遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

文句タラタラ鱈之介の347日間(一)

 

お久しぶりです。安田遜、もとい、鱈之介です。

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

久しぶりに新しい記事を書く。いやぁ、ほんとうに久しぶりすぎる更新だ。いつも読んでくださっていた読者の方々も、このブログの存在を忘れておられたに違いない!笑

最後の投稿は、2020年10月18日・・・。この約1年間、結構いろんなことがあった。そこで今日は、ブログの更新を怠けていた間の出来事を、ざっくりと振り返っていきたい。暇死にしそうな方向けの、“ザ・雑記”だw

 

この1年間――いや、この世に生をけてからの31年7か月22日、ぼくは不平不満ばかりを抱えてきた。客観的に見れば恵まれすぎるほど恵まれているけど、それでも不満は尽きない。

そういう人間を、ぼくは文句タラタラの「鱈之介(たらのすけ)と呼んでいる。そして、だれよりも鱈之介然としているのが、ほかでもない自分自身なのだ。

ちなみに、眉毛が八の字な女の子は「八ノ字繭子(はのじ・まゆこ)」、すぐ怒る人は「直興(すぐ・おこる)」だ。――え、どうでもいい? ・・・ぼくもそう思う。

 

とにかく、ぼくは自分でもイヤになるほどの“不平不満体質”なのだヽ(`Д´)ノ

 

さて、ぼくは数年間、派遣バイトとして物流倉庫で働いていた。でもコロナ禍が始まってから、安定的に働くことができなくなって、腰を据えてできる仕事をようやく探しはじめた。

そして9月、「消防設備士」という聞き慣れない職種に飛び込んだ。消火器とか火災感知器とか、建物に備えてある消防設備の保守・点検を行う職業だ。

ぼくの入った会社の守備範囲は、数ある消防設備業者の中でも特に広かったらしい。消火栓から防火シャッターまで、ほぼすべての消防設備をカバーしていたのだ。

それだけに覚えることは超膨大だった。でも、スプリンクラーなどに水を送る消火ポンプの仕組みなんかは、知れば知るほどおもしろくて、やりがいを見出しつつあった。

 

――が、就労3か月目の11月ごろ、早くも疲労がたまってきた。消防設備士は現場仕事で朝が早いし、ある程度体力を使う仕事でもあった。

しかもそのころから、通称「昼夜(ひるよる)」と呼ばれるシフトも入れられるようになった。昼勤を終えたその足で夜勤に向かうという、ブラック極まりないシフトであるwww

業務内容は重大な責任が伴うものの楽しかったから、実は正社員を目指すことも考えていた。上司や先輩からの評価も悪くなく、「正社員になれなくても、ここで働いていきたい!」とも思っていた。

昼夜シフトは、その素晴らしく発展的な志にも陰を落とした。どう考えてもブラックだからだ。自分の虚弱体質を顧みても、ほんとうに勤めていけるのか自信がない・・・。

 

仕事選びを決定的・致命的に誤ったことを、ぼくはそのときになって初めて痛感した!

 

消防設備士は、神さまへの祈りの中で探し当てた職だった。その「祈りの中で」っていうのを、当時のぼくは「祈りを聞いてくれた神さまの導きの中で」と解釈していた。

でもそれは違って、ただたんに「祈っている期間中に」というだけのことだったのだ・・・。

仕事を探している間、ぼくは常に社会的・経済的な焦りを感じていた。その焦燥感がぼくの選択能力を狂わせ、結果的に“神さまの導き”を信用してしまったのだった。

 

 

話は変わって12月――

ぼくはTwitterのタイムラインを荒らしてしまった。キリスト教会を二分しているある話題について、軽率にも持論を投稿したのだ。すごくセンシティブな問題だから、内容はここで明かさない。

一連のツイートはもう削除したが、たくさんのコメントやDMが寄せられた。そのほとんどは賛同の声だったけど、もちろん手厳しい反論もわずかにあった。

 

その翌日だったか、〈デイリーブレッド〉というクリスチャン向けサイトで、こんな記事を読んだ。

フェイスブックで失敗しました。激論の的になる話題に首を突っ込み、他人を正す必要が、どこにあったのでしょう。愚かなことです。結局、怒気を含んだ言葉の応酬で心が折れ、イエスの良い証人となる機会を失いました。これが「炎上」の結末です。

 

Patricia Raybon「優しい物言い」- デイリーブレッド(2020年12月15日)

さいわい、ぼくのツイートは「怒気を含んだ言葉の応酬」にまで発展することはなく、よくある誹謗中傷を受けることもなかった。まぁ、ぼくの知らないところではあったのかもしれないけど^^;

 

ただ、神さまから

「軽々しくそういう話題に首を突っ込んで、教会の分裂を広げるのはやめなさい!」

と、厳しく戒められたような気がした。

 

これからはブログでもTwitterでも、「イエスの良い証人」となれるように、話題選び・言葉選びに注意しながら発信しなきゃならない。そう思わせられる出来事だった。

 

 

年が明けて1月、結局、ぼくは消防設備士を辞めた。ほんとうは去年のうちに辞めて、年明けから新しい職場で働きたかったんだけど、言い出すタイミングを逃したのだった。

このコロナ禍の中、せっかくありつけた仕事を手放すのは勇気がいった。でも、それ以上に自分の体力の消耗が激しかったのだ。自分の向き不向きを真剣にわきまえなきゃいけない!

その職場で働いた期間は、4か月あまり。とても短かったが、職場の人たちは別れを惜しんでくれた。ただの社交辞令だったとしても、ぼくはうれしい。彼らのやさしさに感謝して、その祝福を祈ります(*´ω`*)

 

前職を辞めたのは1月中旬。その翌週には、新しい職場で歓迎を受けていた。感謝!

 

実は退職の数週間前から、自分の特性を活かせる仕事が与えられるように祈りはじめていたのだ、「几帳面で神経質な性格を役立てられる仕事を下さい」と。

今回も相当な焦りがありはしたけど、失敗を教訓にして、すべてを神さまに委ねることにした。そして、とにかく柄にもないような職種を選ばないように注意したw

 

そして、「客室清掃員」という職に導かれた。

職場は某高級ホテルで、客室数も多い。でもいまはコロナの影響で、500近くある部屋のほとんどが空室だ。通常稼働時は目の回る忙しさだというが、いまの職場の雰囲気は、比較的のんびりとしている。

だから、一日の労働時間はどうしても短くなりがちだ。でもこのご時世、少しでも働ける場所があるだけありがたい。そういうとき、働けることへの感謝が胸を突き上げる!

 

ぼくは接客業の経験が長かったが、そのストレスに耐えかねて、あまり人と接さずに済む職種を探していた。前々から清掃業に興味はあったものの避けていたのは、フロントマン時代に客室清掃員の忙しさを目の当たりにしていたからだ。

思いきってよかったと思う。もっと早くこの仕事を選ぶべきだったと思うほどだ。掃除好きで、細かなところによく気がつく、几帳面な性格のぼくにはぴったりだった。それに、ひとりで黙々と仕事ができる٩( 'ω' )و

職場の人たちはぼくに期待してくれているし、なにより自分の性に合っていると思うから、この場所で腰を据えてやっていきたい。もういい加減、流浪の旅は終わりにしたい、ほんとに・・・。

 

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

画像の出典(Pixabayより)