遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

イースター礼拝で洗礼を受けました!

 

洗礼者ヨハネからバプテスマを受けるイエス

 

ハレルヤ~! 安田遜です。

2020年4月12日、ぼくはプロテスタントの洗礼を受けた。イースター礼拝の中で行われ、牧師先生を含めて8名が集う洗礼式となった!

 

世の中はいましもコロナ禍のまっただ中。感染拡大阻止のため、政府は緊急事態宣言を発し、国じゅうが外出自粛に努めている。

そんな中での礼拝・・・、かなり迷いがあった。キリスト教会は社会的責任を果たすべきだし、一番重要なイースターといえども、中止したほうがよかったんじゃないか、と思わないでもない。

でもこの困難な状況の中で、キリストの復活を祝うための礼拝、そしてぼくの洗礼式が持たれたことは、やっぱり神さまの恵みだと思うのだ。

 

クリスチャンにとって礼拝は、決して「不要不急」のことじゃない。礼拝は単なるイベントではなく、教会は単なるコミュニティーではない。

ただ世間からしたら、それは自分勝手な意見にすぎないだろう。だから、いまは社会に配慮して控えることが、結局はキリスト教会のためになるんだ、と考えることもあった。

洗礼は人生でたった一度しか受けられない。そういうスペシャルな儀式を、こんな状況の中で迎えて後悔しないか・・・、かなりの葛藤があったのだ。

 

だから、牧師先生にも「洗礼はペンテコステまで延期でも文句は言いません」と伝えていた。でも神さまは、ぼくのために4月12日を準備してくれた!

ちなみにペンテコステっていうのは、キリストの弟子たちが聖霊(神の霊)を受けた出来事の記念日。ほとんど知られていないけど、実はキリスト教三大祭日の一つに数えられている。

 

さて、昨日はわが教会始まって以来の試みがなされた。実際に礼拝堂に集ったのは、牧師先生を含めて8人。

ほかのみんなは、LINEのライブ配信で礼拝に参加した!

ちなみに、礼拝堂はイスを150㎝間隔で並べて“密接”を避け、そこに8人が座ったので“密集”とは言えず、始終窓を開け放していたので“密閉”も回避していた。

もちろん全員マスク着用、記名用のボールペンは使うたびに消毒されていたし、遠方からの礼拝者もいなかったので、感染リスクは低かったはずだ。

 

礼拝開始15分前のテスト配信は、思いのほか手こずった。スマホの向こうでは、牧師先生の声が割れるやらノイズが入るやら、ちょこちょこと不具合があったようだ。

それでもなんとか予定どおりに始められ、礼拝中は大きな通信障害などもなく、ぼくの洗礼式も問題なく進んだ! 神に感謝(´∀`)

 

 

コロナ騒動の起こる前から、YouTubeなどで礼拝の様子を配信している教会は結構ある。洗礼式を公開している教会もあったのだ!

クリスチャンになって間もないころ、それで初めて洗礼のやり方を知って、かなり「えぇ~!?」と驚いた記憶がある。

 

洗礼は大きく分けて、

浸礼(しんれい)滴礼(てきれい)灌水礼(かんすいれい)

の3つがある。ぼくのイメージでは、頭にチョンチョンと水を垂らす滴礼がスタンダードだったんだが、どうやら浸礼が正式らしい。

 

浸礼の様子を初めてYouTubeで見たとき、笑ってしまった。牧師が受洗者の頭を押さえて、水の中にザブンッと一気に沈めるのだからw

受洗者っていうのが、洗礼を受ける人のこと。その人が牧師と一緒に、腰の高さくらいにためた水の中に立って、仰向けに水中へ浸けられる感じだ。

そのとき、受洗者の鼻の中に水が入らないように、だいたい牧師が鼻をつまんでいた。いや、牧師って力仕事じゃん!!笑

 

かなりインパクトが強いから、「ぼくも浸礼で受けたい!」なんて思ったんだが、ぼくの導かれた教会はチョンチョンの滴礼だった。

教会によっては、洗礼槽という小さなプールを備えつけているようだ。ウチは教会自体が小さいからか、その設備はない(そういう場合、牧師宅の浴槽を使うところもあるらしい)。

もしかしたら所属教団や教派などによって、浸礼か滴礼か、はたまた灌水礼かは、ある程度決められているのかもしれない。

 

さてさて、ぼくの洗礼式は、3週間ぶりの礼拝の中で行われた。でも正直、緊張でどういうことをしたかあんまり覚えていない(ФДФ)

ぼくが講壇の前に王子さまのようにひざまずき、その右横で女性信徒の方が杯を持ってくださり、左横に牧師先生が立ってこうおっしゃった、

 

「父と、子と、聖霊の御名によって」

 

言いながらチョンチョンチョンと3回、杯に満たされた聖水をぼくの頭に垂らして洗礼を授けてくださった。これでぼくも、正真正銘のクリスチャンだ!!

浸礼だったら水中に「ザブン!」だからかなり印象に残っただろうけど、滴礼のチョンチョンチョンはあっと言う間だったw

ただ首筋に聖水がツーッと垂れてきて、「あぁ、洗礼受けたんだな・・・」と思うくらい。でもあの不思議な感覚は、きっと受洗のときくらいだろう。

 

 

初めて教会のドアをたたいたのは、去年のイースターのことだった。実はその日に受洗(洗礼を受けること)したいとさえ思っていたんだが、さすがに教会側も吟味が必要だった。

イエス・キリストの十字架を正しく認識しないまま受洗しても、なんの意味もないからだ。

1年越しの洗礼式になったけど、その1年間で、キリストを深く味わい知ることができた。だから、ほんとうにベストタイミングだったと思う!

 

神のなさることは、すべて時にかなって美しい伝道者コヘレト3:11a)

 

社会がいよいよ混迷を極めようとしているとき、神さまはぼくを「新しい生き方」へと招き入れてくれた。それは、ぼくにとっては豊かすぎるほどの恵みだ。

愛される資格のないぼくを、神さまはどこまでも深く愛してくれる。洗礼を受けて、ますますそのことが身に染みた。

あなたにも、その愛を受け取ってほしい。神さまの招きに応えてほしい。神さまはこの〈遜の箱舟〉を通して、いまあなたが振り向くのを待っているはずだ!

 

最後に――

ぼくを洗礼式に向けて整えるために勉強会を開いてくださった牧師のY先生、ぼくの受洗を承認してくださった教会役員の方々、洗礼式を楽しみに祈っていてくださった兄弟姉妹、

ぼくを主イエスへの信仰に導いてくださった愛する姉妹・Rさん、いつも信仰を分かち合ってくださった愛する兄弟・Hさん、洗礼式の補助を担当してくださった愛する姉妹・Mさんに、

この場を借りて、改めて心から感謝いたします。ほんとうにありがとうございます!

 

そして、キリストを通して新しい命を与えてくださった神さまに感謝します。その尊い御名に限りない栄光がありますように。アーメン。

 

洗礼式のプレゼント

洗礼式後に頂いた花束と本(Photo by Son)

 

杯を持ってくださったM姉妹からユリの花束を、Y牧師とその奥さまから美術書と絵本を頂きました。すてきな贈り物に胸がいっぱいです(〃▽〃)

 

 


▲「いいね♪」と思ったら、クリックで応援をお願いします!

 

引用の出典

  • 『聖書 新改訳2017』(新日本聖書刊行会)

画像の出典(Pixabayより)

関連記事