遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

100%の信仰心がなくても、神は祈りを聞いていてくれる

 

聖書の上で手を組んで祈る人

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

クリスチャンになってから、ぼくには2つの習慣が増えました。1つは毎週教会へ行くこと、もう1つは祈りを捧げることです。

普通に生活してるだけでも、祈りたいことってポンポン浮かんでくるんですよね。あなたもそうだと思うんですが、「お腹痛いの治りますように・・・」とか祈りませんか?

 

クリスチャンって自分のためだけじゃなくて、他人のためにもよく祈るんです。まぁ、ぼくは自分のために祈ることのほうが多いんですけど^^;

例えば、闘病中の兄弟姉妹のこと、人間関係で悩んでる同僚のこと、仕事に行き詰まってる友達のこと、遠い外国の飢え死にしそうな子どものこと・・・。

そういうことを祈ると、神さまがその人に目を向けて気遣ってくれる(と信じてる)から、スゴく安心感に包まれるんです!

 

――って言いながら、はじめは「祈りってホントに意味あるのかな?」と思ってました。半信半疑で、カタチだけの祈りを捧げてましたw

今日は、その疑いがさっぱりと晴れたときのことを綴りたいと思います。あのとき以来、ぼくの祈りは確信を伴ったものになったんです。

 

 

祈りを疑うことは神を疑うこと

キリストは祈りについて、弟子たちにこう教えてます。

はっきり言っておく。だれでもこの山に向かい、「立ち上がって、海に飛び込め」と言い、少しも疑わず、自分の言うとおりになると信じるならば、そのとおりになる。だから、言っておく。祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになる。

 

―「マルコによる福音書」第11章23~24節(新共同訳)

祈るときは疑っちゃダメ、信じれば叶うけど疑ったら叶わない、というなんとも強迫的な説教ですね。ほかの箇所では、神さまは祈る前からその人がなにを祈るか知っている、とも教えられてます(マタイ6:8)

 

これらをギュギュッと一言に要約すると、

「神を信じなさい!」

ってことです。

 

いえいえ、ぼくはちゃんと神さまを信じてますよ。だからこそ、こうやって胸の前で手を組んで祈ってるんです! 神さまを信じてなかったらそんなこ――

 

・・・え、信じられてない?

 

そうなんです。

ぼくは祈りを捧げることに意味があるのかと、祈りの効力を疑ってました。でもそれって、こんな祈りが叶うのかと、神さまの能力を疑ってるのと同じことだったんです∑(゜д゜)

 

不信仰で無礼な祈りも聞かれている

そのことに気づいたのは、ある祈りを捧げたときのこと――

 

ぼくは(たぶん軽度の)視線恐怖症を持ってます。精神科では「神経過敏」とだけ言われたんですけど、他人の視線が妙に怖く感じることがあるんですね。

特に、人通りの少ない道で向こうから人が歩いて来たとき。・・・(゜д゜;)コワイ

人混みの中だと視線が分散するから逆に気にしないで済むんですけど、1人の人がまっ正面から視界に入って来ると、もうどこ見ていいかわからなくなっちゃうんですよ。挙動不審w

だいたい50メートル先から「気にするな!」ってムダに身構えて、結局気にしちゃって、脇汗タッラタラ、心臓バックバク。もうホント疲れる・・・ф(´ε`)

 

視線恐怖症って、調べてみたらそんなに珍しくはないらしいです。いわゆる現代病の一種で、携帯とかスマホが原因の一つだとか。←ソース不明の情報

んー、別にスマホはなくても平気だし、人前で話すのは好きなほうだし・・・。そもそもいつから視線を気にしだしたのか・・・、さっぱり覚えてない。

とりあえず、「自分だけじゃないんだ・・・」ってホッとしました。でも、それで実質的な苦しさが解決されたわけじゃありませんから、ぼくは祈りました。

 

「神さま、人の視線が怖く感じるときがあります。ひどいと体にも反応が出てしまって、とても苦しいです。どうか恐怖を取り除いてください。
もしそれが難しければ、恐怖を感じてもそれを受け入れ、むやみに自分自身を責めることのないように助けてください」

 

祈りを捧げてから、そういえば最近読んでないなぁと思って、ぼくは何気なく聖書を開きました。

そしたら、「けがれた霊に取りつかれた子をいやす」のページだったんですね。イエスがある人の息子に取り憑いた霊を追い出す、って場面。

人々は息子をイエスのところに連れて来た。霊は、イエスを見ると、すぐにその子を引きつけさせた。その子は地面に倒れ、転び回って泡を吹いた。イエスは父親に、「このようになったのは、いつごろからか」とお尋ねになった。

父親は言った。「幼い時からです。霊は息子を殺そうとして、もう何度も火の中や水の中に投げ込みました。おできになるなら、わたしどもを憐れんでお助けください。」イエスは言われた。「『できれば』と言うか。信じる者には何でもできる。」その子の父親はすぐに叫んだ。「信じます。信仰のないわたしをお助けください。」

 

―「マルコによる福音書」第9章20~24節(新共同訳)

※読みやすくするため、改行位置を一部変更しております。

このあと、父親の信じたとおり、息子はイエスによって助けられるわけですけど――、ぼくはしばらくフリーズしちゃいました。

「祈りって、聞かれてるんだ・・・」

ぼくがどんなふうに祈ったか覚えてますか? 「おできになるなら」と言った父親と同じように、「もし難しければ」と言って祈ったんです。全知全能の神さまの力を疑ってたんですよ。

 

神さまはぼくの祈りの言葉を、一言一句逃さずに聞いてくれてたんです!

しかも、その祈り方が間違ってることを示してくれたんです! スゴくないっすか!?

 

叶わなくても、祈りは確実に届いている

それにしても、あまりにタイムリーすぎて笑っちゃいましたよ(^艸^)

もう声帯が勝手に震えて、無意識に「感謝します」って言ってましたもんね。それからぼくは、あの父親のように「信じます!」って念じて、祈りを捧げ直しました。

このことがあってから、ぼくは祈りが必ず聞かれてることを確信し、神さまに全幅の信頼を寄せて祈れるようになったわけです。ハレルヤ!

 

ただ、祈りが「叶えられるか」は、また別の話。

 

神さまはだれの祈りでも聞いてくれるは聞いてくれますけど、だからと言って、叶えてくれるとは限らない。そこは勘違いしやすいとこですね!

事実、ぼくの視線恐怖症も癒されてません。まだ人目はかなり気になるし、心臓のバクバクが治まらなくなるときもあります。だから、祈りつづけてます。

道の上で、電車の座席で、「ヤバイッ!」と思ったら、すぐに心の中で祈るんです。そうすると、キリストがすぐ隣に来てくれて、ホ~ッと緊張が和らぐんですよ。

 

そうやって“インスタントお祈り”もするんですけど、夜寝る前とかは、15分くらいかけてお祈りしてるんですね。まぁ、毎日じゃないですけどf(^_^;)

15分っていうのは、「最低でも15分」って決めてるわけではなくて、いろいろ祈ってたらそのくらいの時間になっちゃうんですよ。

ただ、キリストはダラダラ祈らないように教えてて(マタイ6:7)、15分の祈りって長いのかなぁなんて気にしてるんですけど、どうなんだろ??

 

牧師先生に聞いた話、祈るべきことをリスト化してそれを一つひとつ、合計2時間くらいかけて祈ってる人がいたらしいです。その人にぼくのことも祈ってほしいなぁw

2時間に比べたら15分はあっという間だから、神さまは聞いてくれるでしょう。そう勝手に決めつけて、「祈りのリスト化」も取り入れながら、これからも祈っていきます!

 

* * *

 

今回は祈りについて綴りましたが、楽しんでいただけましたか? クリスチャンの一番の特権って、「神さまに祈れること」だと思うんですよね、個人的に。

 

ところで、神さまに祈りが聞き届けられるのは、実は、仲介役としてイエス・キリストがいてくれるからこそなんですよ

「あれ、キリスト教って一神教だよね? 神さまの仲介役がキリスト? キリストは神じゃないの??」

そう疑問を持ってくださったあなたのために、いま別の記事を用意してます。でも、ぼくも勉強中の身ですから、早まって間違った情報を教えてはいけません。

いま、牧師先生に質問したり、講解動画で勉強したりして、しっかりと基礎を学んでる最中ですから、ぼくの知識が十分になるのを楽しみに待っててくださいw

 

キリストを受け入れれば、あなたも神さまとのつながりを取り戻して、いつでも自由に祈ることができますよ。ぜひ自分の救い主として、キリストを心にお迎えしてくださいね^^

あなたのために祈ります!

天のお父さま、この記事を読んでくださった方々の上に、豊かな恵みを与えてください。そしてその方々が、あなたからの招きに喜んで応えられますように。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

画像の出典(Pixabayより)