遜の箱舟

キリストのもとに憩い、生きづらさから避難しよう!

証し

キリストは偏在の神。神の臨在を感じた出来事を証しします。

100%の信仰心がなくても、神は祈りを聞いていてくれる

祈りって、ちゃんと聞かれてるんだ! 祈りの効果を疑っていたぼくに、神さまは諭すように働きかけ、正しい祈りの言葉をも教えてくださいました。

絶望の闇しか見えなくても、光はある日突然差し込んでくる

「死にたい」という気持ちで覆われていた「助けて」の言葉。キリストはそれを聞き逃さず、どん底にまで降りて来て、ぼくを自殺未遂から救ってくれました。

【テスティモニー】ぼくはなぜクリスチャンになったのか?

「信仰」に意味なんてあるの? 危険じゃないの? 宗教になんとなく胡散臭さを感じていたぼくが、どうしてキリスト教を信じたのか、その理由とプロセスを綴ります。