、3日目に復活することになっている、と弟子たちに打ち明け始められた。

 

―「マタイによる福音書」第16章21節(新共同訳)

弟子たちはこの言葉の意味をまったく理解できませんでしたが、同じことが3度くり返されたあと、一行は実際にエルサレムへ赴きます。

 

でも、イエスはただで都入りするような方ではありませんw 弟子たちに子どものロバを見つけて来させ、それに乗ってエルサレムの城門をくぐったのです。

エルサレムの人々はその姿に大興奮、ナツメヤシの枝と「ホサナ!」の叫び声とともにイエスを迎えました。主の名によって来られる方に~ヽ(≧∇≦)ノホサナホサナ

ホサナとは「神よ、いま救ってください」という意味で、現在では「ハレルヤ」のように讃辞として使われているようです。

 

ところで、ぼくは音楽の父・バッハが好きなのですが、そのミサ曲の中に〈いと高きところにホザンナ〉という合唱曲があります。

「♪ホゥザンナッ、ホゥザンナッ」という軽快な混声から始まる曲で、明るいラッパの音色がイエスを歓迎する人々の様子を想像させます。ぜひ一度聴いてみてください^^

 

話がそれましたが(ぼくの悪い癖で・・・)、イエスが子ロバに乗って都入りしたのは、実は旧約聖書の預言を成就させて、自分がキリストであることを証明するためでした。

娘シオンよ、大いに踊れ。

娘エルサレムよ、歓呼の声をあげよ。

見よ、あなたの王が来る。

彼は神に従い、勝利を与えられた者

高ぶることなく、ろばに乗って来る

ろばの子であるろばに乗って。

 

―「ゼカリヤ書」第9章9節(新共同訳)

 

人々がイエスを歓迎したのはこの預言を知っていたからこそですが、正しいキリスト像をもって迎えたわけではありませんでした。

人々は罪の赦しと永遠の命を与える〈救い主〉としてではなく、ローマ帝国からの独立と自由をもたらす“地上の王”として、イエスに期待を寄せていたのです。

さらに、当時のユダヤ人がイエスをキリストと認めなかったのは、教会が十字架をシンボルとしていることでも明らかになっています。

 

ユダヤの有力者たちは、イエスがキリストであることを断固否定し、逆に神をぼうとくする者として抹殺しようとしていたのです。イエスの予告どおりに・・・。

 

この〈エルサレム入城〉をきっかけに、イエスの公生涯はクライマックスに突入しました。

イエスの死がこの出来事の1週間後であることから、復活祭直前の日曜日をしゅの主日(枝の主日)と呼んで特別視しています。

そして、この日から復活祭前日までの1週間を受難週(聖週間)といい、イエスの入城以後の苦難について思いを巡らせます。

 

「これはわたしの体と血」

次の話題は、かの有名な絵画のモチーフとなった食事会に移ります。実はそのとき、弟子たちの身に信じられない出来事が起こっていました。それは、

主であるイエスが、自ら弟子たちの足を洗いはじめた!?

というハプニング。人の足を洗う行為は、目下の人が目上の人への敬意を表すためにすることで、そうでなければ奴隷の仕事でした。

 

だから、一番弟子のペトロも驚いて拒絶しようとしました。でも、イエスは奴隷のように振る舞うことで弟子たちへの愛を示したのです。

またこれは、「きみたちもわたしを見習って、お互いがお互いのしもべとなりなさい」という最後の説教でもありました(ヨハネ13:14)

 

さて、〈最後の晩餐〉の終盤、イエスはパンとブドウ酒を取って「これはわたしの体と血である」と言い、弟子たちの手に渡しました。

なんだか奇妙なセリフですよね。そのナゾを解くには、この晩餐が過越祭(すぎこしさい)の一環として開かれたものだ、ということに注目する必要があります。

過越祭はユダヤ教の祭りではありますが、イエスがその食事の席であの言葉を言ったのには、とても重要な意味が秘められているのです。

 

かつてユダヤ人はエジプトに寄留していましたが、神は奴隷状態だったユダヤ人を救い出すべく、彼らを執拗に引き留めるファラオに10の災いを起こしました。

その最後にして最大の災いが、エジプト全土の初子が死ぬ、という衝撃的なものです。そこで神は、ユダヤ人にこう命じました。

「小羊を生け贄として捧げ、その血を家の門の柱と鴨居に塗れ。わたしはエジプト全土を巡るが、血塗られた家を過ぎ越し、その家の者には災いを及ぼさない」

その夜、王族から家畜に至るまで、エジプトじゅうのすべての初子が死に絶え、ユダヤ人は430年ぶりにファラオの支配から解放されたのです!

過越祭とはこの出来事を記念し、神に罪の赦しの乞うための儀式です。エルサレムでイエスを迎えた人々も、この祭りのために集まっていました。

 

いま、イエスが〈最後の晩餐〉で弟子たちに言ったセリフを再構成してみます。

「わたしは小羊としてこの身を捧げ、十字架の上でこの血を流す。神はすべての罪人を裁かれるが、この血を受け入れる者を過ぎ越し、その者には裁きをお下しにならない」

 

洗礼者・ヨハネはイエスを「神の小羊」と呼び(ヨハネ1:29b)、使徒・パウロもイエスを「過越の小羊」と言っています(Ⅰコリント5:7b)

イエスは公生涯を歩みはじめてから、人間の〈罪〉を取り除く生け贄となるために、ただ十字架一つだけを見つめていたのです! 感謝(TωT)

 

〈最後の晩餐〉の記念日は、イエスが弟子たちの足を洗われたことにちなんで、洗足の木曜日(聖木曜日)と呼ばれています。

 

キリストの復活をお祝いする日

 

十字架のキリストと復活のキリスト

 

弟子たちは〈最後の晩餐〉で、戸惑いながらもイエスに足を洗ってもらいましたが、同じ場でさらなるハプニングが起こっていました。

イエスが「きみたちの中に裏切り者がいる」と言い放ったのです。その瞬間を切り取っているのが、ダ・ヴィンチのあの名画ですよね。

明智光秀以上に裏切り者として悪名高いイスカリオテのユダは、ついに名指しされて晩餐の席を立ってしまいます。“その時”がやって来たのです。

 

「この杯を取り除けてください」

さぁ、約3年ぶりにイエスのそばを離れていた存在が戻って来ました。覚えていますか?

イエスへの裏切り行為について、聖書はイスカリオテと呼ばれるユダの中に、サタンが入った(ルカ22:3)と記しています。

荒れ野でイエスを誘惑していた悪魔が戻って来たのです。悪魔はユダを使い、イエスを捕らえるためにユダヤの最高法院を動かすことに成功します。

 

そのとき、イエスはゲッセマネの園で祈りを捧げていました。聖書に記されているその姿は、とても〈救い主〉のものとは思えません。

イエスは弟子たちの面前で恐れと悲しみに震え、「神よ、できるならこの苦しみの杯を取り除いてください」と祈ったのです。

でも、さすがは神の子。イエスはらしくない弱音を吐いたあと、「ただあなたの御心がなりますように」と自分の運命を受け入れました!

 

神の御心は、イエスがユダの裏切りによって捕らえられ、ローマ帝国のもとで死刑判決を受けることにほかなりませんでした。

その御心が成就したことで、イエスは弟子たちへの予告どおり、多くの苦しみを受けてから十字架の上で死ぬことになります。

キリスト教会はこの受難を覚えるために、復活祭直前の金曜日を受難日(聖金曜日)と制定し、多くの教会で礼拝を守っています。

 

さて、イエスは十字架にかけられる前、ムチ打ちの刑にも処せられました。聖書はそのことをサラッと語っていますが、〈パッション〉という映画ではリアルに表現されています。

その描写は実に凄惨で、上映中に心臓発作を起こして亡くなった人がいるほどです。イエスは木のムチやかぎづめつきのムチで、全身をメッタ打ちにされました。

これはあくまで演出ですが、実際と大きな相違はないだろうと思います。どれほど痛み苦しんだことでしょうか・・・。

 

ぼくたちの〈罪〉というのは、神の子が想像もできないくらいの苦痛を味わわなければ赦されないほど、深く重いものなのです。

 

「彼らを赦してください」

イエスは満身創痍になりながらも重い十字架を背負わされ、ゴルゴタの丘に連行されました。ゴルゴタとは、ヘブライ語で「ドクロの場所」という意味です。

午前9時、イエスは手足に釘を打たれ、とうとう十字架につけられました。その罪状書きは、「ユダヤ人の王」という皮肉っぽいものでした。

 

このとき、イエスは父なる神にあることを祈っています。

父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです(ルカ23:34a)

自分にツバ吐いて侮辱し、ムチ打っていたぶり、十字架にまでつけた人々のために、イエスは取りなしの祈りを捧げたのです。

 

イエスが最期までぼくたちを愛してくれた一方、ぼくたちは最後までイエスを〈救い主〉として受け入れず、バカにしつづけました・・・。

「神の子だなんて偉そうにほざいといて、十字架から降りて自分を救うことさえできない。おまえなんかメシアじゃなくてペテンシアだ!」

もし、ぼくが当時のユダヤ人だったら、そんな罵詈雑言を放つ自分を誇って、神に忠実な人間を気取ることでしょう・・・。

 

「成し遂げられた」

昼12時になって、突然太陽が陰りました。これは一説によると、神がイエスに対して御顔を隠したことを意味しているそうです。

イエスもそのことを悟ったように、「神よ、なぜわたしをお見捨てになったのですか!」と天に向かって叫んでいます。

 

そして――

午後3時、イエスはぼくたちの〈罪〉を清める「神の小羊」としての役目を終えました。イエスの辞世の句は、「成し遂げられた」でした(ヨハネ19:30)

 

イエスの遺体は、弟子・ヨセフによって墓に葬られました。その翌日、ユダヤの有力者はイエスの墓に兵士を送り、厳重に見張らせました。

弟子たちがこっそりイエスの遺体を盗んで、「主は復活なさった!」と奇跡をでっち上げないようにとの、いわば“復活対策”です。

 

カトリック教会などでは、イエスが墓に葬られている日の記念として、聖土曜日という祭日が設けられているそうです。

 

「あの方はここにはおられない」

イエスの葬りを見届けた人々の中に、マグダラのマリアをはじめとした、数人の女性たちがいます。

イエスの死の3日目、彼女たちは亜麻布を巻かれただけのイエスの遺体に死後処置を施そうと、ふたたび墓を訪れました。

 

聖書には、このとき女性たちをひどく驚かせた出来事が記録されています。

・・・〔婦人たちは〕週の初めの日の明け方早く、準備しておいた香料を持って墓に行った。見ると、石が墓のわきに転がしてあり、中に入っても、主イエスの遺体が見当たらなかった。そのため途方に暮れていると、輝く衣を着た2人の人がそばに現れた。婦人たちが恐れて地に顔を伏せると、2人は言った。

「なぜ、生きておられる方を死者の中に捜すのか。あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、3日目に復活することになっている、と言われたではないか。」

そこで、婦人たちはイエスの言葉を思い出した。そして、墓から帰って、11人とほかの人皆に一部始終を知らせた。・・・婦人たちはこれらのことを使徒たちに話したが、使徒たちは、この話がたわごとのように思われたので、婦人たちを信じなかった。

 

―「ルカによる福音書」第24章1~11節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

この出来事こそ、クリスチャンの信仰の根っこであり、キリスト教会が復活日(イースター)にお祝いする、イエス最大の奇跡です! ハレルヤ(≧∇≦)!!!

 

イエスの墓は大きな石でふさがれていたはずで、その前には見張りの兵士もいました。輝く衣を着た2人というのは、天使たちのことです。

「マタイによる福音書」には、この天使たちが封印の石を動かし、番兵たちを震え上がらせる様子が記されています(28:2-4)

女性たちも同様に怖がりますが、からっぽの墓の意味を悟り、11人の弟子たちにイエスの復活を告げるのです(ユダは裏切りの直後に自殺しています)。

 

弟子たちははじめ、イエスの復活を信じていませんでした。そんな弟子たちの前にイエス本人が登場するのですから、彼らはどれほど驚き、また喜んだことでしょう!

イエスはそのあと、弟子たちとともに40日を過ごしてから、父なる神のもと、本来いるべき場所へと帰って行きました。

 

神はイエスを死者の中から復活させることで、「神の小羊」としてのイエスの死を承認しました。また、イエスを信じる者に「永遠の命」が与えられることを示しました。

 

イースターとは、イエス・キリストがぼくたちの罪のために十字架にかかり、その死に打ち勝って復活したことを喜ぶ日です。

あなたにもぜひ、キリストを信じてほしいと思います!

そして、キリストを通して与えられた「永遠の命」という希望を胸に抱き、一緒に父なる神さまを讃美してお祝いしましょう(*´ω`*)

 

イースターは輸入物!?

最後は、イースターについてのちょっとした雑学を紹介します。

実は、「イースター」という言葉は聖書由来ではなく、ゲルマン神話に登場する、春と豊穣の女神から取っているそうです。

それがエオストレで、英語では Eostre と綴ります。

キリスト教で一番大切な記念日が、ヨーロッパの神話の、しかも女神の名前をもとに呼ばれているというのは、・・・おもしろいですよね^^;

 

ほかにもカラフルに色を塗ったイースター・エッグや、かわいらしいイースター・バニーがありますが、これも異文化圏の風習を取り入れたものだといいます。

卵はカラを破って命が生まれてくることからキリストの復活を象徴し、子どもをたくさん産むウサギは豊穣のシンボルになっているとのこと( ̄^ ̄)フムフム

なにやら復活祭をより盛り上げるために、カトリック教会が取り入れたのだそうです。個人的には、相当なギャンブルをしたと思いますw

 

ある物事を人々の間に定着させるために、時に大胆な手法で訴えかけていくことは重要です。でも、内より外を重んじるのが人間のさがというもの・・・。

いまやイースターは、クリスマスやバレンタインに次ぐ“新たなビジネスチャンス”として注目されています。これをどう逆手に取るか、クリスチャンには悩ましいところですね。

 

大切なのは、いかに美しいイースター・エッグを飾るかではなく、いかにこの記念日をイベントとして楽しめるかでもありません。大切なのは、

キリストの復活・復活復活!!

ただそれだけです。願わくは、イースターの盛り上がりがキリストへの道を開き、この国にリバイバルをもたらしますように。アーメン。

 

あなたもこの機会に、ぜひ聖書にふれてみてくださいね!

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)
  • 新村出編『広辞苑 第6版』(岩波書店)

参考資料

画像の出典(Pixabayより)

(掲載順)

関連記事