遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

クリスチャン2年生になりました!

 

色とりどりのアイスクリーム

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

4月になって、新しい年度が始まった。喜ばしいことだが、いまの状況だと素直にお祝いしていいのか戸惑う・・・。

予定どおり学校を再開できるのか、政府ではいろいろと話し合われているようだ。東京都では、公立高校をなんとGW明けまで休校にするらしい!

夏までにある程度落ち着いたら、高校生と高校教師は、夏休みを一部返上で学校に出なければならなくなるかもしれない。どうなることやら(ノД`)

 

個人も自治体も国家も、自分たちの判断に自信が持てなくなっていると思う。この判断が正しいのかどうか・・・、それはあとになって初めてわかることのような気もする。

すべてを見通した完璧な判断を下せる人間はだれもいない。だから、官民不足を補い合って、この苦境を切り抜けたいところだ!

 

さて、いきなり私事になるが、今日4月1日は、ぼくがイエス・キリストを信じてから、ちょうど1年にあたる。

ぼくはこの日を〈新生日〉と名づけて、カレンダーに登録している。

新生とは言っても・・・、この1年を振り返ると、クリスチャンらしく生きてこられたのか、反省することばかりであまり自信がない。

我が強いのは変わらないわ、欲を抑えることもできないわ、ちょっとしたことですぐイラつくわ、ワガママで他人に迷惑かけるわ、人の欠点ばかり見てしまうわ、他人を論破しようとするわ、親とケンカするわ、飼い犬に怒鳴るわ、よく見られようと自分を飾るわ、見栄張ってウソをつくわ――。もうあげたらキリがない。

 

そんな罪まみれの日々の中でも、神さまはやさしいのだ。ぼくにざんするのを許してくれたし、聖書や人を通して励ましの言葉もかけてくれた。

一度懺悔しても、また同じことを繰り返して懺悔するぼく。もうほんとうに自己嫌悪するのだが、神さまは何度も赦して「しっかり立ちなさい!」と言ってくれる。ほんとうに感謝なことだ。

 

 

牧師先生が説教の中でおっしゃった、

「神さまは、わたしたちの罪を赦してくださいます。
だからと言って罪を犯しつづけるのは、愛するイエスさまを、また十字架につけるのと同じことです。
わたしたちは絶えず悔い改めなければなりません!」

 

キリストは、ぼくたちが罪を赦されて神さまと親しくなるために、お腹と背中にムチを受け、手と足に太い釘を打たれ、みじめにも十字架にかかってくれた。

どんなに痛く苦しかったか、想像もつかない・・・。

その十字架の上で、キリストは自分を殺そうとしている人たちのために祈るのだ、父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです(ルカ23:34b)と。

 

ほんとうに十字架につけられるべきなのは、キリストをはりつけにした人々、キリストをバカにした人々、つまりぼくたちだったのだ。

でもキリストは、最後までぼくたちのために祈ってくれた。憎しみの目ではなく、愛の目でぼくたちを見てくれていた。

それは、いまでも同じだ。

キリストはいま、なんの苦しみも悲しみもなく、父なる神さまの右の座に着いている。天国にいるということだ。そこは、キリストのホームだ。

キリストが十字架につくことはもう二度とないけれど、ぼくが罪と知りながらそれを犯すとき、ぼく自身がキリストの死刑執行人となる、と牧師先生はおっしゃる。

 

キリストの流した血の意味を、ぼくはほんとうに、きちんと理解できているだろうか?

 

頭では理解しているつもりなのだが、心で理解できていないと意味がない。その理解が生活ぶりに現れてこないということは、・・・まだまだだな^^;

キリストと生きる人生は解放の喜びに満たされる、と言われるのだが、正直その実感もまだないのだ。悔改めが足りないのかな?笑

まぁ、ぼくはとにかく意志薄弱、そうと知りながらも自己改善できない男だ。神さまに祈って聖霊の助けを求めつつ、次の1年を過ごしていくつもりだ。

 

 

1年前の今日、この小さな部屋で起きた奇跡が自分でも信じられず、なんだか不思議な気持ちがしている。考えれば考えるほど不思議なのだ。

まさか、このぼくがクリスチャンになるなんて・・・笑

聖書を読むと、「クリスチャンはみな、神さまによって選ばれたのだ」と書いてある。それはうれしい!

でも、どうしてぼくを選んだのか・・・? 神さまはかなり物好きだと思う。あぁそんなことを言うと、ほかのクリスチャンの方々に悪いかw

 

神さまの選びの基準はナゾだが、31種類のアイスクリームの中から好きなものを選ぶように選ぶわけではない、という気はしている。根拠ないけどね( ̄∀ ̄)

ぼくはただ「好きだから」という理由で、チョコミントとポッピングシャワーを選ぶのだが、それを言うなら、神さまにとっては「すべて」が愛の対象なのだ!

だから、神さまがぼくを選んだのは、ぼくを通してほかの人たちに愛を伝えるためなのだと思う。ぼくにはそのための能力が、なにかしら与えられているのだろう。

 

神さまの愛を生き方に反映させるのは・・・、ものすごく難しい。できるなら、神さまから愛を享けて喜ぶだけで済ませたい。

そんなワガママな声も神さまにゆだねて、今日も〈遜の箱舟〉で神さまの愛をお届けします。どうぞ受け取ってください^^

 

このブログを読んでくださったあなたに、神さまから豊かな恵みと平安がありますように。アーメン。

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

画像の出典(Pixabayより)

関連記事