遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

キリスト教用語集

このページでは、聖書中の聞き慣れない語句や、キリスト教会で用いられる専門用語について、ごく簡単に説明しています。

 

 

アーメン

ヘブライ語で「確かに」の意。祈りが真実であることを表すために祈祷の最後に唱えたり、ある聖句や他人の意見に同意するときなどに用いたりする。
イエスは特に重要な事柄を語るとき、注意喚起としてしばしばこの言葉を用いられた。その箇所を、新共同訳は「はっきり言っておく」、新改訳は「まことに、あなたがたに言います」などと訳している。

 

証し

(あかし)

クリスチャンによる証言。イエス・キリストを信じるようになった経緯や理由、また、信仰生活を送る中での神の恵みや計らいなどについて、実体験をもとに語ったもの。テスティモニーともいう。

 

悪魔

(あくま)

神と人間の仲を引き裂く霊的存在。ヘブライ語で「敵対する者」「訴える者」を意味する、サタンの名前で呼ばれることもあり、人間をだましたり誘惑したりして神に反逆させる。
元は天使であったが、自ら神の位につこうと反乱を起こし、地上に投げ落とされた。ベリアルベルゼブルなどのほか、地上の支配者という意味で「この世の神」という別名もある。

 

悪霊

(あくれい)

悪魔の手下として暗躍する霊的存在の総称。実数は不明ながら大勢いるとされ、おもに罪に誘惑するなどして、人間を神から遠ざけようとする。
悪魔が神に反乱を起こしたとき、天使の3分の1がそれに加わり、彼らが堕天して悪霊となった。新約聖書では「けがれた霊」とも呼ばれ、多くの人々を苦しめている。

悪魔

 

安息日

(あんそくび/あんそくにち)

週の7日目のこと。金曜日の日没から土曜日の日没がそれにあたり、神に心を向けるための休日として定められた。〈天地創造〉で神が7日目に休息されたことに由来する。
この日の労働は厳しく禁じられ、特に新約時代には、麦の穂を摘む、かまどの火を起こす、一定以上の距離を歩く、といった行為さえも労働とする例があった。

 

イエス

ヘブライ語「ヨシュア」のギリシャ語訳で、「神は救い」の意。新約時代にはありふれた名前で、キリストは出身地を冠して「ナザレのイエス」と呼ばれた。
ラテン語で Jesus(イエズス)と訳され、「ジーザス」はその英語読みである。また、かつての日本では、中国語訳を借りた「」という呼称が用いられた。

 

異言

(いげん)

話者本人の知らない言語で語られる、祈りや信仰告白の言葉。話者は自分がなにを言っているかわからないが、実在の言語で話すため、その言語の通じる聴者には理解できる。
キリストの弟子たちは初めて聖霊を授かったとき、さまざまな言語で福音を語り、多くの人々を信仰に導いた。異言を語る人々は現在もおり、その能力は賜物として与えられる。

聖霊福音賜物

 

割礼

(かつれい)

男性器の包皮を切り取ること。神に選ばれたイスラエル民族の印として、生後8日目の男児に施すことが定められていた。現在もユダヤ教では、改宗者を含めて、これを受けることが原則とされている。

 

仮庵祭

(かりいおさい)

ユダヤ教三大祭日のひとつ。イスラエル民族がエジプトからカナン(パレスチナ地方)までの道のりを、天幕で暮らしながら旅したことを記念する。第7の月の15日から7日間催される。
期間中は、木の枝や葉でつくった仮庵(仮設住居)で過ごした。現在も9月下旬~10月中旬ごろに祝われ、軒先に簡易の小屋が建てられたり、ベランダにテントが張られたりする。

 

教会学校

(きょうかいがっこう)

毎週日曜日に行われる子ども向けの教育活動。日曜学校またはCS(Church School の略)ともいい、年齢別・学年別に分級されることが多い。
子どもたちへの聖書教育と次世代への信仰の継承を目的として、絵本などを読み聞かせたり、讃美歌を歌ったりする。ほかにもスポーツ・料理・工作など、教会によって多種多様な取組みがなされている。

 

兄弟姉妹

(きょうだいしまい)

クリスチャンが同じ信仰を持つ人のことを言う語。互いにこう呼び合うことで、同じ神を父とする、信仰上の家族としての敬意や親しみを表現する。
教会の発行する書面では、信徒名を年齢にかかわらず「○○けい」「○○」と表記するのが通例。ただし、兄弟姉妹と呼んだり呼ばれたりすることを好まないクリスチャンもいる。

 

五旬祭

(ごじゅんさい)

ユダヤ教三大祭日のひとつ。小麦の収穫を祝うものだが、のちにシナイ山におけるモーセへの律法授与を記念するようにもなった。七週祭または刈入れの祭りともいい、初穂の祭りから50日目に催される。
キリストの弟子たちは、キリスト昇天直後のこの日、初めて聖霊を授かった。現在も5月下旬~6月上旬ごろに祝われ、律法の朗読・学習などが行われる。

初穂の祭り聖霊ペンテコステ

 

再臨

(さいりん)

キリストがふたたび天から降って来られること。世の終わりの日、キリストは神に背いた人々を裁くため、また全世界に神の支配を確立するため、天の軍勢を率いて来降される。
キリストが再臨されると、地上にキリストを君主とする王国が築かれる。それを〈千年王国〉といい、労苦や戦争のない平和が地上全体に及び、すべての被造物がその恩恵にあずかる。

 

サドカイ派

(サドカイは)

ユダヤ教二大派閥のひとつ。祭司・貴族など、上流階級の人々によって構成された。〈モーセ五書〉のみを聖典として認め、霊・天使・復活の存在を否定した。
名称は、古代の大祭司・ツァドクの子孫を意味するという説と、ヘブライ語「ツァディーク(正しい)」に由来するという説がある。新改訳は、この派閥に属する人々を「サドカイびと」と呼んでいる。

ファリサイ派

 

使徒

(しと)

キリストに選ばれた12人の弟子たちのこと。十二使徒または十二弟子ともいい、キリスト教会の創始者となった。下記がそのメンバーである。

  1. ペトロペテロ)/シモン
  2. アンデレ
  3. ヤコブ
  4. ヨハネ
  5. フィリポピリポ
  6. バルトロマイナタナエル
  7. トマス
  8. マタイレビ
  9. アルファイの子・ヤコブアルパヨの子・ヤコブ
  10. ヤコブの子・ユダタダイ
  11. 熱心党のシモン
  12. イスカリオテのユダ

「/」以下は別名、または同一視される人物の名前。

イスカリオテのユダの死後、新たにマティアマッティア)が加わった。また、12人には含まれていないが、パウロも使徒のひとりとして認められている。

 

十二部族

(じゅうにぶぞく)

イスラエル民族を構成する12の氏族のこと。ユダヤ人はみな、アブラハムの孫でイサクの子であるヤコブの、12人の子を直接の先祖としている。下記がその氏族である。

  1. ルベン族
  2. シメオン族
  3. ユダ族
  4. ゼブルン族
  5. イサカル族イッサカル族
  6. ダン族
  7. ガド族
  8. アシェル族
  9. ナフタリ族
  10. エフライム族
  11. マナセ族
  12. ベニヤミン族

ヤコブの子のうち、祭司職を担ったレビ族(レビびと)は相続地を持たないため、十二部族には含まれない。またヨセフ族は、エフライムとマナセの半部族に分割された。

 

除酵祭

(じょこうさい)

ユダヤ教の祭日のひとつ。イスラエル民族がエジプトを脱出したとき、パン生地を発酵させる時間もないほど急いでいたことを記念する。種なしパンの祭りともいい、すぎこしさいの翌日から7日間催される。
期間中は、パン種(発酵済みの生地)を入れずに焼いたパンを食べた。現在は過越祭として統合され、イースト菌を混ぜないクラッカー状のパンが焼かれるほか、すべての発酵食品が食されなくなる。

過越祭

 

過越祭

(すぎこしさい)

ユダヤ教三大祭日のひとつ。イスラエル民族がエジプト人による迫害を逃れ、神によってエジプトの地から救い出されたことを記念する。第1の月の14日の夕方に催される。
名称は、エジプト全土の初子を絶命させた災いが、イスラエル人を過ぎ越したことに由来する。現在も3月末~4月中旬ごろに祝われ、特別な晩さんが食される。じょこうさいを含めた8日間を過越祭と呼ぶことが多い。

除酵祭

 

聖餐式

(せいさんしき)

プロテスタント教会の2つの聖礼典のひとつ。キリストの十字架上の死を記念・感謝するためのもので、キリストの体をパンに、血をワイン(ブドウジュースを代用する教会が多い)になぞらえて頂く。
〈最後の晩さん〉でキリストが弟子たちにお命じになった重要な儀式であり、カトリック教会のミサに相当する。たんに聖餐ともいい、主の晩餐と称されることもある。

 

聖霊

(せいれい)

三位一体の神の第3位格で、神の霊のこと。イエス・キリストを信じるすべての人に宿り、聖書の言葉を理解できるように助けたり、感謝やざんげの祈りを促したりして、正しい信仰に導いてくださる。
イエスの洗礼時に降って来られた様子から、ハトの姿で描かれることが多い。しかし、聖霊はそのような概念的・象徴的な存在ではなく、人格を持った実在の神である。たまともいう。

 

賜物

(たまもの)

「神の恵み」を意味する、ギリシャ語「カリスマ」の訳。神から授かった物事の総称だが、特に個人の能力や才能を指すことが多い。

 

初穂の祭り

(はつほのまつり)

ユダヤ教の祭日のひとつ。大麦の収穫を祝うもので、のちにこの日から50日間、1オメル(約2.3の大麦を神殿に捧げる風習ができた。すぎこしさい直後の安息日の翌日に催された。
現在は過越祭期間中の安息日、または過越祭の2日目に「オメルを数えはじめる日」として記念され、じゅんさいへのカウントダウンが始められる。

過越祭安息日五旬祭

 

ファリサイ派

(ファリサイは)

ユダヤ教二大派閥のひとつ。律法学者を多数擁した。行いによって宗教的清潔を保つことを強調し、「でん律法」という独自の細則によって、律法の遵守に努めた。
律法を守らない人々との接触を忌避したことから、名称はヘブライ語「ペルシーム(分離する者)」に由来するという説がある。新改訳は、この派閥に属する人々を「パリサイびと」と呼んでいる。

サドカイ派

 

福音

(ふくいん)

「よい知らせ」を意味する、ギリシャ語「エウアンゲリオン」の訳。イエス・キリストを信じる者が罪から救われ、永遠の命にあずかることを指す。下記は、救いのために信じるべき3つの要素である。

イエス・キリストが、
  1. わたしたちの罪のために十字架につけられたこと
  2. 死んで墓に葬られたこと
  3. 3日目に復活なさったこと

 

ペンテコステ

キリスト教三大祭日のひとつ。キリストの弟子たちが初めて聖霊を授かったことを記念する。聖霊降臨日ともいい、イースターから50日目に催される。
名称は「じゅんさい」のギリシャ語訳で、「50」の意。キリスト昇天直後の五旬祭当日、約120人の弟子たちに聖霊が降り、教会が形づくられていったことから、キリスト教会の誕生日とも言われている。

聖霊五旬祭

 

マナ

神が荒野を放浪するイスラエル人にお与えになった食べ物。コリアンダーの種に似て白く、蜜の入ったウエハースのような味がしたという。
名称は、これを見た人々が「マーン・フー(これはなんだろう)」と言い合ったことに由来する。新共同訳の新約聖書では、ギリシャ語訳に準じて「マンナ」と表記されている。