遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

【礼拝】信仰とは、理解できないことを信じることだ!?

2020年6月7日の礼拝説教の内容です。フィリポがイエスに「神を示してください」と願う場面(ヨハネ14:8-17)から、聖書の御言葉を学びました。

寝ぼけた頭に突如浮かんだあるワードに意味を見出そうとする試み

ハレルヤ~! 安田遜です。 ぼくにはいま、頭に引っかかっていることがある。今朝、そのことがどこからともなく湧いてきて、いまもぼくの頭の中でウズウズしている。 それはほんとうになんの手がかりもなく、突然湧いてきたからにはなにか意味のあることなの…

“いい子ちゃん”の仮面をブチ捨てて、でっかい懐に飛び込め!

ハレルヤ~! 安田遜です。 ぼくはもう、“いい子ちゃん”をやめる。突然なにを、と思われただろう。いやぁ昨日の夜、なかなか眠れなくて、「いい子ちゃんやめてやる!」と叫んだのだ。 叫んだと言っても、実際に叫んだわけではなく、心の中で神さまに叫んだの…

神とともに歩む人~ある先輩クリスチャンのお話

2020-07-09 ハレルヤ~! 安田遜です。 ぼくが洗礼を受けてから、もうすぐ1か月。なんだか年々、時の経つのが早くなってくる。まだ若いと言われる年代なのだが^^; ただ、生まれてからいままで過ごしてきた時間を、もう一度繰り返したら還暦、という事実を冷…

【礼拝】どんなに小さく儚い愛でも、キリストは喜んでくれる

2020年5月3日の礼拝説教の内容です。イエスがペトロに「愛しているか?」と3度お尋ねになる場面(ヨハネ21:15-19)から、聖書の御言葉を学びました。

【礼拝】すべての人の救いのために励まされる人々

2020年4月26日の礼拝説教の内容です。復活のイエスがガリラヤ湖で弟子たちに現れる場面(ヨハネ21:1-14)から、聖書の御言葉を学びました。

自分を愛するとは、自分が愛されていると知ることだ

歪んだ自己愛によって人を傷つけ、自分自身を苦しめていた過去。クリスチャンとして自分を愛するとはどんなことなのか、ある日の夢で教えられました。

イースター礼拝で洗礼を受けました!

ハレルヤ~! 安田遜です。 昨日2020年4月12日のイースター礼拝で、ぼくはプロテスタントの洗礼を受けた。牧師先生を含め、8名が集う洗礼式となった! 世の中はいましもコロナ禍のまっただ中。感染拡大阻止のため、政府は緊急事態宣言を発し、国じゅうが外出…

イースターってどんな祭り?

キリスト教三大祭日の一つ、復活祭・イースター。カラフルな卵やウサギの飾りが楽しいこの祝日には、いったいどんな意味があるのか綴ります。

【礼拝】どんな闇を抱えていても、キリストが愛してくれる

2020年3月15日の礼拝説教の内容です。弟子たちがイエスのもとを離れ去っていく場面(ヨハネ6:60-71)から、聖書の御言葉を学びました。

クリスチャン2年生になりました!

ハレルヤ~! 安田遜です。 4月になって、新しい年度が始まった。喜ばしいことだが、いまの状況だと素直にお祝いしていいのか戸惑う・・・。 予定どおり学校を再開できるのか、政府ではいろいろと話し合われているようだ。東京都では、公立高校をなんとGW明け…

コロナに奪われていく日常と、決して奪われない希望

どうも、安田遜です。 先日の訃報を聞いて、あなたも相当なショックを受けておられるだろうと思う。ほんとうに信じられない・・・。 国民的コメディアン・志村けんさんが亡くなった。享年70、新型コロナウイルスによる肺炎が原因だった。 初めて感染の報道を聞…

【礼拝】神と隣人に仕えるのに、常識なんて必要ない

2020年3月22日の礼拝説教の内容です。イエスがラザロの姉妹・マリアに香油を注がれる場面(ヨハネ12:1-8)から、聖書の御言葉を学びました。

キリスト教でいう〈罪〉ってどんなこと?

救われたいなら、まず〈罪〉を認めること。「人間はみな罪人である」という性悪説に基づいた聖書には、〈罪〉の本質とその代償、どうすれば赦されるかが書かれています。

初めて祖父母に福音を伝えた日、使命の重さにため息が出た

クリスチャンが熱心に宣教するのはどうして? それはあなたが天国に導かれるのを望んでいるから。高齢の祖父母への伝道を通して、改めて自分に課せられた使命の重さを実感しました。

100%の信仰心がなくても、神は祈りを聞いていてくれる

祈りって、ちゃんと聞かれてるんだ! 祈りの効果を疑っていたぼくに、神さまは諭すように働きかけ、正しい祈りの言葉をも教えてくださいました。

失って初めてわかった、ペットという存在の愛おしさ

どうも、安田遜です。 先日、わが家の愛犬が死んだ。10歳のチワワで、死因は転移性の肺ガン。「幸せだったのかな?」ということを、どうしても考えてしまう。 正直ぼくは、彼をあまりかわいがってはいなかった。なでられるのが嫌い、めちゃくちゃ臆病、やた…

「いるかどうかもわからない神を信じてる」という信仰の真実味

「神はいるかどうかわからない」「信仰とは賭けだ」キリスト教会の長老たちが放った衝撃的な言葉。でもその言葉は、強い信仰心に裏打ちされた、神さまへの信頼の証だったのです。

絶望の闇しか見えなくても、光はある日突然差し込んでくる

「死にたい」という気持ちで覆われていた「助けて」の言葉。キリストはそれを聞き逃さず、どん底にまで降りて来て、ぼくを自殺未遂から救ってくれました。

クリスマスのほんとうの意味と、一番うれしいプレゼント

メリークリスマス! 世界一有名な祝日は、キリスト教三大祭日の一つです。この聖夜、あなたはなにをお祝いしますか? クリスマスの本来の意味について綴ります。

【テスティモニー】ぼくはなぜクリスチャンになったのか?

「信仰」に意味なんてあるの? 危険じゃないの? 宗教になんとなく胡散臭さを感じていたぼくが、どうしてキリスト教を信じたのか、その理由とプロセスを綴ります。