遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

寝ぼけた頭に突如浮かんだあるワードに意味を見出そうとする試み

 

タオルケットにくるまるパグ

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

ぼくにはいま、頭に引っかかっていることがある。今朝、そのことがどこからともなく湧いてきて、いまもぼくの頭の中でウズウズしている。

それはほんとうになんの手がかりもなく、突然湧いてきたからにはなにか意味のあることなのか、それともただの浮かんでは消える思考なのか・・・?

 

それでただいま、そのことがまったく解決していないまま、なにか意味を見出せるのではないかと思いながら、ラップトップのキーボードをたたいている。

 

まぁ、そんな引っ張ることでもないのだが。朝起きたら、その瞬間に「エニー・プア・プライズ」という言葉が頭に浮かんできた。ただそれだけの話だw

なんのことだと思われるだろうか?

ぼくはクリスチャンだから、こういうことがあるとスルーできない。神さまがなにかメッセージを送ってくれているのかと、そう思ってしまうのだ。

 

プライズとは、英語で「賞」という意味だ。だからぼくはまず、聖書に書かれている、こんな御言葉を思い浮かべた。

なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、神がキリスト・イエスによって上へ召して、お与えになるを得るために、目標を目指してひたすら走ることです。

 

―「フィリピの信徒への手紙」第3章13節b~14節(新共同訳)

この「賞」とは、天国へ帰ったときに神さまからもらえる報酬や、キリストの品性を身につけて完全になることを言っている。

 

それで神さまが、「おい、なに怠けてるんだ。走れ、走れッ!」と叱咤激励してくれているのかと思ったのだ、怠けている自覚があるからw

でも引っかかるのが、その前の形容詞だ。プアは「貧しい」の意味だが、ほかにも語義があるのか辞書で調べてみたら、「少ない・不十分な・劣った」とあった。

神さまからの報酬というのは、想像できないほど素晴らしいものだと思うのだ。でも「エニー・プア・プライズ」だと、素晴らしいとは程遠い印象を受けないだろうか?

 

「おい、なに怠けてるんだ。おまえへの報酬がエニー・プア・プライズでも、文句は言うなよ!」

 

いや、ただたんに怒られているwww

ぼくの受けるべき報酬がどんなに貧相な賞でも、それに対して不平不満を言う資格は、ぼくにはないと。怠けてるんだからね(._.)

 

 

もう一つ、神さまが言いそうなことで考えると、「どんなにつまらない賞でも、それを受けたことを感謝しろ」ということだろうか?

神さまは、とても普通の人間にはできそうもないことを言うものだ。だって、つまらないものはつまらない。それを感謝しろと。

 

小さな子どもに牛乳パックでつくったメダルをかけられたら、「ありがとね♪」と反射的に言える。でも、同じことを中2男子にやられても「バカにすんなッ!」としかならない。

まぁ、そういうことではないのだが。

とにかく、あらゆることに感謝しろと言うわけだ、キリストは。ぼくにはその態度が足りないぞと、そういうことを言われているのだろうとも思った。

 

でも、違ったようだ。もう根本的に違っていた^^;

 

掃除機をかけながら、「エニー・プア・プライズ」とはなんぞやと考えていた。そうしたら、決定的な間違いに気づいたのだ!

実は頭に浮かんだというのは、「音」ではなく「文字」だった。ぼくはその文字を読んだのだが、読み方も意味も間違っていた。

 

ぼくはずっと、「any poor prize」と勘違いしていたが、

正しくは「any poor praise(エニー・プア・プレイズ)」だったのだ・・・。

 

いやぁ、恥ずかしい。中高時代は英語で学年トップクラスだったのだが、まったく脳ミソを使っていないと鈍ってしまう。それで、素直に辞書を引いたw

praise [preiz]

  1. U(・・・を)ほめること, 賞賛(of).
  2. U(神への)賛美, 崇拝.

 

―山岸勝榮編『スーパー・アンカー英和辞典 第3版』

 

「神への賛美」ほほぉ、なるほど。

それがわかったからと言って、疑問が氷解したわけではないけれど、なんとなく怒られてはなさそうだと思って安心した。

むしろ、ぼくが神さまに対するときのヒントをくれたのではないか、とも思えるのだ。それはどういうことかと言うと・・・。

 

 

前回の記事に綴ったとおり、ぼくはここ最近、なんだか気分が沈んでいて(たぶん梅雨だから)、神さまに祈ることさえしていなかった。

ただ心の奥には、「神さまはどんなときでも讃美されるべき方」という思いはあったのだ。それは義務感でそう思っているのではなくて。

でも、メランコリックなぼくには、神さまを讃美するだけの気力もなかった。祈ろうとしても息が漏れるだけで、心の中でも無理だった。

 

そういうダメな自分を責めないために、神さまに八つ当たりをしてしまうのだ。ほんとうは讃美しなければならないのに、まったく逆のことをしてしまう。

「ぼくはいまこんなですけど、あなたをめ称えます!」と言ってしまえば、たぶんだいぶ楽になったと思う。そういうもんですよ、ほんとw

でもぼくは“肉的”だから、体の満足を優先してしまうから、手っ取り早くさ晴らしできそうな八つ当たりを選んでしまうのだ・・・(-.-;)

 

それでつい先日、やっとなんとか鬱抜けして、神さまに対して罪を犯したこと、自己憐憫に陥って世の中を憎んだことをざんした。

でもやっぱり、神さまへの讃美とか、救われた喜びが、心の底からブッシャ~と湧き上がってくることはなかった。いまもそうだ。

間欠泉のような喜びがあればいいのだけれど、じんわりと染み上がってくる感じで「あなたを讃美します」としか言えないのだ。

 

そんなときの、エニー・プア・プレイズ。

「どんなに不十分な讃美でも、わたしはうれしい」

 

そう言ってくれたのかなぁ?

ぼくがそう思いたいというのもあるだろうが、讃美しないよりはするほうがいいはずだ。もちろん、讃美したい気持ちが少しでもないとダメだけれど!笑

 

「どんなに不十分でもいいから、いつもわたしを讃美してほしい」

 

そういうメッセージでもあるかもしれない。

いまさらだが、讃美とは、「あなたは素晴らしい方です」とか「あなたは永遠の称賛に値する方です」と、神さまを讃めちぎることだ。

ぼくは、聖書の神さまは、ほんとうにそうされるに値する方だと思う。神さまなのに人間となって、しかも十字架にかかって死んでくれたのだから!!

 

人間を罪から救うために、自ら人間となって罪を背負う。その罪を葬り去るために、全人類の身代わりとなって十字架の上で死ぬ。・・・そんな神は、ほかにはいない。

 

讃美できないとか讃美されるべきだとか、前後で矛盾したことを言っているが・・・、結局は讃美することしかできないのだ。

人生のことや世界のこと、歴史のことや宇宙のこと、いろいろなことを突き詰めて考えたら、「神」という絶対的な存在に、イヤでもたどり着いてしまうのだからw

 

* * *

 

ほんとにあの「エニー・プア・プレイズ」って、なんだったんでしょうね?笑 ・・・そもそも、なんで日本人なのに英語が、しかも読み違えるような英語が浮かんだんだろう??

クリスチャンの方々にはぼくの“霊的未熟さ”を暴露することになりますが・・・、この疑問について、いま初めて聖書を開いてみました――

大いなる主、大いに賛美される主。

神々を超えて、最もおそるべき方。

 

―「歴代誌 上」第16章25節(新共同訳)

 

神さまがいいオチを与えてくれたところで(笑)、今日は失礼します。あなたもいつか、「大いに賛美される主」に出会えますように。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)
  • 山岸勝榮編『スーパー・アンカー英和辞典 第3版』(学習研究社)

画像の出典(Pixabayより)