遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

初めて祖父母に福音を伝えた日、使命の重さにため息が出た

 

公園を散歩する老夫婦

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

今日の礼拝のあと、母方の祖父母を訪ねて伝道をして来ました。「伝道」って、なかなか聞き慣れない言葉ですよね。

伝道とは、どうすれば救われるのかを伝えること、つまり「宣教」ってことです。

実は昨日、突然「祖父母のとこに行かなきゃ!」と思い立ったのです。祖父母はもう80歳を過ぎていますから、残された時間の少ないことに気づいたんだと思います。

 

ぼくはクリスチャンになってから、家族や幼なじみには、つたないながらも福音を伝えてきました。でも、家族以外の親族には、今日が初めてです。

そこで今回は、祖父母への福音伝道を通して知った、伝道の難しさと使命の重さについて綴ります。クリスチャンがどんな思いで宣教活動をしているのか、わかっていただければ幸いです!

 

 

涙の出るほど救われてほしい人

ビビッと思い立ったのはいいものの、ぼくって全然おしゃべりできないんです。仲のいい友達とでさえ、15分以上はトークが続きません・・・^^;

家族の前でもほとんど無口で、ときどき声帯の震わせ方を忘れちゃうくらいなので(ほんとに)〈福音の三要素〉をまとめた資料をつくることにしました。

おしゃべりは苦手なんですけど、ぼくは文章になると急にじょうぜつになります。だから、ぼくの特性を活かした伝道方法をチョイスしました。

 

ちなみに〈福音の三要素〉とは、キリスト教で救われるために信じるべき3つの要素のことです。

イエス・キリストは、

  1. ぼくたちの罪のために十字架にかけられたこと。
  2. 死んで墓に葬られたこと。
  3. 3日目に復活したこと。

これはキリスト教のコアの部分なので、ぼく自身の理解をしっかりと深めてから、別の記事で丁寧に説明しようと思っています。

 

資料づくりにかかった時間は2時間弱。なかなかの出来栄えです、教会にブックレットとして置いてもらおうかなと思うくらいw

まぁ、そういう自分を誇る気持ちは神さまの前では“ご法度”ですから、必死に押し殺して、祖父母への伝道のために祈りを捧げました。

 

「どうかぼくが語る前に、祖父母の心を整えてください」

「どうかぼくに聖霊を満たして、正しく福音を語らせてください」

 

祖父母がそろってキリストの腕に抱かれている姿を想像したら、もう泣けてきちゃって、お願いだからそれを実現させてくれと熱心に祈りました。

そんなふうに祈るのは初めてだったので、「涙ながらに祈らせるからには、神さまはもう祖父母を救うつもりに違いない!」とほぼ確信したのですが、念には念をで、ぼくにキリストを紹介してくださった先輩クリスチャン・Rさんにメールして、祖父母のためにお祈りをしてもらいました!

 

ここでちょっと笑い話(?)があって、祈りおえてからお風呂に入ったとき、シャンプー中に片目でチラッと鏡を見たんです。それで、二度見しちゃいました。

「あれっ? いつの間にこんなイケメンになったんだ?」って。冗談抜きで、坂●健太郎か杉野●亮に似てて。要するに“塩顔イケメン”ってやつです。・・・なんだその目は(`^´)笑

まぁその一瞬は、最初の殉教者・ステファノを思い出していましたが――その顔はさながら天使の顔のように見えた(使徒6:15)――、とにかく顔つきが柔らかくなっていたのです。

 

神さまはたしかに、祖父母を御心に留めてくれている!

聖霊はたしかに、ぼくの中で燃えてくれている!

 

聖霊っていうのは、(自称を除く)クリスチャンに宿る、神の霊のことです。

ちょっと前にした祈りが、早速叶えられたようでした。聖霊の満たしを目でも心でも実感できて、ぼくは安心して眠りにつくことができました。

 

救われてほしいのに・・・、福音が響かない

聖霊に満たされて迎える朝は、まぁすごかったです。なにがすごいって、とにかくすごいんです。なんかこう、・・・すごいんだよなぁ~。

 

――今日も、会堂じゅうに神さまの恵みが満ちる礼拝となりました。

こちとら聖霊に満たされて、数時間後には祖父母に伝道しに行く気満々ですから、恵みにはいつも以上に敏感になっていますw

礼拝を終えたその足で、ぼくは祖父母の家へ向かいました。足取り軽く、ちょっとニヤニヤしていたので、通行人に怪しまれたかもしれません。

 

さてさて、祖父母宅に入ると、祖父はいつものごとく座椅子に鎮座してテレビを観、祖母は昼食のラーメンをつくってくれていました。感謝!

ぼくは仏壇に線香をあげて手を組み、壇上の仏像や位牌に対してではなく、天上の父なる神さまに向かって、感謝と念押しの祈りを捧げました。

ぼくは祖父母宅へ行くと、必ず線香をあげて合掌します。キリスト教は偶像礼拝を禁止していますが、ぼくは仏像をあがめているのではなく、日本の文化的行為を通して、祖父母への礼儀を示しています。

 

テレ東の〈なんでも鑑定団〉が耳の遠い祖父のために爆音で映し流される中、祖母特製のラーメンが運ばれて来ました。味噌ラーメンです。

塩でも豚骨でもなく、ぼくの大好きな味噌。もやし多めのラーメンをすすりながら、実は、ぼくは内心ドキドキしていました。

いつ話を切り出そうか、どうやって話の糸口をつかもうか、イヤな顔をされたらどうしようか、けむに巻かれたらどう応じようか・・・。

 

そんなことを考えていたらラーメンは胃袋に収まっていて(おいしかった!)、祖母はデザートのグレープフルーツを、祖父は自分のだいのパンフレットを出してくれました。

て、て、て、寺・・・。

えぇと、試されているんでしょうか・・・。伝道しづらい状況になっちゃいましたね・・・。ふ~ん、なるほどキレイなお寺・・・。ず、頭痛が・・・。

 

まさか先手を打たれるとは!!

 

でも、ここで退くわけにはいきません。今日はぼくの意思というよりも、神さまの命令で来たようなものですから!

ぼくは演劇部にいたころの感覚を思い出しながら、「これ読んでみて」と何気ないふうを装って、祖父に資料を手渡しました。お寺のパンフのお返しですw

 

テレビから目を離して熱心に読んでくれる祖父。そして――

「まぁ、宗教ってなぁ、どれも同じような教えなんだやな」

祖父はそう言って、また〈鑑定団〉に集中しはじめました。ぼくは反論したかったのですが、なんと言っていいかわからず(聖霊はいずこへ?汗)、結局沈黙しちゃいました・・・。

いやぁ、もう心の中はため息の嵐です。陳腐な表現ですけど、ほんとうになにをどうやって伝えればいいのか、アイディアがさっぱり浮かんでこない!

 

宗教に無関心な人のほうが、まだ話しやすいかもしれませんね。

実は祖父の父、つまりぼくの曾祖父は、四国88か所巡りを成し遂げた、敬虔な仏教徒でした。それでそのときにもらったらしい、お遍路さんの描かれている日本画の掛け軸が、茶の間にドーンとかけられているんです。

祖父はそれが自慢というか誇りみたいで、曾祖父に一番高級な戒名をつけてあげたくらい。いくらお金を積んでも、功徳を積んだ人にしかつけられない戒名なんだそうです。

 

ぼくがひそかに落ち込んでいると、祖母がにわかに部屋を出て(祖母も“全宗教類似論”に賛同していました)、なにやら封筒を持って戻って来ました。

不思議な微笑みをたたえながら祖母が封筒から取り出したのは、かのビリー・グラハムの小冊子でした。グラハムは現代最高と称されるアメリカ人伝道師です。

手渡された小冊子を開くと、2枚の紙切れがハラリと出てきました。祖母宛ての手紙のようです。こういうシーン、よくドラマや映画でありますよね。そこに思いがけないことが書かれている、っていうやつ。

 

以前お話ししていた本をお送りいたします。

また教会に通うようになられたらうれしいです。

 

はい、思いがけないこと書かれていました!笑

ぼくは混乱と興奮をなんとか抑えて、祖母にどういうことかと尋ねました。興奮が鼻の穴から漏れてきて、ちょっと取調べ中の刑事みたいになっちゃいましたけど。

 

「あたし若いころ、教会に通ってたのよ、ちょっとだけ」

 

グラハムの本は、そのことを知った友人のクリスチャンが送ってくれたものだそうです。読まれた形跡があまり見られないのは残念でした^^;

ぼくはそのクリスチャンの方に極上の感謝をすると同時に、「やっぱり神さまは祖父母を見てるんだ!」と、急に希望を取り戻しました。

 

ただ、それで調子に乗ってあんまりツッコんで話すといけないと思ったので、いまはあの資料を繰り返し読んでもらうことにしました。

「いけない」というか、祖父母の心がまだ開いていなかったので、ツッコみようがなかったのです。祖母も福音を知りながら、長年キリストを受け入れていないわけだし・・・。

 

クリスチャンはなぜ伝道するのか?

ぼくたち3人は、近くの公園へ散歩に出かけました。脳梗塞のあと、格段に歩くペースの遅くなった祖父。ボルトの入った脚をかばって、杖つきながら歩く祖母。

内臓に大きな疾患はないものの、80年物の体ですからね。内側に生命力を感じていても、なんだかちょっとこころもとない気がしてきます。

 

日曜日なだけに、公園にはたくさんの人がいました。よく晴れて、西に傾きかけた太陽がまぶしい、“ザ・平和な光景”でした。

「あぁ、ぼくはいつか、ここより素晴らしい場所に行くんだ・・・」

楽しそうな人たち、特に子どもたちを見ていたら、自然と天国のことが頭に浮かんできて、同時に複雑な気持ちも湧いてきました。

 

「ここにいる人たちのうち、どれくらいの人がキリストを知ってるかな?」

 

この公園にいる人たちが一人残らず天国へ行けたらいいのに、なんて空想しながら、よっぽど芝生のまん中でゲリラ伝道してやろうかと思いました。

ちょっと生意気なことを言いますが、未信者の人たちがキリストを十分知らなくて天国から締め出されるとしたら、それはクリスチャンの責任じゃないかと思うのです。

 

ノンクリスチャンの方々に知っていただきたいのは、ぼくたちは決して自分の利益のために宣教をしているんじゃない、ということです。

ぼくたちは、神さまの支配する天国へのパスポートはイエス・キリストへの信仰だけだ、と信じているからこそ、たくさんの人にそのパスポートを持ってもらいたいと思っているし、

それを持たないままでいたら、どんなに悲惨な運命が待っているかを知っているからこそ、一人でも多くの人をその悲劇から救いたいと願っているのです。

 

(悲しいことに、キリスト教を名乗る団体の中には、自分たちの欲を満たすために信徒から金をだまし取り、恐喝まがいのことをする教団があるのも事実です。)

 

この世での命は長くても120年。でも、魂は永遠に生きつづけます。その魂の「永遠の住まい」を決められるのは、この儚い命がある期間だけなのです。

そのことを考えると、クリスチャンに課せられた使命の重要さを、ぼくはどれだけ真実に理解しているだろうと思います。キリストはこう言いました。

だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼〔バプテスマ〕を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。

 

―「マタイによる福音書」第28章19~20節(新共同訳)

 

ぼくはクリスチャンになったばかりのころ、この聖句が大好きでした。もちろんいまも好きですが、「イエスさまはいつも一緒にいてくれるんだ♪」と喜んでいたわけです。

でも、聖書は文脈で読むべきもの。文脈で読むと、「いつもあなたがたと共にいる」の「あなたがた」っていうのは、伝道者のことなのです。

伝道者とは、自分のことはまず置いておいて、なによりも福音を優先して宣教に励むクリスチャンのことを指します。

 

「伝道は大変なことだから、おまえたちの力だけでは務まらない。おれがそばにいて、必要なものを全部与えてやろう」っていうことなのでしょう、きっと。

 

自分だけ天国行きのパスポートを握っていて、しかもその取得方法をだれにも教えないで、ただ平安を享受するっていうのは、あんまりですよね。スリザリン!

ぼくは父にも母にも、妹たちにも祖父母たちにも、ほかの親族や友達にも、いまこの記事を読んでくださっているあなたにも、ぼくと同じパスポートを持ってほしいのです!!

 

祖父母と肩並べて公園を歩きながら、「絶対にこの2人を地獄へ行かせはしない!」と改めて心を引き締めました。

別れ際、「今日渡したやつ、また読み返してね」としか言えませんでしたけど、祈りつつ、定期的に“訪問伝道”していくつもりです。

 

* * *

 

それにしても、伝道ってほんとに難しいです。特に家族や親族に向けて伝道するのは、赤の他人に同じことをするよりも、ハードルの高いことのように感じます。

だって考えてみてください。ずっと同じ屋根の下で暮らしてきた人が、突然「洗礼受けたい!」なんて言い出したら、そりゃびっくりしますよ。

びっくりどころか、ちょっと危ない人になにか吹き込まれたのかなんて、防御態勢を取ることだって十分ありえるでしょう。現に、そういう人はいますから。

 

ぼくの場合は家族があまりにも無関心だから、なんの反対も抗議も受けずに(賛成もないままに)、問題なく教会に通えていますけど。

ただ、無意識の防御態勢は感じます。伝道で大切なのは恐らく、その防御態勢を外から崩そうとするんじゃなくて、内から解いてもらうことなのでしょう。

 

ただ、最終的にその人を信仰に導くのはキリスト自身ですから、キリストを心に迎える準備を手伝うために、ぼくはこのブログ伝道を続けていきます。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)