遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【テスティモニー】ぼくはなぜクリスチャンになったのか?

どうしてキリストを信じたの?

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ぼくは、2019年4月1日の深夜、イエス・キリストが自分の救い主であることを受け入れ、晴れてクリスチャンとなりました(≧∇≦)ワーイ

 

ぼくは特定の宗教に所属すること、つまり「信仰」ってものに強烈な抵抗感を持ってた人間です。日本人特有の宗教観のせいですね。

だから、まさか自分がキリスト教を信仰するようになるなんて、本当に1ミリも思ってなかったんですよ。そこで今回は、ぼくがイエス・キリストを信じた理由について綴ります。

 

 

午前0時からは、神さまの時間です

ぼくは小さなころから神さまの存在を信じていました。と言っても、「信仰」ということではなく、「認識」という程度のことです。

いまぼくが存在し、家族が存在し、友達が存在しているのと同じくらい当たり前に、神さまはいるものだと思っていました。幽霊や魂も同じです。

キリスト教は幽霊(この世にとどまる死者の魂)の存在を否定しており、ぼくもその考え方を受け入れています。

 

小さなころは仏壇に水を供えるのが好きでした。コップの中の水がだんだん減っていくのが、うれしくてたまらなかったのですw

「ひぃおじいちゃん、お水飲んでくれたよ!」

蒸発という現象を知らなかったし、家族も子どものぼくに合わせて喜んでくれていました。そういう経験があったから、神さまや霊魂を認識するようになったのでしょう。

 

あなたにも、同じような経験がありませんか? ただ忘れているだけで、

もともと人間には、目に見えないものへの関心が備えられている

と、ぼくは思っています。

 

ぼくの関心の中でも、神さまはユニークでした。だれに教わったのか、ぼくはこの世界が神さまによって造られたことを知っていました。不思議ぃ~(゜゜)...

人間は深夜0時になるとみんな寝静まって、その間に神さまが天から降りて来るのだと思っていたのです。そしてプラレールを組み立てるように、家やビル、遊園地や高速道路を造ってくれているのだと。

そう、ぼくはメルヘンな少年でしたwww

 

たしか小学2年生ごろ、その思い込みは打ち砕かれましたが・・・。あるよく晴れた日、作業着姿の人たちが高速道路の入口にたむろしていて、ぼくは不思議に思って父に尋ねました。

「パパ、あの人たちなにしてるの?」

「ん? あぁ、新しい高速道路を造るんだよ」

「・・・・・・ッ∑(゜Д゜)」

人生で3つの指に入るほどの衝撃でした。こんな小さい人間が、あんな大きい高速道路を造るなんて・・・。

 

それでも神さまの存在は、不思議と揺るぎないものでした(土木関係の仕事に興味を持つこともありませんでした)。

 

見えないあなたは、だれですか?

時は経ち、社会人になってから、ぼくは神さまの存在をいよいよ強く認識するようになります。

 

社会に出てからこの10年、ぼくは職を転々としてきました。同じ仕事を続けていると、なぜか突然やる気が出なくなるからです。

そんな自分勝手な人間が自分の職場にやって来たら、普通はすぐに追い払おうとしますよね? でも、ぼくは追い払われませんでした。

どの職場の人たちも、意気消沈するぼくを心配し、励まし、助けてくれたのです。その助けに報いることができず、結局退職することになっても、最後まで見捨てられはしませんでした。あの親切な方々には、いまでも本当に感謝しています。

 

“意気消沈”についての考察はコチラ
自分を愛するとは、自分が愛されていると知ることだ

 

「親切にされる覚えなんてないのに、なんでこれほど人に恵まれるんだろう?」

ぼくは職場のみんなに感謝すると同時に、ある考えを抱くようになりました。

 

「だれかがあの親切な人たちのとこに、ぼくを導いてくれてたんだ。絶対そうだ!
そうじゃなきゃおかしい!!

 

「だれか」が「神」であることは、すぐに思い当たりました。神さまへの認識は、幼いころから養われています。

問題は、その「神」が「だれ」なのかです。

ここから、ぼくの人生を大きく変えることになる“神探し”が始まりました。

 

神は、なにも答えてくれない・・・

日本は多神教の国です。ぼくも日本で生まれ育ったので、ぼくを導いている神さまは、当然日本の神さまだと思っていました。ただ、その数の多さよ・・・。

『古事記』の1ページ目を開いただけでも、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)に高御産巣日神(たかみむすひのかみ)、宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)なんて聞き慣れない神も、どんどん出てきます。

「ぼくを導いてくれてるのは、記紀神話の神々じゃないかも・・・」

まさか天照大御神や大国主神が、東京の田舎町に住む、こんなちっぽけな人間を気にかけるはずがありません。

 

「そうだ!」と思いついたのは、小さなころから毎年の初詣でお世話になっていた天神さんでした。天神さんとは、学問の神として有名な、あの菅原道真のことです。

数年前に買ったまま返納していなかったお守りを持って、ぼくは縁のある天神さんへお参りに行きました。

いままで見守ってくださっていた神さまの前に立つのだから、と事前に正しい参拝の仕方をググり、手水舎で手と口を清め、お守りを返納箱に納め、いやらしくないくらいのお賽銭をチャリン♪

 

「神さま、小さいころからぼくを見守ってくださり、ありがとうございます。これからもどうか、ぼくの行く道を守ってください」

 

それからしばらく、神社の敷地内をブラブラし、少し肌寒い薄曇りの空気に心と体を清められながら、神さまのことを思いました。

・・・どうもしっくり来ない。

平安時代に朝廷のトップに昇り詰め、ライバルにはめられて失脚し、死後は雷神として恐れられたあの道真公が、ぼくの神?

 

ぼくの“神探し”は、ふりだしに戻りました。

 

ぼくはもう、その“だれかわからない神”なしでは生きられないと思っていました。だから一刻も早く、ぼくの神さまを知る必要があったのです。

あるときは、祈りました。部屋のまん中に正座し、「あなたがだれなのか教えてください」と祈りました。神さまがどこにいるかわからないので、東を向いたり西を向いたりして祈りました。

またあるときは、手紙を書きました。いままでのお礼はもちろん、自分が犯してきた悪事のざんもツラツラと書きました。そして天に届くように、その手紙をベランダで燃やしました。

 

でも、なにも答えてくれない!!

 

神さまはかくれんぼを楽しんでいるのでしょうか? 夢にでも出て来てくれればいいものを、まったくなんのレスポンスもないのです。

 

神は、ずっと戸口に立っていた

 

赤い扉

 

そうこうするうちに数年が経ち、ついにその時がやって来ました。という言い方もヘンですね。ついにその神に気がつきました、としましょう。

と言うのも、実はこのとき、当時退職したばかりの職場で、一人のクリスチャン女性・Rさんと出会っていたのです。

 

神の名前が示される

2015年秋――

ぼくはあるビジネスホテルで働きはじめました。ところが、就労から1年もしないうちに、例の“意気消沈”が頭をもたげはじめます。

抑うつ状態は次第に悪化、フロントマンなのに笑顔を作ることさえ苦しくなっていき、もはや退職以外の選択肢はなくなりました。

 

それを、エリアマネージャーのAさんが慰留してくださったのです。彼女は着任されたばかりで、ぼくとの面識はほとんどありませんでした。

それなのに、なぜかぼくを気にかけて面談の時間を作り、別の店舗へ異動することを勧めてくださいました。

「この店舗はかなり忙しいから、もう少し落ち着いた店舗に異動してみて、それで無理だったら辞めればいいんじゃない?」

上司として当然の対応だったのかもしれませんが、アルバイトのぼくが慰留されるほどの理由は見当たりませんでした。

 

別の上司からも熱く説得されてはいたものの、あの正体不明の“意気消沈”を思うと、とても接客を続けていけるとは思えません。

だからAさんとの面談の間も、退職の意志は固かったのです。でも、Aさんの情熱的なオファーに心動かされ、2016年秋、ぼくは不安と希望を抱いて異動を決めました。

その異動先で働いていたのが、Rさんです。

彼女との出会いによって、ぼくの探し求める神さまの姿が、初めて具体的に示されるようになります。その神さまとは、・・・もうおわかりですよね。

 

イエス・キリストです!

 

結局、ぼくのメンタルはそれから半年ほどしか持たず、異動後も積極的に続けられていた、Aさんのサポートに応えることはできませんでした・・・。

いま思えばあの異動は、Rさんというクリスチャンと出会うために備えられた、一つのイベントだったのかもしれません。

 

追記

2020年3月、Aさんもクリスチャンだったことが判明しました。高校時代に洗礼を受け、しかも神学部を卒業なさっていたとのこと。クリスチャン人口1%未満の国で起きた奇跡ッ(。≧∇≦。)

 

心のドアをノックする神

ぼくの不甲斐ない退職のあとも、Rさんは一緒にお食事をする機会を作ってくださり、ぼくは彼女の語るキリストの話に耳を傾けました。

 

キリストは、すべての人を御心に留めておられること――
「イエスさまが安田さんを見ててくれるから、わたしは安心してます!」

キリストは、すべての人にご計画を持っておられること――
「イエスさまは、どんなことでも益としてくださるんですよ!」

キリストは、すべての人を招いておられること――
「イエスさまは、どんな人でもウェルカムだから!」

 

はじめは「なんか勧誘されてるのかな・・・」と思うほどの熱心さに、ぼくはちょっと引き気味で、キリストに対して心を閉ざしていました。

それに、キリスト教はイスラエル発祥の宗教だし、イエスはユダヤ人だし、日本人のぼくとはなんの関係もないようにも思えました。

その心の扉がどういう経緯で開いたのか、実はあまりはっきりと覚えていないのです。ただ、Rさんと出会ったのが“神探し”を始めたころだと気づいたことが、信仰の後押しになったように思います。

 

それよりも確実だと言えるのは、単純に、

「イエス・キリストが、ぼくの神さまだったらいいな。
イエスさまを信じたい!!

と思ったことです。

 

それまでの人生で、ぼくはRさん以外のクリスチャンの方と関わったこともなく、聖書も教養のために読む程度でした。

だからぼくのキリスト像は、『古事記』の名前も知らない神々よりもおぼろで、現実味もさっぱりありませんでした。それなのに不思議です。

幼いころから親しんでいた天神さんでも、日本古来の八百万の神でもなく、「生まれてからずっとぼくのことを見守ってくれてたのは、イエスさまだったんだ」と受け入れることができたのですから!

 

聖書には、次のように書かれています。

見よ、わたしは戸口に立って、たたいている。だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、わたしは中に入ってその者と共に食事をし、彼もまた、わたしと共に食事をするであろう。

 

―「ヨハネの黙示録」第3章20節(新共同訳)

キリストはずっと戸口に立って、ぼくの心の戸が開くのを、辛抱強く待ってくださっていたのだと思います。

 

キリストが人生の土台

さて、ぼくは冒頭で、信仰への抵抗感があったと書きました。実は、キリストによる救いを受け入れる直前まで、その気持ちはしぶとく残っていたのです。

一方、神さまを「認識」し、その働きかけを「実感」しているのに、「信仰」しないというのは、とても身勝手な態度だとも思っていました。

だって、「あなたからの恵みは頂きますけど、あなたのもとには行きません」って、あまりにも都合よすぎるじゃないですか!

 

・・・でも、信仰。これは生命保険のように、契約や解約を自由にくり返せるものではありません。勇気のいる決断です。

キリストを信じ、それまでの人生観を捨てることになるのも怖くて、ぼくはキリストを「信仰しない」理由をあれこれと考えました。

 

「キリストに導かれてるって、ただそう思いたいだけじゃないのか?」

「自分を納得させるために、キリストを利用したいんじゃないのか?」

「そんな自分本位な思い込みで、『信じます』なんて言えるのか?」

「そもそも、ぼくの導き手はキリストじゃないかもしれない・・・」

 

でも、いくら考えてみても、「キリストを信じない」という選択はできませんでした。

 

抵抗感が逆流しはじめた理由は、自分でもうまく言い表せません。神さまを信じるというのは、理屈では説明できないことなのでしょう。

いま、キリストなしの人生はとても考えられません。

ぼくの人生にキリストがいるのではなく、キリストという土台の上にぼくがいるのです。キリストの弟子・パウロは言います。

イエス・キリストという既に据えられている土台を無視して、だれもほかの土台を据えることはできません。

 

―「コリントの信徒への手紙 一」第3章11節(新共同訳)

 

ぼくの“神探し”のゴールがキリストだったのは、必然であり当然です。ぼくが生まれたときから、キリストがぼくの人生の土台として、いつもいてくださったのですから!

 

神は答えてくれないが、応えてくれる

数年に及ぶ“神探し”のすえ、ぼくはイエス・キリストという、愛と慈しみの神さまへとたどり着くことができました。

ただ、「あなたはだれですか?」というぼくの問いかけに、キリストが直接答えてくださったわけではありません。

「遜よ、遜よ。わたしはあなたの神、主である。わたしの名はイエス。わたしがあなたの神、主である」なんて声が聞こえたわけではないのです。

 

それでもぼくは、「イエス・キリストこそ、ぼくの神さまだ!」と信じています。いえ、もはや信じるという次元でもありません。事実として受け入れています。

 

それは、キリストがぼくの問いかけに「応えて」くださったからです。

キリストは本気で“神探し”をするぼくの前に、Rさんというクリスチャンを遣わしてくださいました。そして、Rさんはその御心に従って、ぼくにキリストがどのような方かを教えてくれ、キリストを信仰することの喜びを語ってくれました。

キリストはご自分で直接お答えになるよりも、ずっと効果的な方法でご自身を示し、ぼくの問いかけに応えてくださったわけです。ハレルヤ!

 

主イエス・キリストを紹介します

 

こちらを見つめるキリスト

 

ここまで、ぼくがクリスチャンになった理由を綴ってきました。いかがでしたか?

キリストは、ぼくの人生のさまざまな局面でご自分の存在を示し、ぼくへの愛を表してこられました。それはこれからも同じだと信じています。

 

でも、ぼくだけが特別なのではありません。キリストが土台にいてくださるのは、クリスチャンだけではないのです。

 

この記事にも書いたように、キリストはすべての人を招いておられます。キリストはすべての人の神、あなたの神でもあるのです。

その証拠に、あなたはこの記事を読んでいるではありませんか!!

偶然だと思うでしょうが、ぼくは自信を持ってそれを否定しますw キリストは意志を持った神さまですから、偶然あなたの生活圏に現れることはありません。

 

そのことを、この〈テスティモニー〉で伝えられたと思います。テスティモニーとは、「証し」という意味です。

ここに、キリストがぼくの救い主であることを証しし、主イエス・キリストを、あなたに紹介します^^

 

どうかあなたがキリストを受け入れ、揺るぎない土台の上で、あなたらしい真実の人生を送ることができますように。

そして、あなたがその恵みの中に迎えられたとき、あなたのテスティモニーを通して、また新しい命が救われますように。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

参考資料

  • 梅原猛『古事記 増補新版』(学研M文庫)

画像の出典(Pixabayより)

(掲載順)